fx-chart-analysis-20200301gbpusd-2h2

2020.03.01【GBPUSD】FXチャート分析。ポンドドルの目線の切り替わりはどこか?今週のトレード戦略を考える。

profile
おはようございます。五十嵐です。

さて、今日は、GBPUSD(ポンド/米ドル)です。

先週のGBPUSDは、1.29を挟んだ方向感が出にくい相場となっていましたが、週後半は、他の通貨に漏れず、新型肺炎の感染拡大を懸念したドル買いが進み、大きく下落しました。

今週から、EUとの貿易交渉を控えている中でのGBPUSDのトレード戦略です。

GBPUSD(ポンド/米ドル)

本日のチャート分析の流れ

■ 2020.03.01【GBPUSD】のFXチャート分析
・月足→週足→日足→2時間足

■ トレード戦略
・ロング戦略
・ショート戦略


■ 今後の見通し

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

【注意事項とよくある質問まとめ】

では、早速チャートを見ていきましょう。

2020.03.01【GBPUSD】FXチャート分析

月足

まずは月足から見ていきましょう。

fx-chart-analysis-20200301gbpusd-month
GBPUSD 月足

月足で意識されている価格として、

  • 1.43
  • 1.35
  • 1.2

があります。まずはここに水平線を引きましょう。

トレンドはレンジと言ってもいいでしょう。

もちろん、厳密に言うと下降トレンドなのかもしれませんが、直近では1.2~1.43の揉み合いが続いています。

直近の流れとしては、レンジ上限から下へ向かっている状況です。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は、ほぼ横向き。バンドもほぼ横を向いており、レンジを示すバンドの形状となっています。

現在値は、ミドルバンドをやや過ぎたあたりにあります。

  • トレンドはレンジ
  • 直近の流れは下方向

週足

次は週足です。

fx-chart-analysis-20200301gbpusd-week
GBPUSD 週足

週足で意識されている価格としては、上から

  • 1.335
  • 1.32
  • 1.3
  • 1.278
  • 1.25
  • 1.22

があります。まずはここに水平線を引きましょう。

週足では、上昇トレンド。1.278を下へ割るまでは上昇トレンドと定義します。

ただ、高値の1.35を付けた後は、高値と安値ともに切り下げて調整しているようです。直近の流れとしては下方向ですね。

先週、一時1.278を下抜けましたが、下ヒゲを出して戻している様子がわかります。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は、上向き。バンドは急激に閉じていますね。

揉み合いが続き、ボラティリティが縮小している様子がわかります。 金曜日に-2σに達して反発。現在は、-2σと-1σの間にあります。

  • トレンドは上昇トレンド
  • 直近の流れは下方向
  • 一時、上昇トレンドの基準安値である1.278を下抜けたが、下ヒゲを付けて上に戻した

日足

次に日足です。

fx-chart-analysis-20200301gbpusd-day
GBPUSD 日足

日足チャートで意識されている価格は、上から、

  • 1.307
  • 1.287
  • 1.258

があります。これらの価格にも水平線を引いてみましょう。

■トレンドは?現在までの大きな流れの解説

日足ではかろうじて上昇トレンドでしょうか。ただ、横への調整がものすごく長くて、上昇トレンドと言ってもいいのかよくわかりません。

むしろ、昨年12月中旬から高値と安値を切り下げていることから、流れとしては下と見た方がいいようです。

週足と同様、先週金曜日に1.278を下に抜けた後、長い下ヒゲを付けて戻しています。

ボリンジャーバンドのミドルバンドは、下向き。バンドも下向きで先端は閉じ気味。ボラティリティが低下しているのがわかります。

ミドルバンドとボリンジャーバンドの-2σを行ったり来たりしながら、下落を続けていて、現在値は、-2σのあたりにあります。

  • 日足は、かろうじて上昇トレンド
  • 直近の流れは下
  • 先週金曜日に1.278を下に割ったが、長い下ヒゲを付けて上に戻した

以上、週足、日足から全体的な相場環境を把握してきました。2時間足で具体的なトレードシナリオを検討していきましょう。

2時間足

こちらが2時間足です。

fx-chart-analysis-20200301gbpusd-2h
GBPUSD 2時間足

2時間足で印象的なのが、1.278を下に抜けた後の上に戻す陽線です。最安値を付けたのに陽線で上に戻していますよね。

このローソク足は、相場の反転サインとなりやすいことから、一時的に上に戻す印象があります。

もちろん、この足が出てなお、再度下抜けトライするようなら、相当強い下向きの圧力がかかっているということですから、1.278を下に抜けたら下でついていきたいと思います。

では、上を狙うとすればどこからなのか?

1.278での反発をを狙って今から買っていく選択肢もありますが、ただ上には、日足200EMAもあってあまり値幅を狙えません。

また、直近の流れも下方向ですから、少し怖いのもあります。

では、1.287はどうか?

1.287から買ったとしても、すぐ上には日足20MAが迫っているので、買いづらいところがあります。

そう考えると、直近高値の1.3を上に抜けて、やっと買いに行けるかなというところ。

というわけで、

  • 1.3を上抜けたら買い
  • 1.278を下抜けたら売り

この2つのシナリオからトレード戦略を考えていきたいと思います。

トレード戦略

fx-chart-analysis-20200301gbpusd-2h2
GBPUSD 2時間足

ロング戦略

【戦略】:1.3を上抜けたら押し目買い

【戦略の優位性】:
・週足・日足で上昇トレンド
・1.3上抜け
・週足20MA上抜け


【エントリー】:1.3を上抜けした後、押し目買い

【ストップ】:1.3の少し下

【ターゲット】:1.32

1.3を上抜け後、押し目買いを狙っていく戦略です。

ストップは、1.3の少し下。ターゲットは、直近高値であれば1.307ですが、もっと狙うなら週足で引いた1.32がいいと思います。

ショート戦略

【戦略】:1.278を下に抜けたら戻り売り

【戦略の優位性】:
・月足~日足の直近の流れが下方向
・1.278下抜け

【エントリー】:1.278を下抜けてから戻ったところをショート

【ストップ】:1.278の少し上

【ターゲット】:1.258の少し上

次にショート戦略です。

先週金曜日に一度下割れした1.278を再度下に抜けてくるようだと、完全に売り目線となりますので、戻り売りを仕掛けていきたいところ。

ストップは、1.278の少し上に置き、ターゲットは、直近の水平線を引いている1.258手前に置きます。

今後の見通し

さて、ここまでGBPUSDのチャート分析をしてきました。

トレードしやすいのは、1.278を下に抜けるシナリオです。

もちろん、新型コロナウイルスによる感染拡大が続けば、リスク回避相場となってドル買いが進行。そうなる可能性は十分にあります。

また、先週前半と同様1.29付近で揉み合い、方向感が出ないというシナリオも十分考えられるところです。

いずれにしても、今回立てたシナリオと相場が合致する場面を待ちたいと思います。

  • 1.3を上抜けたら買い目線。1.278を下に抜けたら売り目線。想定したシナリオになったら仕掛けていく。

以上、今日のチャートの分析&今後の見通しでした。今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

さて、今日から3月がスタート。今日ゆっくり休んで来週からまた頑張りましょう。

それでは、今日はこの辺で。

fx-chart-analysis-20200301gbpusd-2h2
最新情報をチェックしよう!