fx-chart-analysis-20200311audusd-2h2

2020.03.11【AUDUSD】FXチャート分析。「0.65」サポレジ転換を狙うショート戦略。

profile
おはようございます。五十嵐です。

さて、今日は、AUDUSD(豪ドル/米ドル)です。

昨日、欧州株が軟調となったことこから、リスクに敏感な豪ドルが売られる展開となりました。

AUDUSDは、2月下旬に付けた0.646付近まで下落。そんな中でのAUDUSDの今日のトレード戦略と今後の見通しです。

AUDUSD(豪ドル/米ドル)

本日のチャート分析の流れ

■ 2020.03.11【AUDUSD】のFXチャート分析
・月足→週足→日足→2時間足

■ トレード戦略
・ショート戦略


■ 今後の見通し

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

【注意事項とよくある質問まとめ】

では、早速チャートを見ていきましょう。

2020.03.11【AUDUSD】FXチャート分析

月足

まずは月足から見ていきましょう。

fx-chart-analysis-20200311audusd-month
AUDUSD 月足

月足で意識されている価格として、

  • 0.805
  • 0.768
  • 0.734
  • 0.704
  • 0.667
  • 0.635

があります。まずはここに水平線を引きましょう。

トレンドは下降トレンドとなっています。直近の流れとしても下ですね。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は下向き。バンドも下向きとなっていて、下降トレンドが巡航している様子がわかります。

現在値は、ちょうど-2σ付近にあります。

  • トレンドは下降トレンド
  • 直近の流れも下方向

週足

次は週足です。

fx-chart-analysis-20200311audusd-week
AUDUSD 週足

トレンドは下降トレンドです。

直近の足を見ると、0.635の安値を付けた後、反発。長い下ヒゲを付けています。ただ、ローソク足としては陰線となっていますね。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は下向き。バンドは上下に広がっていてボラティリティが高まっているのがわかります。

現在値は、-2σを突っ切り、-2σと-3σの間にあります。

  • トレンドは下降トレンド
  • 直近のローソク足も陰線
  • 0.635に到達後、長い下ヒゲを付けて戻した

日足

次に日足です。

fx-chart-analysis-20200311audusd-day
AUDUSD 日足

日足チャートで現在値付近で意識されている価格として、

  • 0.65

があります。この価格にも水平線を引いてみましょう。

日足でも下降トレンドですね。直近も陰線が並んでいます。昨日の足を見ると、長い陰線を付けて0.65を下に抜けてきました。

ボリンジャーバンドのミドルバンドは、下向き。バンドの先端も下向きの寸胴型となっています。下降トレンドが巡航している様子がバンドに表れています。

ボリンジャーバンドの-2σにタッチし、若干の下ヒゲを付けていますね。現在値は、-2σ付近にあります。

  • 日足では強い下降トレンド
  • 直近の流れも下方向
  • 昨日の陰線で0.65を下抜けた

以上、週足、日足から全体的な相場環境を把握してきました。2時間足で具体的なトレードシナリオを検討していきましょう。

2時間足

こちらが2時間足です。

fx-chart-analysis-20200311audusd-2h
AUDUSD 2時間足

上位足のトレンド、直近の流れからはぜひ下方向を狙っていきたいところです。ポイントとしては、0.65の水平線ですね。

今考えられるシナリオとしては、0.65をレジスタンスラインとして戻り売りですね。このシナリオから次に具体的なトレード戦略を考えていきます。

トレード戦略

fx-chart-analysis-20200311audusd-2h2
AUDUSD 2時間足

ショート戦略

【戦略】:0.65を背に戻り売りを狙う

【戦略の優位性】:
・月足~日足下降トレンド
・0.65ブレイクアウト

【エントリー】:0.65で反落するタイミングでショート

【ストップ】:0.65の少し上

【ターゲット】:0.635手前

0.65のサポレジ転換を狙って、0.65で反落するのを確認後ショートを打っていきます。

ストップは、0.65の少し上。ターゲットは、月足で引いた0.635手前まで狙います。

今後の見通し

さて、ここまでAUDUSDのチャート分析をしてきました。

中長期足の全体的な流れとしては、下方向ですので、この流れに沿うように攻めていきたいところです。

リスクオフのムードが続く中、今後トランプ政権が減税など景気刺激策を打ってきた場合、ドル関連通貨が大きく動く可能性があります。

そうなると、ここまで下げてきたAUDUSDも一気に戻す可能性は否定はできないところです。

現時点でのチャートでは完全に下目線ですが、今後のニュースの出方次第では上を目指す展開となるかもしれません。0.667を超えてきた場合、上目線となります。

  • 0.65をブレイクアウトしてきたので、このラインを背に戻り売りを狙う。

以上、今日のチャート分析&今後の見通しでした。今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

さて、今日は水曜日。週の真ん中、踏ん張りどころです。今日もがんばっていきましょう。

それでは、また明日。

fx-chart-analysis-20200311audusd-2h2
最新情報をチェックしよう!