fx-chart-analysis-20200121eurusd-4h2

2020.01.21【EURUSD】FXチャート分析。レンジ下限(1.1075)のブレイクアウト第2波を狙うショート戦略。

profile
おはようございます。五十嵐です。

さて、今日はEURUSD(ユーロドル)です。

EURUSDは、年初から揉み合い、なかなか手が出しづらい相場が続いていました。

現在、チャートポイントに近づいていて、ようやく戦略が立てられそうなチャートになってきました。そこで、以下のようなトレード戦略を立てています。

fx-chart-analysis-20200121eurusd-4h2
EURUSD4時間足

今日は、このトレード戦略の考え方や相場背景について詳しく解説していきます。

EURUSD(ユーロドル)

本日のチャート分析の流れ

■ 2020.01.21【EURUSD】のFXチャート分析
・月足
・週足
・日足
・4時間足


■ トレード戦略
ショート戦略

■ 今後の見通し

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

【注意事項とよくある質問まとめ】

では、早速チャートを見ていきましょう。

2020.01.21【EURUSD】FXチャート分析

月足

まずは月足から見ていきましょう。

fx-chart-analysis-20200121eurusd-month
EURUSD月足

月足で目立つ価格としては、上から

  • 1.26
  • 1.20
  • 1.16
  • 1.05

があります。まずはここに水平線を引きましょう。

トレンドは、下降トレンドです。またこの下降トレンドに対し、トレンドラインを引くことができます。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は、下向き。バンドの先端はやや閉じ気味。

直近は若干戻していて、ミドルバンドに近づいています。現在値は、ミドルバンドと-1σの間にありますね。

  • トレンドは下降トレンド
  • 直近戻していて、ミドルバンドに近づいている

週足

次は週足です。

fx-chart-analysis-20200121eurusd-week
EURUSD週足

週足で目立つ価格としては、上から

  • 1.14
  • 1.12
  • 1.09
  • 1.08

があります。まずはここに水平線を引きましょう。

トレンドは下降トレンド。直近では揉み合いが続いていますね。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は、横向き。バンドも横向きの寸胴型。±2σ間のレンジになりそうな形状です。

直近で、1.12レジスタンスライン&+2σに跳ね返されて下落。ミドルバンド付近にあります。

  • トレンドは下降トレンド
  • 直近ではレンジ。±2σ間のレンジになりそうな状況

日足

次に日足です。

fx-chart-analysis-20200121eurusd-day
EURUSD日足

日足チャートを見ると、

  • 1.125
  • 1.111
  • 1.1075
  • 1.1

この4つの価格にも水平線を引くことができますので、ここにも引いてみます。

日足を見ると、レンジ。直近ではおおよそ、1.1075~1.12のレンジを行ったり来たりしています。

そして、現在このレンジの下限である1.1075に接近しています。その下には週足の20MAがあるのが確認できますね。

ボリンジャーバンドのミドルバンドは、横向き。バンドの先端はやや広がっています。

そして、現在値は-1σ付近にあるという状況です。

  • 日足はレンジ
  • レンジ下限1.1075付近に到達
  • 直下に週足20MAがある

以上、週足、日足から全体的な相場環境を把握してきました。4時間足で具体的なトレードシナリオを検討していきましょう。

4時間足

こちらが4時間足です。

fx-chart-analysis-20200121eurusd-4h
EURUSD4時間足

仮に、1.1075~1.12のレンジを想定した場合、考えられるシナリオとしては、

  • レンジ下限1.1075から上に反発するシナリオ
  • レンジ下限1.1075を下にブレイクアウトするシナリオ

この2つのシナリオが考えられます。

ただ、4時間足チャートを見てもらえばわかるように、

  • 1.111レジスタンスライン
  • 日足20MA&200EMA
  • 4時間足20MA&200EMA

など、多くのチャートポイントがあることから、素直に上に伸びていくのか正直読めないところがあります。

ということで、今回はレンジ下限1.1075を下にブレイクアウトするシナリオ に絞ってトレード戦略を考えていきたいと思います。

トレード戦略

fx-chart-analysis-20200121eurusd-4h2
EURUSD4時間足

ショート戦略

【戦略】:レンジ下限1.1075を下にブレイクアウト後戻り売り

【戦略の優位性】:
①月足・週足下降トレンド
②レンジ下限ブレイクアウト

③日足下降トレンドに転換

【エントリー】:1.1075を下にブレイクアウトしたら戻り売り

【ストップ】:1.1075の少し上

【ターゲット】:1.1手前

レンジ下限の1.1075を下にブレイクアウト後戻り売りを狙う戦略です。

具体的なエントリーとしては、1.1075を下にブレイクアウト後、戻りを待ってからショートを仕掛けていきます。

1.1075を下に抜けると、日足の下降トレンドが確定するため、相場の目線が下に下がるので、これはショートの支援材料になります。

ショートを狙う際に気を付けてもらいたいのが、週足の20MAです。1.1075の直下にありますから、できれば週足20MAも下抜けるのを確認したいところです。

ストップは、ブレイクラインの1.1075の少し上。ターゲットは、直近安値の1.1手前です。

今後の見通し

さて、ここまでEURUSDのチャート分析をしてきました。ここまでをまとめます。

  • レンジ下限1.1075を下にブレイクアウトするか注目。もし、ブレイクアウトしたら、週足20MAに気を付けながら下についていく。1.1075から上に反発する場合は見送り。

以上、今日のチャートの分析&今後の見通しでした。今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

それでは、良い一日をお過ごしください。

fx-chart-analysis-20200121eurusd-4h2
最新情報をチェックしよう!