fx-chart-analysis-20200331usdcad-2h

2020.03.31【USDCAD】FXチャート分析。上昇トレンドの中で再上昇を狙うロング&調整下落を狙う短期ショート戦略。

profile
おはようございます。五十嵐です。

さて、今日は、USDCAD(米ドル/カナダドル)です。

USDCADは、新型コロナウイルスの景気後退懸念によるドル需要と原油安の影響から、ドル買いカナダドル売りが進み、先々週の19日に1.47付近まで上昇。

その後下落し、先週の27日には1.4を割ってきました。そして、今週は1.4から反発上昇しています。

そんなUSDCADの今日のトレード戦略です。

USDCAD(米ドル/カナダドル)

本日のチャート分析の流れ

■ 2020.03.31【USDCAD】のFXチャート分析
・月足→週足→日足

■ エントリー&エグジット
・ロング
・ショート


■ 今後の見通し

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

【注意事項とよくある質問まとめ】

では、早速チャートを見ていきましょう。

2020.03.31【USDCAD】FXチャート分析

月足

まずは月足から見ていきましょう。

fx-chart-analysis-20200331usdcad-month
USDCAD 月足

月足で意識されている価格に現在値に近いところで、

  • 1.47
  • 1.4
  • 1.38

があります。

トレンドは上昇トレンド。直近のローソク足を見ると、長い上ヒゲの長大陽線となっています。

1.47はかなり強いレジスタンスラインとなっているようです。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は上向きで、バンドは上下に広がっています。

+3σを突っ切って上昇していましたが、現在は少し戻して+3付近にあります。

  • トレンドは上昇トレンド
  • 直近の足は長い上ヒゲを付けた長大陽線

週足

次は週足です。

fx-chart-analysis-20200331usdcad-week
USDCAD 週足

週足のトレンドは上昇トレンド。

1.47付近まで大きく上昇し、調整。1.4付近から再度上昇しています。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は角度のある上向き。バンドは上下に急激に広がりを見せていて、ボラティリティが高まっている様子が示されています。

+3σを突っ切って上昇した後、下落。現在値は、+2σと+3σの間にあります。

  • トレンドは上昇トレンド
  • 1.4付近から反発上昇を見せている

日足

次に日足です。

fx-chart-analysis-20200331usdcad-day
USDCAD 日足

日足でも上昇トレンド。1.38がこの上昇トレンドの基準安値になります。

1.47付近まで上昇後、調整し、1.4&日足20MAで反発している様子がわかります。直近の流れとしては上方向ですね。

ボリンジャーバンドのミドルバンドは上向き。調整したことで、バンドの先端は内向きとなっていますね。

現在値は、ミドルバンドと+1σの間にあります。

  • 日足は上昇トレンド
  • 1.4&日足20MAで反発上昇

エントリー&エグジット

さて、ここまで月足~日足で全体的な相場環境を把握してきました。

大きな流れとしては、1.47付近まで急上昇したが、その後、調整下落。1.4&日足20MAで反発上昇かという状況です。

これを踏まえて、2時間足で具体的なエントリー&エグジットを考えていきましょう。

fx-chart-analysis-20200331usdcad-2h
USDCAD 2時間足

ロング

【戦略】:中長期足の上昇トレンドに乗るトレンドフォロー

【戦略の優位性】:
・月足~日足で上昇トレンド
・1.4&日足20MA反発

・2時間足下降トレンド否定

【エントリー】:1.415上抜け後押し目買い

【損切り】:1.4の少し下

【ターゲット】:1.45

まず、ロング戦略です。

中長期足が上昇トレンドの中、トレンドフォローを狙っていきます。

エントリータイミングとしては、2時間足の下降トレンドを否定する1.415の上抜けをきっかけとします。(現在ロングポジション保有中)

ストップは、1.4の少し下。ターゲットは、1.45まで狙います。

ショート

【戦略】: 中長期足の上昇トレンドの一時的な調整を狙うショート

【戦略の優位性】:
・1.4&日足20MA下抜け

【エントリー】:1.395下抜けてから戻り売り

【損切り】:1.4の少し上

【ターゲット】:1.38

それでは、次にショート戦略です。

中長期足が上昇トレンドの中、売りを狙うとすればどこか?

やはり、1.4&日足20MA下抜け後でしょうね。そこで、1.395下抜けをきっかけとします。

ここを下に切ることで、日足20MAの下に潜ることになりますし、日足20MAがレジスタンスとして機能してくれそうです。

ストップは、1.4の少し上。ターゲットは、1.38まで狙います。このショートは、あくまでも一時的な調整を狙う短期トレードという位置づけです。

今後の見通し

さて、ここまでUSDCADのチャート分析をしてきました。

現在、ロングしているところですが、1.4~1.415の間で揉み合う可能性もあります。逆行して下に行くようなら、損切り後、ドテンを狙っていきます。

  • 1.415を上抜けた後押し目買い。1.395下抜けたら、戻り売りを狙っていく。

以上、今日のチャート分析&今後の見通しでした。今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

さて、今日で令和元年度も最後。今年度最後がんばっていきましょう!

それでは、また明日。

fx-chart-analysis-20200331usdcad-2h
最新情報をチェックしよう!