fx-chart-analysis-20200307usdjpy-2h2

2020.03.07【USDJPY】FXチャート分析。105円到達。下落継続か?それとも反発か?ドル円の今後の見通しと来週のトレード戦略。

profile
おはようございます。五十嵐です。

さて、今日はUSDJPY(ドル円)です。

昨日のドル円は、105円まで下落。週で見ると、週初めの108円から昨日の105円まで約3円を下げる展開となっています。

今週の大きな下落の背景には、

  • 新型コロナウイルスの感染拡大懸念
  • NY株式市場で過去最大の下落幅を記録
  • 米連邦準備理事会(FRB)が緊急利下げ
  • 米10年債利回りが過去最低の0.80%台まで低下

など、いろいろありました。

いずれにしても、新型コロナウイルスに端を発した世界的な景気後退懸念が原因で、しかも、まだまだ収束の兆しは見えず、まったく先行きが見えない状況です。

ボラティリティがあるのはいいのですが、押し戻しを待っていても、目立った押しや戻しもなくそのまま伸びてしまうので、私としては、トレードしにくい印象です。(というか全然入っていけません。)

もちろん、その辺は手法によって感覚値は全然違うと思いますが。

というわけで、今日はドル円の今後の見通しと来週のトレード戦略を解説していきます。

USDJPY(ドル円)

本日のチャート分析の流れ

■ 2020.03.07【USDJPY】のFXチャート分析
・月足→週足→日足→2時間足

■ トレード戦略
・ロング戦略
・ショート戦略


■ 今後の見通し

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

【注意事項とよくある質問まとめ】

では、早速チャートを見ていきましょう。

2020.03.07【USDJPY】FXチャート分析

月足

まずは月足から見ていきましょう。

fx-chart-analysis-20200307usdjpy-month
USDJPY 月足

月足で意識されている価格として、

  • 114.4
  • 110.0
  • 105
  • 101

があります。まずはここに水平線を引きましょう。

トレンドは下降トレンドとなっています。直近の足もしっかりとした陰線を付けています。

昨日の下落によって、

  • トレンドライン
  • 105円
  • 月足-2σ
  • 月足200EMA

これらチャートポイント付近まで落ちてきました。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は、横向きでバンドも横向き。レンジの形状となっています。

現在値は、ボリンジャーバンドの-2σにちょうど達したところですね。

  • トレンドは下降トレンド
  • 直近の足も陰線
  • トレンドライン、105円水平線、月足-2σ、月足200EMAに到達

週足

次は週足です。

fx-chart-analysis-20200307usdjpy-week
USDJPY 週足

週足で意識されている価格としては、上から

  • 112
  • 108
  • 106.67
  • 104.6

があります。まずはここに水平線を引きましょう。

ダウ的なトレンドは定義できませんが、直近の2本の足で大きく下げて、月足で引いた105円の水平線に到達。トレンドラインの上まで下ヒゲを付けて戻しています。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は、下向き。バンドは急激に広がりを見せていて、ボラティリティが高まっている様子が示されています。

現在値は、-2σを突っ切って強い下落となっていることがわかります。

  • 直近で強い下落基調
  • 105円に到達
  • トレンドライン上で週終値

日足

次に日足です。

fx-chart-analysis-20200307usdjpy-day
USDJPY 日足

日足チャートで意識されている価格は、110円下では、

  • 109.7
  • 109.3
  • 108.5
  • 107

があります。まあ、ここまで下げるとあまり関係ありませんが、一応引いてみましょう。

日足でも下降トレンド。とりあえず、強い下げとなっています。

日足ベースで、トレンドラインの上で終値となりそうですね。

ボリンジャーバンドのミドルバンドは下向き。バンドの先端は急激に広がっていて、急激にボラティリティが高まっていることがわかります。

ボリンジャーバンドの-2σバンドウォーク中。現在値も-2σ付近にあります。

  • 日足では強い下降トレンド
  • 105円を付けた後反発。下ヒゲを付けている。

以上、週足、日足から全体的な相場環境を把握してきました。2時間足で具体的なトレードシナリオを検討していきましょう。

2時間足

こちらが2時間足です。

fx-chart-analysis-20200307usdjpy-2h
USDJPY 2時間足

ここまで見てきて、月足で引いたトレンドライン、そして、105円に注目されます。

  • トレンドラインで反発するシナリオ
  • 105円を下に抜けるシナリオ

以上の2つのシナリオが考えられますので、ここから詳細なトレード戦略を立てていきましょう。

トレード戦略

fx-chart-analysis-20200307usdjpy-2h2
USDJPY 2時間足

ロング戦略

【戦略】:トレンドライン反発からの短期逆張りロング

【戦略の優位性】:
・月足トレンドライン
・105円サポートライン反発


【エントリー】:105.5円突破からの押し目買い

【ストップ】:105.5円の少し下

【ターゲット】:106.67手前

まず、ロング戦略です。

トレンドライン復帰からロングを狙っていきます。上位足の流れは完全に下ですので、短期的な逆張りトレードです。

エントリーのタイミングは、105.5円を上抜けてから押しを待ってからロングしていきます。

ストップは、105.5円の少し下。ターゲットは、106.67円手前まで狙っていきます。

ショート戦略

【戦略】:105円を下に抜けてからの戻り売り

【戦略の優位性】:
・上位足強い下落基調
・105円サポートライン下抜け

【エントリー】:104.6円下抜けからの戻り売り

【ストップ】:105円の少し上

【ターゲット】:101円手前

次にショート戦略です。

105円を下抜けると、更に一段下に目線が移ります。ですので、105円を下抜けてから戻り売りを狙っていきます。

105円のすぐ下に、104.6円の水平線があるので、ここを抜けてからの方がいいでしょう。

というわけで、104.6円を下にブレイクアウトしてから戻り売りを狙っていきます。ストップは、105円の少し上。ターゲットは、101円手前まで狙います。

今後の見通し

さて、ここまでUSDJPYのチャート分析をしてきました。

今後のドル円の見通しですが、ドル売り円買い材料としては、

  • 新型コロナウイルスの拡大懸念
  • 3月期末決算に向けたレパトリ
  • FRB追加利下げ観測、協調利下げ観測
  • トランプ政権のドル高抑制政策(発言等)

ドル買い・円売り材料としては、

  • 新型コロナウイルスの影響による日本の景気後退懸念
  • 東京オリンピック中止懸念
  • 日本の10-12月期実質国内総生産(GDP)改定値の下方修正

ドル円が上がる要因、下がる要因それぞれあるわけですが、個人的には、東京オリンピックと日本のGDPに注目しています。

これらによって、円買いの流れがガラリを変わるんじゃなかと思っています。いずれにしても、週明け、105円を挟んでの攻防に注目です。

  • トレンドラインで反発するようならロング。105円を明確に下抜けるようならショート。

以上、今日のチャートの分析&今後の見通しでした。今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

一方的に上げ下げする難しい相場環境ですが、来週も頑張っていきましょう。それでは、また。

fx-chart-analysis-20200307usdjpy-2h2
最新情報をチェックしよう!