fx-chart-analysis-20200203gbpusd-4h2

2020.02.03【GBPUSD】FXチャート分析。「1.32」を完全に上に抜けるか注目!上位足に沿った押し目買い戦略。

profile
おはようございます。五十嵐です。

さて、今日はGBPUSD(ポンドドル)です。

GBPUSDについて、今週のトレード戦略を次のように立てています。

fx-chart-analysis-20200203gbpusd-4h2
GBPUSD 4時間足

今日は、このトレード戦略の考え方や相場背景について詳しく解説していきます。

GBPUSD(ポンドドル)

本日のチャート分析の流れ

■ 2020.02.03【GBPUSD】のFXチャート分析
・月足→週足→日足→4時間足

■ トレード戦略
ロング戦略

■ 今後の見通し

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

【注意事項とよくある質問まとめ】

では、早速チャートを見ていきましょう。

2020.02.03【GBPUSD】FXチャート分析

月足

まずは月足から見ていきましょう。

fx-chart-analysis-20200203gbpusd-month
GBPUSD 月足

月足で目立つ価格としては、上から

  • 1.43
  • 1.35
  • 1.2

があります。まずはここに水平線を引きましょう。

トレンドは厳密な定義としては、下降トレンドですが、もはやレンジと言ってもいいと思います。

昨年9月に1.2の安値を付けた後、相場は上昇。1.35とボリンジャーバンドの+2σで上ヒゲを付けて、現在少し下げているという状況です。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は、横向き。バンドの先端は収縮しており、レンジの状況となっています。

  • トレンドはレンジ
  • 1.35を付けた後は少し押している

週足

次は週足です。

fx-chart-analysis-20200203gbpusd-week
GBPUSD 週足

週足で目立つ価格としては、上から

  • 1.335
  • 1.32
  • 1.3
  • 1.278
  • 1.25
  • 1.22

があります。まずはここに水平線を引きましょう。

トレンドは上昇トレンド。高値と安値ともに切り上げています。

昨年12月に1.35の高値を付けた後、週足200EMAに抑えられるかのように、1.335にローソク足実体が収まっています。

その後、1.3まで押して、直近上昇しているという状況です。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は、完全に上向き。バンドも上を向いていて上昇トレンドを示す形状です。

現在値は、ミドルバンドと+2と+1σの間にありますね。

  • トレンドは上昇トレンド
  • 1.3まで押したものの、直近再上昇

日足

次に日足です。

fx-chart-analysis-20200203gbpusd-day
GBPUSD 日足

日足を見ると、上昇トレンド中のレンジです。

そして、この揉み合いに対して、下値支持線としてトレンドラインを引くことができます。このラインが強力なサポートラインとして機能しています。

1.3サポートラインとこのトレンドラインの重合点で反発上昇し、現在1.32レジスタンスラインを抜けようと上昇している状況です。

ボリンジャーバンドのミドルバンドは、やや上向き。直近の上昇を反映してバンドの先端は広がっています。

現在値は、+2σを突っ切っていますね。

  • 日足はレンジ
  • 直近で上昇し、1.32を抜けるかという状況

以上、週足、日足から全体的な相場環境を把握してきました。4時間足で具体的なトレードシナリオを検討していきましょう。

4時間足

こちらが4時間足です。

fx-chart-analysis-20200203gbpusd-4h
GBPUSD 4時間足

現在、1.32を抜けるかどうかという状況です。このことから、1.32を基準として2つのシナリオが考えられます。

  • 1.32を上に抜けていくシナリオ
  • 1.32で下に戻されるシナリオ

この中で、「1.32で下に戻されるシナリオ」をもとにショートしていくのは、 上位足の状況からも難しいと感じます。

そこで、今回は「1.32を上に抜けていくシナリオ」についてのみ考えていきます。

トレード戦略

fx-chart-analysis-20200203gbpusd-4h2
GBPUSD 4時間足

ロング戦略

【戦略】:1.32上抜けからの押し目買い

【戦略の優位性】:
①週足上昇トレンド
②1.32ブレイクアウト

【エントリー】:1.32を抜けた後の押し目買い

【ストップ】:1.32の少し下

【ターゲット】:1.335の少し下

1.32を上にブレイクアウトした後の第2波を狙うトレードです。

1.32を明確に上抜けた後、押したところをロングしていきます。その際、できるだけ1.32に引きつけてロングをしたいですね。

ストップは、1.32の少し下。ターゲットは、週足200EMAもある1.335手前がいいでしょう。

今後の見通し

さて、ここまでGBPUSDのチャート分析をしてきました。

まずは、1.32を明確に上に抜けてくるのかに注目です。上に抜けてくるようなら、素直に押し目買いでついていきます。

仮に、想定通り1.335まで上昇したら、今度は逆張りのショートを狙うことも想定します。前回同様にここで阻まれて下落する可能性が高いからです。

  • 1.32を明確に上に抜けてくるかに注目。仮に上に抜けたら、1.32に引き付けて押し目買いを狙っていく。

以上、今日のチャートの分析&今後の見通しでした。今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

さて、今日は月曜日&節分ですね。良い一日をお過ごしください。

それではまた。

fx-chart-analysis-20200203gbpusd-4h2
最新情報をチェックしよう!