fx-chart-analysis-20200112audusd-4h2

2020.01.12【AUDUSD】FXチャート分析。ブレイクアウトの第2波を狙ったトレード戦略。

profile
おはようございます。五十嵐です。

さて、久しぶりにAUDUSD(豪ドル/米ドル)のチャート分析です。

最近大きく豪ドルが売られ、相対的に豪ドルが他の通貨に比べ弱かったのですが、先週あたりから反発を見せています。

AUDUSDのチャートから、今朝は次のようなトレード戦略を立てました。

fx-chart-analysis-20200112audusd-4h2
AUDUSD4時間足

それでは、さっそくこのトレード戦略の相場背景や考えた方について、詳しく解説していきます。

AUDUSD(豪ドル/米ドル)

本日のチャート分析の流れ

■ 2020.01.12【AUDUSD】のFXチャート分析
・月足
・週足
・日足
・4時間足


■ トレード戦略
・戦略①(ロング戦略)
・戦略②(ショート戦略)

■ 今後の見通し

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

『FXチャート分析』について【注意事項とよくある質問まとめ】

では、早速チャートを見ていきましょう。

2020.01.12【AUDUSD】FXチャート分析

月足

まずは月足から見ていきましょう。

fx-chart-analysis-20200112audusd-month
AUDUSD月足

月足で目立つ価格としては、上から

  • 0.805
  • 0.768
  • 0.7377
  • 0.704
  • 0.67

があります。まずはここに水平線を引きましょう。

トレンドは下降トレンドですね。ただ、0.67の安値を付けて以降、揉み合いを続けています。

また、その後レンジ上限に達し、ボリンジャーバンドのミドルライン(20MA)にタッチして再度下に落とされています。

ミドルバンド(20MA)は、下向き。バンドの先端は収縮しています。直近の揉み合いを反映した形状となっています。

現在値は、ミドルバンドと-1σの間にありますね。

  • トレンドは下降トレンド
  • 0.67の安値を付け、それ以後もみ合い

週足

次は週足です。

fx-chart-analysis-20200112audusd-week
AUDUSD週足

週足で目立つ価格としては、

  • 0.6865

がありますね。

トレンドは下降トレンドではあるものの、昨年の秋以降レンジとなっています。0.67~0.704の間で推移しています。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は、やや上向き。直近の足がミドルバンドにタッチした後に上昇。下ヒゲを付けていますね。

ボリンジャーバンドの先端はやや収縮気味。現在値は、ミドルバンドと+1σの間のあたりです。

  • トレンドは下降トレンド中のレンジ
  • 0.67~0.704の間でもみ合っている

日足

次に日足です。

fx-chart-analysis-20200112audusd-day
AUDUSD日足

日足チャートを見ると、

  • 0.693
  • 0.68
  • 0.675

この3つの価格に新たに水平線を引くことができます。

日足を見ると、一応上昇トレンドとなっています。ただ、直近の下げが強く、上昇トレンドの基準安値まで落ちてきています。グイグイと上げるようなチャートにはなっていません。

ボリンジャーバンドのミドルバンドは、やや上向き。バンドの先端は横向きで、直近の下げを反映した形状となっています。

現在値は-1σとミドルバンドの間にあります。

  • 日足は一応上昇トレンド
  • 上昇トレンドの基準安値で反発
  • 現在、日足のミドル(20MA)に接近中

以上、月足、週足、日足から全体的な相場環境を把握してきました。4時間足で具体的なトレードシナリオを検討していきます。

4時間足

こちらが4時間足です。

fx-chart-analysis-20200112audusd-4h
AUDUSD4時間足

4時間足では、現在、0.693に向かって上昇中です。4時間足を見ますと、

  • 0.693
  • 0.685

この2本の水平線でのシナリオが考えられますね。

ただ、0.693~0.685のレンジ内は、上位足から戦略が立てづらいなと感じます。そこで、次の2つのシナリオについて絞って考えてみます。

  • 0.693を上に抜けるシナリオ
  • 0.685を下に抜けるシナリオ

この2つのシナリオからトレード戦略を考えていきます。

トレード戦略

fx-chart-analysis-20200112audusd-4h2
AUDUSD4時間足

戦略①(ロング戦略)

【戦略】:0.693を上抜けからの押し目買い

【戦略の優位性】:
①日足上昇トレンド
②0.693サポートライン
③日足20MA&200EMA上抜け


【エントリー】:0.693を上抜けた後の押し目買い

【ストップ】:日足20MA&200EMAの少し下

【ターゲット】:0.704手前

まずは、ロングの戦略です。

0.693をブレイクアウト後の押し目買いの戦略です。0.693のレジスタンスラインを上抜けると、一段目線が上がりますので、その押し目を拾っていきます。

ストップは、ちょうど日足20MA&200EMAが重なっていますので、これがサポートになると考え、この少し下に置きます。

ターゲットは、直近高値の0.704とします。

戦略②(ショート戦略)

【戦略】:0.685下抜けからの戻り売り

【戦略の優位性】:
①月足・週足下降トレンド
②0.685下抜け


【エントリー】:0.685ブレイクアウト後戻り売り

【ストップ】:0.685の少し上

【ターゲット】:0.67

次にショートの戦略です。

0.685のサポートラインを下抜けた場合、相場の目線は下方向になりますので、戻り売りを狙っていきます。

具体的なエントリーとしては、0.685を下にブレイクアウトしたら戻ったところをショートで狙っていきます。ただ、注意してもらいたいのが、直下に週足の20MAがあることです。

ですから、20MAも下抜けてからのエントリーを検討し、それが難しいようなら、反発の可能性が高いため、エントリーの見送りも視野に入れます。

ストップは、0.685の少し上。ターゲットは、レンジ下限でもある0.67を目指します。

今後の見通し

さて、ここまでAUDUSDのチャート分析をしてきました。

メインシナリオは、0.693の上へのブレイクアウトです。週明け、0.693を上抜けることができるか注視していきたいと思います。

  • 0.693を上に抜けたら押し目買い。0.685を下に抜けたら戻り売りを狙う。ただし、0.685の直下には週足20MAがあるので要注意。

以上、今日のチャートの分析&今後の見通しでした。今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

さて、今日は日曜日ですね。良い一日をお過ごしください。

fx-chart-analysis-20200112audusd-4h2
最新情報をチェックしよう!