fx-chart-analysis-20200204gbpusd-4h2

2020.02.04【GBPUSD】FXチャート分析。ポンド大幅安!「1.3」チャートポイントを基点としたトレード戦略。

profile
おはようございます。五十嵐です。

さて、昨日、GBPUSD(ポンドドル)が大きく下落。

節目の1.3まで下げてきました。そこで、今日は新たなトレード戦略を次のように立てています。

fx-chart-analysis-20200204gbpusd-4h2
GBPUSD 4時間足

今日は、このトレード戦略の考え方や相場背景について詳しく解説していきます。

GBPUSD(ポンドドル)

本日のチャート分析の流れ

■ 2020.02.04【GBPUSD】のFXチャート分析
・月足→週足→日足→4時間足

■ トレード戦略
・戦略①(ロング戦略)
・戦略②(ショート戦略)

■ 今後の見通し

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

【注意事項とよくある質問まとめ】

では、早速チャートを見ていきましょう。

2020.02.04【GBPUSD】FXチャート分析

月足

まずは月足から見ていきましょう。

fx-chart-analysis-20200204gbpusd-month
GBPUSD 月足

月足で目立つ価格としては、上から

  • 1.43
  • 1.35
  • 1.2

があります。まずはここに水平線を引きましょう。

トレンドは、定義上は下降トレンドであるものの、ほぼレンジと言ってもいいでしょう。

1.35を付けた後、上ヒゲを付けて下落。ミドルバンドに近づいている状況です。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は、ほぼ横向き。バンドは収縮し、レンジの様相ですね。

  • トレンドはレンジ
  • 1.35を付けた後、下落している

週足

次は週足です。

fx-chart-analysis-20200204gbpusd-week
GBPUSD 週足

週足で目立つ価格としては、上から

  • 1.335
  • 1.32
  • 1.3
  • 1.278
  • 1.25
  • 1.22

があります。まずはここに水平線を引きましょう。

トレンドは上昇トレンド。1.35の高値を付けた後に下落。1.335では週足の200EMAも重なり、ローソク足の実体を抑えられているのがわかります。

そして、昨日は1.32から一気に下に戻され、1.3まで落ちてきました。

チャートを俯瞰して見ると、上昇トレンドであるものの、横ばいの状況が続いているという状況です。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は、上向き。バンドも上向きとなっています。現在値は、ミドルバンドと+1σの間にあります。

  • トレンドは上昇トレンド
  • 高値を付けた後もみ合いとなっている

日足

次に日足です。

fx-chart-analysis-20200204gbpusd-day
GBPUSD 日足

日足を見ると、上昇トレンド中のレンジとなっています。

形状としては、下値が徐々に上げて、上値が徐々に下がる形状です。

下値については、トレンドラインを引くことができそうです。このトレンドラインで下値がサポートされており、直近のローソク足でこのトレンドラインにタッチしています。

このラインがサポートラインとして機能し、反発上昇するのか、それとも下に抜けていくのか注目です。

ボリンジャーバンドのミドルバンドは、横向き。バンドも横向きの寸胴となっており、レンジの環境を示しています。

現在値は、-1σと-2σの間にあります。

  • 日足は上昇トレンド
  • 現在はもみ合いが続いている
  • 下値を支持するトレンドラインにタッチしている

以上、週足、日足から全体的な相場環境を把握してきました。4時間足で具体的なトレードシナリオを検討していきましょう。

4時間足

こちらが4時間足です。

fx-chart-analysis-20200204gbpusd-4h
GBPUSD 4時間足

4時間足で見ると、昨日の下落が大きかったのがわかります。現在、1.3に到達。トレンドラインも下に抜けています。

この状況から次のシナリオが考えられます。

  • トレンドラインを上に抜けるシナリオ
  • 1.3サポートラインを下に抜けてくるシナリオ

では、この2つのシナリオからトレード戦略を考えていきます。

トレード戦略

fx-chart-analysis-20200204gbpusd-4h2
GBPUSD 4時間足

戦略①(ロング戦略)

【戦略】:トレンドライン上抜けからの押し目買い

【戦略の優位性】:
①週足・日足上昇トレンド
②トレンドライン復帰
③日足20MA上抜け


【エントリー】:トレンドライン復帰後、押し目買い

【ストップ】:1.3の少し下

【ターゲット】:1.32手前

まずは、ロングの戦略です。

1.3で反発上昇した後、トレンドライン上抜けを待って押し目買いを狙っていく戦略です。

具体的には、トレンドライン復帰&日足20MA上抜け後、押し目買いを狙っていきます。

ストップは、1.3の少し下。ターゲットは、1.32手前がいいでしょう。

戦略②(ショート戦略)

【戦略】:1.3サポートライン下抜け後、戻り売り

【戦略の優位性】:
①トレンドライン下抜け
②1.3サポートライン下抜け

【エントリー】:1.3下抜け後、戻したところをショート

【ストップ】:1.3の少し上

【ターゲット】:週足20MA

次にショートの戦略。トレンドライン&1.3サポートライン下抜け後、戻り売りを狙っていく戦略です。

エントリーは、1.3サポートラインを明確に下に抜けてきた後、1.3付近まで引き付けてからショートを狙います。

ストップは、1.3の少し上。ターゲットは、週足20MAまで狙います。

今後の見通し

さて、ここまでGBPUSDのチャート分析をしてきました。

昨日の下落から、今日も引き続き1.3を割る動きとなるのか注目ですね。目線は当然下方向です。

しかし、 週足ではいまだ上昇トレンドですから、あくまでも押しを狙う短期トレードと捉えるべきです。

そういった意味からも、1.3サポートライン下抜けからの急上昇、つまり、ダマシのパターンも十分頭に入れておく必要があるかと思います。

  • 1.3から反発上昇するのか、それとも下に抜けてくるのか注目。相場に合わせてエントリーしていく。下にブレイクと思わせて急上昇するダマシのパターンには要注意。

以上、今日のチャートの分析&今後の見通しでした。今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

今日も良い一日をお過ごしください。

fx-chart-analysis-20200204gbpusd-4h2
最新情報をチェックしよう!