fx-chart-analysis-20200118usdchf-4h3

2020.01.18【USDCHF】FXチャート分析。目線の切り替わりはどこか!?ロング・ショート2つのトレード戦略。

profile
おはようございます。五十嵐です。

さて、USDCHF(米ドル/スイスフラン)について、先日このような投稿をしていて、私自身もショートエントリーしていました。

ただ、その後、想定ターゲットまで値が伸びず、エントリー価格と同値決済しています。下が現在の4時間足チャートです。

fx-chart-analysis-20200118usdchf-4h
USDCHF4時間足

そこで、今日はUSDCHFの戦略練り直し。現在、以下のような新たなトレード戦略を立てています。

fx-chart-analysis-20200118usdchf-4h3
USDCHF(新たなトレード戦略)

この新たなトレード戦略、相場背景や考えた方について詳しく解説していきます。

USDCHF(米ドル/スイスフラン)

本日のチャート分析の流れ

■ 2020.01.18【USDCHF】のFXチャート分析
・月足
・週足
・日足
・4時間足


■ トレード戦略
・戦略①(ロング戦略)
・戦略②(ショート戦略)

■ 今後の見通し

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

【注意事項とよくある質問まとめ】

では、早速チャートを見ていきましょう。

2020.01.18【USDCHF】FXチャート分析

月足

まずは月足から見ていきましょう。

fx-chart-analysis-20200118usdchf-month
USDCHF月足

月足で目立つ価格としては、上から

  • 1.033
  • 1.000
  • 0.955
  • 0.920

があります。まずはここに水平線を引きましょう。

トレンドはレンジ。ボリンジャーバンドは横向き。±2σ間を行ったり来たりしているのがわかります。

月足では、下値支持線(トレンドライン)を引くことができましたが、直近の足でこれを下抜けています。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は、横向き。直近の足でボリンジャーバンドの-2σにタッチ。これを反映してバンドは広がっています。今後、ボラティリティが高まる可能性のある形状です。

現在値は、ミドルバンドと-1σと-2σの間にありますね。

  • トレンドはレンジ
  • トレンドラインを下抜けた

週足

次は週足です。

fx-chart-analysis-20200118usdchf-week
USDCHF週足

■水平線

週足で目立つ価格としては、上から

  • 0.985
  • 0.97
  • 0.945

があります。

トレンドは下降トレンド、陰線が続いています。

  • 月足トレンドライン
  • 0.97ラウンドナンバー

という目立つラインを実体ベースで抜けてきています。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は、やや下向き。バンドは広がっていて、ボラティリティが今後高まる可能性を示唆しています。

-3σタッチで下ヒゲを出しつつ-2σをバンドウォークしながら下落しています。現在値は、-2σと-3σの間にありますね。

  • トレンドは下降トレンド
  • 0.97ラウンドナンバー下抜け
  • -2σバンドウォーク

日足

次に日足です。

fx-chart-analysis-20200118usdchf-day
USDCHF日足

日足チャートを見ると、

  • 0.9764

この価格にも水平線を引くことができますので、ここにも引きます。

日足を見ると、完全に下降トレンドです。押しを作りながらきれいに高値と安値を切り下げています。

ミドルバンド(20MA)を一度も上抜けることなく落ちていますね。

ボリンジャーバンドのミドルバンドは、下向き。バンドの先端は下向きの寸胴型。下降トレンドが順調に進行していることを示しています。

現在は、戻しの最中でミドルバンドと-1σの間に価格があります。

  • 日足は完全な下降トレンド
  • 現在は戻していて0.97に接近中

以上、週足、日足から全体的な相場環境を把握してきました。4時間足で具体的なトレードシナリオを検討していきます。

4時間足

こちらが4時間足です。

fx-chart-analysis-20200118usdchf-4h2
USDCHF4時間足

ここまで長期足を見てきて、想定されるシナリオとしては以下の2つ。

  • 直近高値を上抜けて月足トレンドラインに復帰するシナリオ
  • 0.97がレジスタンスとなって再下落するシナリオ

では、この2つのシナリオからトレード戦略を考えていきます。

トレード戦略

fx-chart-analysis-20200118usdchf-4h3
USDCHF4時間足

戦略①(ロング戦略)

【戦略】:直近高値上抜けからの押し目買い

【戦略の優位性】:
①月足トレンドライン上抜け
②0.97下抜けダマシ
③日足下降トレンド否定
④日足20MA上抜け


【エントリー】:0.9764を上抜けた後に押し目買い

【ストップ】:0.9764の少し下

【ターゲット】:0.983付近

まずは、ロングの戦略です。

0.97レジスタンスラインを上抜け、直近高値の0.9764と月足トレンドラインを上抜けてからの押し目買いです。

この際、できるだけ月足トレンドライン、0.9764のラインに引きつけてロングをしたいですね。

ストップは、0.9764の少し下のあたり。ターゲットは、直近高値の0.983付近です。

戦略②(ショート戦略)

【戦略】:0.97レジスタンスラインからのショート

【戦略の優位性】:
①月足トレンドライン下抜け
②週足・日足下降トレンド
③0.97レジスタンスライン
④日足20MA


【エントリー】:0.97付近で戻したところをショート

【ストップ】:日足20MAの少し上

【ターゲット】:0.955手前

次にショートの戦略です。

大きな相場の流れは下ですから、現在は一時的に戻していると考え、0.97のレジスタンスライン付近で売りを狙っていく戦略です。

0.97付近まで戻したらショートを狙っていきます。ストップは、日足20MAの少し上。ターゲットは、月足で引いた水平線0.955を目指します。

今後の見通し

さて、ここまでUSDCHFのチャート分析をしてきました。

4時間足を見てみるとわかりますが、直近長いローソク足で戻しています。

週末のポジション調整もあるでしょうが、再下落のためには売りエネルギーが必要となります。ですから、今後少し揉み合うことも想定されます。

戦略の基本線は、0.97付近での売り目線としつつ、仮に日足20MA及び0.9764を上抜けるようなら今度は買い目線というように、目線を切り替えて柔軟に対応していきたいと思います。

  • 基本的には0.97をレジスタンスラインとした売り目線。もし、0.9764を上に抜けるようなら上目線に切り替えてロングを狙っていく。

以上、今日のチャートの分析&今後の見通しでした。今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

さて、一週間も終わりましたね。

土日のうちに徹底的にチャート分析をしておくと平日が楽になります。来週のトレードのパフォーマンスは休日のチャート分析をどれだけ丁寧にできるかだと思いますので、ぜひ、ゆっくり時間をかけてチャートを見てみてください。

それでは、良い休日をお過ごしください。今日はこの辺で。

fx-chart-analysis-20200118usdchf-4h3
最新情報をチェックしよう!