fx-chart-analysis-20200217usdcad-4h2

2020.02.17【USDCAD】FXチャート分析。月足トレンドラインをきっかけとしたトレンドフォロー戦略。

profile
おはようございます。五十嵐です。

今日は、USDCAD(米ドル/カナダドル)です。

さて、今年に入ってから USDCAD がカナダドルの利下げ期待から大きく下げていました。

カナダは、そこまで経済鈍化していていないとの声も聞かれる中、カナダ中銀総裁の発言にもあるように、その実現は今後の経済指標の動向次第となりそうです。

これまでの上昇に対して、今月に入ってから調整が入っていて、私は先週その調整に乗る戻り売りを仕掛けました。

fx-chart-analysis-20200217usdcad-4h2
USDCAD 4時間足

今日は、このトレード戦略の考え方や相場背景について詳しく解説していきます。

USDCAD(米ドル/カナダドル)

本日のチャート分析の流れ

■ 2020.02.17【USDCAD】のFXチャート分析
・月足→週足→日足→4時間足

■ トレード戦略
・ロング戦略
・ショート戦略

■ 今後の見通し

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

【注意事項とよくある質問まとめ】

では、早速チャートを見ていきましょう。

2020.02.17【USDCAD】FXチャート分析

月足

まずは月足から見ていきましょう。

fx-chart-analysis-20200217usdcad-month
USDCAD 月足

月足で意識されている価格として、

  • 1.373
  • 1.3
  • 1.195

があります。まずはここに水平線を引きましょう。

トレンドはレンジとなっています。そして、上値抵抗線(トレンドライン)を引くことができますね。

直近の流れとしては上昇。ただ、トレンドラインに阻まれ、今月の足はとても小さくなっています。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は、ほぼ横向きでバンドも寸胴型の横向き。ボラティリティが低下したレンジを示す形状となっています。

現在値は、ミドルバンドを上抜け、ミドルバンドと+1σの間にあります。

  • トレンドはレンジ
  • トレンドラインに頭を抑えられている
  • ボラティリティが低下している

週足

次は週足です。

fx-chart-analysis-20200217usdcad-week
USDCAD 週足

■水平線

週足で意識されている価格としては、上から

  • 1.354
  • 1.334
  • 1.29
  • 1.28
  • 1.27
  • 1.255

があります。まずはここに水平線を引きましょう。

トレンドはレンジ。おおよそ1.3~1.334の範囲で上下しています。

そして、このレンジ上限に接近したところで、トレンドラインに阻まれ、直近下落していますね。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は、横向き。バンドは寸胴型の横向き。完全にレンジの形状ですね。

現在値は、+1σを下抜け、+1σと+2σの間にあります。

  • トレンドはレンジ
  • レンジ上限&トレンドラインに上値を阻まれている
  • 直近の流れは下方向

日足

次に日足です。

fx-chart-analysis-20200217usdcad-day
USDCAD 日足

日足チャートで意識されている価格は、上から、

  • 1.327
  • 1.32
  • 1.317
  • 1.314
  • 1.31
  • 1.304

となっています。これらの価格にも水平線を引いてみましょう。

日足では、上昇トレンドとなっていましたが、基準押し目である1.327を下抜けて、上昇トレンドではなくなっています。直近の流れは下方向ですね。

ボリンジャーバンドのミドルバンドは、上向き。バンドの先端は閉じていて、直近の下落を反映した形状となっています。

現在値は、ミドルバンドと+1σの間にあります。

  • 日足ではノントレンド
  • 直近の流れは下方向

以上、週足、日足から全体的な相場環境を把握してきました。4時間足で具体的なトレードシナリオを検討していきましょう。

4時間足

こちらが4時間足です。

fx-chart-analysis-20200217usdcad-4h
USDCAD 4時間足

ここまで、USDCADのチャート分析をしてきましたが、やはり注目すべきはトレンドライン&レンジ上限に頭を抑えられていることです。

ここから考えられるシナリオとしては、次の2つが考えられます。

  • トレンドラインを上に抜けてくるシナリオ
  • 1.327を下に抜けてくるシナリオ

そこで、先週、私は1.327を背に戻り売りを仕掛けています。それぞれのシナリオに対するトレード戦略を見ていきましょう。

トレード戦略

fx-chart-analysis-20200217usdcad-4h2
USDCAD 4時間足

ロング戦略

【戦略】:トレンドライン&1.327上抜けからの押し目買い

【戦略の優位性】:
・月足トレンドライン上抜け
・1.327上抜け


【エントリー】:トレンドラインに引き付けてからロング

【ストップ】:1.327の少し下

【ターゲット】:1.334手前

まずは、ロングの戦略です。

月足のトレンドラインを再度上に抜けてきたら、押し目買いを仕掛けていきます。この際、できるだけトレンドラインに引き付けてからロングしていきます。

ストップは、1.327の少し下。ターゲットは、1.334手前となります。

ショート戦略

【戦略】:1.327下抜けからの戻り売り

【戦略の優位性】:
・月足トレンドライン
・週足レンジ上限(1.334)からの下落圧力
・1.327下抜け

【エントリー】:1.327に引き付けてからの戻り売り

【ストップ】:トレンドラインの少し上

【ターゲット】:日足20MA

次にショートの戦略です。

現在、この戦略に基づいてショートポジション保有中です。

仮に、1.327を上抜け、月足トレンドラインも上抜けると一旦損切りします。ターゲットは、日足の20MAです。

今後の見通し

さて、ここまでUSDCADのチャート分析をしてきました。

まず第一の戦略として、現在エントリー中であるショート戦略です。

仮に、この後上昇し、トレンドラインを上抜けるようであれば、まだレンジ上限(1.334)まで距離がありますから、ロングに頭を切り替えて、押し目買いを狙っていきます。

  • トレンドラインを下に切ってきたことを受けて、戻り売りを仕掛け、現在ショートポジション保有中。仮に逆行したら、レンジ上限(1.334)まで押し目買いを狙っていく。

以上、今日のチャートの分析&今後の見通しでした。今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

さて、今日は月曜日。今週もがんばっていきましょう!

fx-chart-analysis-20200217usdcad-4h2
最新情報をチェックしよう!