fx-chart-analysis-20200309nzdusd-2h2

2020.03.09【NZDUSD】FXチャート分析。売り場を探るレジスタンスラインを使った基本のトレンドフォロー戦略。

profile
おはようございます。五十嵐です。

さて、今日はNZDUSD(NZドル/米ドル)です。

先週のNZDUSDは、0.62の安値を付けた後、反発上昇し、陽線が続いていました。この辺で反転し、長期足の流れに沿った動きをするのでは?と注目しています。

そんな、今日のNZDUSDのトレード戦略です。

NZDUSD(NZドル/米ドル)

本日のチャート分析の流れ

■ 2020.03.09【NZDUSD】のFXチャート分析
・月足→週足→日足→2時間足

■ トレード戦略
・ショート戦略①
・ショート戦略


■ 今後の見通し

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

【注意事項とよくある質問まとめ】

では、早速チャートを見ていきましょう。

2020.03.09【NZDUSD】FXチャート分析

月足

まずは月足から見ていきましょう。

fx-chart-analysis-20200309nzdusd-month
NZDUSD 月足

月足で意識されている価格として、

  • 0.75
  • 0.677
  • 0.62
  • 0.60

があります。まずはここに水平線を引きましょう。

トレンドは下降トレンドとですね。ただ、直近のローソク足は陽線となっています。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は、下向きでバンドも下向き。下降トレンドが巡航しているバンドの形状ですね。

現在値は、-2σに達した後、陽線を付けて若干戻しているところです。

  • トレンドは下降トレンド
  • 直近の足は陽線

週足

次は週足です。

fx-chart-analysis-20200309nzdusd-week
NZDUSD 週足

週足で意識されている価格としては、上から

  • 0.69
  • 0.67
  • 0.65
  • 0.643

があります。まずはここに水平線を引きましょう。

トレンドは定義上、下降トレンドです。0.677を上抜けるまで週足では下降トレンドになります。

直近の足を見ると、0.62の安値を付けた後反発。下ヒゲを伴った陽線となっています。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は、ほぼ横向き。バンドも横向きで、レンジを示すバンドの形状となっています。

現在値は、-2σで反発。-1σ付近にあります。

  • トレンドは下降トレンド
  • 直近のローソク足は0.62で下ヒゲを伴った陽線

日足

次に日足です。

fx-chart-analysis-20200309nzdusd-day
NZDUSD 日足

日足チャートで意識されている価格は、上から、

  • 0.638
  • 0.633
  • 0.628

となっています。これらの価格にも水平線を引いてみましょう。

日足では完全な下降トレンド。ただ、直近の流れは上方向ですね。急激に戻してきています。

ボリンジャーバンドのミドルバンドは、下向き。バンドをよく見ると、横を向き始めてきました。

現在値は、ミドルバンド付近まで戻してきていて、ミドルバンドと+1σの間にあります。

  • 日足では強い下降トレンド
  • 直近で大きく戻している

以上、週足、日足から全体的な相場環境を把握してきました。2時間足で具体的なトレードシナリオを検討していきましょう。

2時間足

こちらが2時間足です。

fx-chart-analysis-20200309nzdusd-2h
NZDUSD 2時間足

上位足を分析してきて、やはり戻り売りを狙っていきたいところ。つまり、売り場を探っていきたいですね。

この目線で考えると、次のポイントが考えられます。

  1. 0.638まで戻してきてから売り
  2. 0.633を下抜けた後戻り売り

では、この2つのシナリオから詳しいトレード戦略を考えていきます。

トレード戦略

fx-chart-analysis-20200309nzdusd-2h2
NZDUSD 2時間足

ショート戦略①

【戦略】:0.638まで戻してから売り

【戦略の優位性】:
・月足~日足下降トレンド
・0.638レジスタンスライン


【エントリー】:0.638で反発を確認後ショート

【ストップ】:0.638の少し上
【ターゲット】:0.62手前

まず、一つ目のショート戦略です。

0.638まで戻るのを待って、0.638がレジスタンスラインとして機能するかを確認した上でショートを打っていきます。

ストップは、0.638の少し上。ターゲットは、先週付けた安値の0.62まで狙います。

ショート戦略②

【戦略】:0.633を下に抜けた後戻り売り

【戦略の優位性】:
・月足~日足下降トレンド
・0.633下抜け

【エントリー】:0.633を下抜けてから戻ったところをショート

【ストップ】:0.633の少し上

【ターゲット】:0.62手前

それでは、もう一つのショート戦略です。

0.633を下にブレイクアウトした後、戻りを待ってからショートしていきます。ストップは、0.633の少し上。ターゲットは、同じく0.62手前まで狙います。

今後の見通し

さて、ここまでNZDUSDのチャート分析をしてきました。

今週のNZDUSDの動きは、週明けの新型コロナウイルス次第でしょうね。

新型コロナウイルスの影響によりNZ経済に不安が見られ、政策金利の引き下げ観測となるなら、NZドルは売られるでしょうし、世界的な感染拡大の動きとなっても、リスク回避でNZドルは売られることになります。

ニュース次第ではありますが、チャートを見ますと、まだまだ売り目線です。今回立てたトレード戦略のように、注目する水平線付近での売り買いの攻防を注目し、想定の動きとなったらポジションを取っていきます。

もちろん、レジスタンスラインとして機能すると考えられる0.638を上に抜けていくことも十分考えられます。

その際の次のレジスタンスライン候補は0.643となります。次はここを基準としたショート戦略を立てていくことになります。

  • 0.638に到達後、上抜けできないと判断したらショート。仮に0.633を下抜けするようなら、戻り売りを狙っていく。

以上、今日のチャート分析&今後の見通しでした。今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

さて、今日は月曜。今週も気合入れて頑張っていきましょう!

それでは、また明日。

fx-chart-analysis-20200309nzdusd-2h2
最新情報をチェックしよう!