fx-chart-analysis-20200202eurusd-4h2

2020.02.02【EURUSD】FXチャート分析。上?それとも下か?週明け注目のチャートポイントを解説します。

profile
おはようございます。五十嵐です。

さて、今日はEURUSD(ユーロドル)です。

私は、来週のEURUSDのトレード戦略を次のように立てています。

fx-chart-analysis-20200202eurusd-4h2
EURUSD 4時間足

今日は、このトレード戦略の考え方や相場背景について詳しく解説していきます。

EURUSD(ユーロドル)

本日のチャート分析の流れ

■ 2020.02.02【EURUSD】のFXチャート分析
・月足→週足→日足→4時間足

■ トレード戦略
・戦略①(ロング戦略)
・戦略②(ショート戦略)

■ 今後の見通し

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

【注意事項とよくある質問まとめ】

では、早速チャートを見ていきましょう。

2020.02.02【EURUSD】FXチャート分析

月足

まずは月足から見ていきましょう。

fx-chart-analysis-20200202eurusd-month
EURUSD 月足

月足で目立つ価格としては、上から

  • 1.26
  • 1.2
  • 1.16
  • 1.05

があります。まずはここに水平線を引きましょう。

トレンドは下降トレンドとなっており、直近で少し戻しているという状況です。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は、下向き。バンドは下向きの寸胴型となっています。

現在値は、ミドルバンドと-1σの間にありますね。

  • トレンドは下降トレンド
  • ただ、直近は揉み合いとなっている

週足

次は週足です。

fx-chart-analysis-20200202eurusd-week
EURUSD 週足

週足で目立つ価格としては、上から

  • 1.14
  • 1.12
  • 1.09
  • 1.08

があります。まずはここに水平線を引きましょう。

トレンドはきれいな下降トレンド。高値と安値ともに切り下げています。

ただ、1.09の安値を付けた後、相場は揉み合いとなっていて、1.09~1.12のレンジで推移しているという状況です。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は、横向き。バンドも横向きの寸胴型。ちょうどこのボリンジャーバンド±2σ間でレンジとなりそうな形状です。

現在値は、ミドルバンドと+1σの間にありますね。

  • トレンドは下降トレンド
  • 直近はもみ合いとなっており、1.09~1.12のレンジで推移

日足

次に日足です。

fx-chart-analysis-20200202eurusd-day
EURUSD 日足

日足チャートを見ると、

  • 1.125
  • 1.111
  • 1.1075
  • 1.1
  • 1.095

これらの価格にも水平線を引くことができますので、ここにも引いてみます。

日足を俯瞰して見ると、レンジとなっています。ただ、直近では下降トレンドとなっていますね。 1.111を上に抜けるまでは下降トレンドと定義します。

先週末の上昇で戻していますが、 ちょうど日足20MAに達したという所で止まっています。

直近のローソク足を見ると、やはり相対的に見ても長いですよね。大きく上げたことが周りのローソク足の長さと比べてもわかります。

また、終値にヒゲがないのも特徴です。これは、市場が終わるまで伸びたことを示しています。

ボリンジャーバンドのミドルバンドは、下向き。バンドの先端は収縮し、ボラティリティが低下、レンジであることを反映しています。

現在値はミドルバンド付近にあります。

  • 日足は長期で見るとレンジだが、直近下降トレンドとなっている
  • ちょうど日足20MAで先週終値

以上、週足、日足から全体的な相場環境を把握してきました。4時間足で具体的なトレードシナリオを検討していきましょう。

4時間足

こちらが4時間足です。

fx-chart-analysis-20200202eurusd-4h
EURUSD 4時間足

現在値が、日足で引いた水平線「1.111」と「1.1075」に挟まれていますが、この2本の水平線を上に抜けるか、下に抜けるかで相場の目線が変わりそうです。

具体的に言うと、

  • 1.111を上に抜けると上目線
  • 1.1075を下に抜けると下目線

となります。

それぞれのトレード戦略が次のとおりです。

トレード戦略

fx-chart-analysis-20200202eurusd-4h2
EURUSD 4時間足

戦略①(ロング戦略)

【戦略】:1.111を上抜けからの押し目買い

【戦略の優位性】:
①日足下降トレンド否定
②1.111レジスタンスライン上抜け


【エントリー】:1.111を上抜けた後の押し目買い

【ストップ】:1.111の少し下

【ターゲット】:1.115手前

まずは、ロングの戦略です。

日足レジスタンスラインである1.111のブレイクアウト後の第2波を狙うロング戦略です。

1.111を上に抜けた後、1.111に引き付けてロングを打ちます。

ストップは、ブレイクライン1.111の少し下。ターゲットは、日足200EMAまで。1.115手前がいいと思います。

戦略②(ショート戦略)

【戦略】:1.1075を下に抜けてからの戻り売り。

【戦略の優位性】:
①月足~4時間足下降トレンド
②サポートライン1.1075下抜け
③週足20MA下抜け

【エントリー】:1.1075下抜けから週足20MAまで戻したところでショート

【ストップ】:1.1075の少し上

【ターゲット】:1.1手前

次にショートの戦略です。

1.1075サポートラインを下に抜けると、目線が一段下がりますから戻り売りを狙っていきます。

この際の注意点としては、週足20MAの下抜けを確認することです。

具体的なエントリーとしては、1.1075を下抜け、さらに週足20MAを下抜け、週足20MAまで戻したところでショートをします。

ストップは、1.1075の少し上。ターゲットは、直近安値の1.1手前がいいと思います。

今後の見通し

さて、ここまでEURUSDのチャート分析をしてきました。

先週末の上昇はちょうど日足20MAで止められていますが、週明けこれを上に抜いてくるのか、それとも下に抜いてくるのかに注目です。

そして、1.111と1.1075のどちらを抜いていくるのか。その抜けた方に素直についていきたいと思います。

  • 週明けは、1.111を上に抜けるのか、それとも1.1075を下に抜いてくるのかに注目。抜けた方に素直についていく。

以上、今日のチャートの分析&今後の見通しでした。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。 それでは、良い日曜をお過ごしください。

fx-chart-analysis-20200202eurusd-4h2
最新情報をチェックしよう!