fx-chart-analysis-20200329gbpusd-2h

2020.03.29【GBPUSD】FXチャート分析。上昇継続なるか!?今週のトレード戦略と今後の見通し

profile
おはようございます。五十嵐です。

さて、今日は、GBPUSD(ポンドドル)です。

先週のGBPUSD(ポンドドル)は、大きく上昇。ドル需要が緩み、ドル売りポンド買いとなりました。

今週は、この上昇が継続するか注目です。

それでは、今日はGBPUSDの今週のトレード戦略&今後の見通しについて解説していきます。

GBPUSD(ポンドドル)

本日のチャート分析の流れ

■ 2020.03.29【GBPUSD】のFXチャート分析
・月足→週足→日足

トレードシナリオ

■ エントリー&エグジット
・ロング


■ 今後の見通し

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

【注意事項とよくある質問まとめ】

では、早速チャートを見ていきましょう。

2020.03.29【GBPUSD】FXチャート分析

月足

まずは月足から見ていきましょう。

fx-chart-analysis-20200329gbpusd-month
GBPUSD 月足

月足で意識されている価格として、

  • 1.43
  • 1.35
  • 1.2
  • 1.165

があります。

トレンドは下降トレンドとなっています。直近陰線が続いていますが、今月のローソク足を見ると下ヒゲの長い陰線となっていて、反発している様子が見て取れます。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は、やや下向きでバンドも緩やかながら下向きとなっています。

現在値は、-1σと-2σの間にあります。

  • トレンドは下降トレンド
  • 直近で陰線が続いている
  • 今月のローソク足で長い下ヒゲ示現

週足

次は週足です。

fx-chart-analysis-20200329gbpusd-week
GBPUSD 週足

週足で意識されている価格として、現在値に近いところで

  • 1.278
  • 1.25
  • 1.22

があります。

トレンドは一応下降トレンド。ただ、直近のローソク足で長大陽線となっています。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は、下向き。バンドは、上下に大きく広がっていて、ボラティリティが急激に高まった様子がわかります。

ボリンジャーバンドの-3σを突っ切って下落しましたが、現在は戻して-3σとー2σの間にあります。

  • トレンドは下降トレンド
  • 直近で長大陽線示現

日足

次に日足です。

fx-chart-analysis-20200329gbpusd-day
GBPUSD 日足

日足チャートで意識されている価格として、現在値に近いところで、

  • 1.275
  • 1.258
  • 1.24

があります。

日足では、定義上は下降トレンドであるものの、長大陽線が続き、強い上昇となっています。

ちょっとわかりづらいですが、日足のミドルバンドを上抜けていて、週足で引いた水平線1.25に向かって上昇しています。

ボリンジャーバンドのミドルバンドは、下向き。バンドの先端も下向きとなっています。

現在、ミドルバンドを上抜け、ミドルバンドと+1σの間にあります。

  • 日足では一応下降トレンド
  • 直近で長大陽線が連続示現
  • 日足ミドルバンド上抜け
  • 1.25に接近中

トレードシナリオ

さて、ここまで月足~日足で全体的な相場環境を把握してきました。

20日に歴史的な安値(1.15割れ)を付けた後、急反発。流れとしては完全に「上」ですから、ロングを狙いたいところです。

では、買い場はどこか?ということですが、直上にある1.25上抜けをきっかけとして、ロングを狙っていきたいと思います。

それでは、次に具体的なエントリー&エグジットを考えていきましょう。

エントリー&エグジット

fx-chart-analysis-20200329gbpusd-2h
GBPUSD 2時間足

ロング

【戦略】:直近の流れに乗っていくトレンドフォロー

【戦略の優位性】:
・直近の急上昇の流れ
・1.25ブレイクアウト


【エントリー】:1.25をブレイクアウト後、押しを待ってからロング

【ストップ】:1.25の少し下

【ターゲット】:1.275

直近の流れに乗っていくトレンドフォロー戦略です。

1.25をブレイクアウトした後、押しを待ってからロングしていきます。ストップは、1.25の少し下。

ターゲットは、1.275まで狙います。短期トレードなら、日足の1.258を目指すのもアリだと思いますけどね。

1.275付近では、ちょうど日足200EMAも降りてきていますから、この辺で利食いを入れたいと思います。

今後の見通し

さて、ここまでGBPUSDのチャート分析をしてきました。

先週は、陽線が続き、大きく上昇したGBPUSD。来週もこの上昇が継続となるのか注目です。

このまま上に行くようなら今回ご紹介したロング戦略を実行。では、売りを狙うとすればどこか?

現在のチャートから、売り場を探すのは正直難しいですね。

1.22を下に抜けてきてからでしょうか?まだよくわからないので、反転の様子を見てから考えたいと思います。

とりあえず、現段階では上目線です。

  • 1.25を上抜けたら押し目買いを狙っていく。

以上、今日のチャート分析&今後の見通しでした。今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

さて、今日は日曜日。良い休日をお過ごしください。

それでは、また明日。

fx-chart-analysis-20200329gbpusd-2h
最新情報をチェックしよう!