fx-chart-analysis-20200130nzdusd-4h2

2020.01.30【NZDUSD】FXチャート分析。再下降を狙う!抵抗帯を使った戻り売り戦略。

profile
おはようございます。五十嵐です。

さて、今週に入ってからNZDUSD(ニュージーランドドル/米ドル)が大きく下げています。

ちょうどいいチャートポイントがあったことから、NZDUSDについて、次のようなトレード戦略を立てています。

今日は、このトレード戦略の考え方や相場背景について詳しく解説していきます。

fx-chart-analysis-20200130nzdusd-4h2
NZDUSD4時間足
NZDUSD(ニュージーランドドル/米ドル)

本日のチャート分析の流れ

■ 2020.01.30【NZDUSD】のFXチャート分析
・月足→週足→日足→4時間足

■ トレード戦略
・戦略①(ロング戦略)
・戦略②(ショート戦略)

■ 今後の見通し

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

【注意事項とよくある質問まとめ】

では、早速チャートを見ていきましょう。

2020.01.30【NZDUSD】FXチャート分析

月足

まずは月足から見ていきましょう。

fx-chart-analysis-20200130nzdusd-month
NZDUSD月足

月足で目立つ価格としては、上から

  • 0.75
  • 0.677
  • 0.62

があります。まずはここに水平線を引きましょう。

トレンドは下降トレンド。高値と安値ともに切り下げています。

上値抵抗線(トレンドライン)を引くことができ、直近の足でこのトレンドラインにタッチ、下落しています。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は、下向き。ボリンジャーバンドの先端はやや収縮しています。現在値は、ミドルバンドと-1σの間にありますね。

  • トレンドは下降トレンド
  • トレンドラインタッチから下落

週足

次は週足です。

fx-chart-analysis-20200130nzdusd-week
NZDUSD週足

週足で目立つ価格としては、上から

  • 0.69
  • 0.67
  • 0.65
  • 0.643

があります。まずはここに水平線を引きましょう。

俯瞰して見た場合、トレンドは下降トレンド。0.677を上抜けない限りは下降トレンドと定義します。

0.677&トレンドラインの重合点で下落しているのがわかります。

直近のローソク足を見ると、5本連続の陰線となっており、今年に入ってからずっと下落していることがわかります。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は、上向き。バンドも上向きとなっています。現在値は、ミドルバンドと+1σの間にあります。

  • トレンドは下降トレンド
  • 0.677&トレンドラインタッチで下落
  • ここ一ヵ月間ずっと下げている

日足

次に日足です。

fx-chart-analysis-20200130nzdusd-day
NZDUSD日足

日足チャートを見ると、

  • 0.66
  • 0.6555

この2つの価格にも水平線を引くことができますので、ここにも引いてみます。

日足を見ると、下降トレンドとなっています。ミドルバンドで上値を抑えられながら、-2σを突っ切っています。

日足200EMAも下に抜けてきましたね。

ボリンジャーバンドのミドルバンドは、下向き。バンドも下向きの寸胴型。下降トレンドの様相を呈しています。

現在値はちょうど-2σ付近にあります。

  • 日足は下降トレンド
  • 日足200EMAを下に抜けた

以上、週足、日足から全体的な相場環境を把握してきました。4時間足で具体的なトレードシナリオを検討していきましょう。

4時間足

こちらが4時間足です。

fx-chart-analysis-20200130nzdusd-4h
NZDUSD4時間足

4時間足で見ても完全に下降トレンドです。直近は戻していて日足200EMAに向かっていますね。

  • 日足200EMA
  • 4時間足20MA
  • 0.6555レジスタンスライン

すぐ上には、これらチャートポイントが重なっていることから、これらを一つの抵抗帯と見立てたトレード戦略が立てられそうです。

シナリオとしては、

  • 抵抗帯を上に抜けていくシナリオ
  • 抵抗帯で下に落とされるシナリオ

この2つのシナリオからトレード戦略を考えていきます。

トレード戦略

fx-chart-analysis-20200130nzdusd-4h2
NZDUSD4時間足

戦略①(ロング戦略)

【戦略】:0.6555上抜けからの押し目買い

【戦略の優位性】:
①日足200EMA上抜け
②4時間足20MA上抜け
③0.6555レジスタンスライン上抜け


【エントリー】:0.6555レジスタンスラインを上抜けた後の押し目買い

【ストップ】:日足200EMAの少し下(0.654)

【ターゲット】:0.66手前

まずは、ロングの戦略です。抵抗帯を上にブレイクアウトした後の第2波を狙っていくトレード戦略です。

0.6555のレジスタンスラインを上抜けたら、その押し目を拾います。できるだけ、レジスタンスラインに引き付けてからロングするようにします。

ストップは、日足200EMAの少し下の0.654付近。ターゲットは、日足の20MAも近づいてきていることから、0.66手前がいいでしょう。

戦略②(ショート戦略)

【戦略】:日足200EMAからのショート

【戦略の優位性】:
①月足~4時間足下降トレンド
②日足200EMA
③4時間足20MA
④0.6555レジスタンスライン


【エントリー】:日足200EMA付近から指値ショート

【ストップ】:0.6555の少し上

【ターゲット】:0.651

次にショートの戦略です。

下降トレンドの中で、抵抗帯まで戻ってからのショートを狙います。このシナリオの場合、下落要素が多いことから、日足200EMAでショートを指値で狙っていきます。

ストップは、0.6555の少し上。ターゲットは、直近安値の0.651まで狙います。

今後の見通し

さて、ここまでNZDUSDのチャート分析をしてきました。

今回は、下落要素が多いことから、一旦戻り売りを狙っていきます。もし、逆行して抵抗帯を上に抜けたら、目線を上に移してロングを狙っていく流れとなります。

  • 日足200EMAで一旦ショートを狙う。仮に、逆行して0.6555を上に抜けてくるようなら、今度は上目線。押し目買いを狙っていく。

以上、今日のチャートの分析&今後の見通しでした。

昨日のパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の会見でこのように発言するなど、市場の関心は新型コロナウイルスに移っています。

「新型コロナウイルスの感染拡大による影響を注意深く監視」

パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長

こうなると、ネガティブニュースに大きく反応する可能性があります。つまり、有事の円買い、ドル買いです。

当然、そうなるとNZDUSDのような資源国通貨は下落という流れとなりますので、その辺も考慮に入れておく必要があるかと思います。

それでは、今日はこの辺で。 今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

fx-chart-analysis-20200130nzdusd-4h2
最新情報をチェックしよう!