fx-chart-analysis-20200102usdchf-4h

2020.01.02【USDCHF】FXチャート分析。ドル売り継続なるか?長期足トレンドに乗るトレンドフォロー戦略。

profile
おはようございます。五十嵐です。

さて、USDCHFについて、先日次のような投稿をしました。

結論から言いますと、長期足トレンドラインの反発を狙ってロングしたのですが、あえなく損切りとなりました。

反発すると見てロングしたのですが、反発せず落ちていきました。これにより新たな流れができそうですので、今回はUSDCHFの次のトレード戦略&今後の見通しについて考えていきます。

USDCHF(ドルスイスフラン)

本日のチャート分析の流れ

■ 2020.01.02【USDCHF】のFXチャート分析
・週足チャート分析
・日足チャート分析
・4時間足チャート分析

■ トレード戦略
・戦略①(ロング戦略)
・戦略②(ショート戦略)

■ 今後の見通し

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

『FXチャート分析』について【注意事項とよくある質問まとめ】

では、早速チャートを見ていきましょう。

2020.01.02【USDCHF】FXチャート分析

まずは週足から見ていきましょう。

週足

fx-chart-analysis-20200102usdchf-week
USDCHF週足(長期で見た場合)
fx-chart-analysis-20200102usdchf-week2
USDCHF週足

週足で目立つ価格としては、上から

  • 1.03
  • 1.00
  • 0.97
  • 0.955
  • 0.944

があります。まずはここに水平線を引きましょう。

週足チャートを見る限り、明確なトレンドは出ていません。レンジとなっています。直近で0.97~1.00のレンジを推移しています。

注目すべきは丸で囲んだ部分。斜めのトレンドライン(下値支持線)とレンジ下限0.97を明確に下に割ってきていますよね。

これにより、市場の目線は下になります。ですから、ここからはショートが基本戦略となります。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は、やや下向き。ボリンジャーバンドは、平行に推移していましたが、今回の下落によりやや広がっていて、ボラティリティの拡大を示唆しています。

  • トレンドはレンジ
  • トレンドライン(下値支持線)&0.97ラウンドナンバーを下に割った

日足

次に日足です。

fx-chart-analysis-20200102usdchf-day
USDCHF日足

日足チャートを見ると、

  • 0.985
  • 0.98

この2つの価格にも水平線を引くことができます。

トレンドは明確な下降トレンド。高値、安値ともに切り下げています。

ローソク足をよく見ると、一本一本が長いですよね。短時間で大きく下げているのがわかります。

ボリンジャーバンドのミドルバンドは、下向き。日足20MA&週足200EMAがクロスしたあたりから大きく下げました。

現在値は、ボリンジャーバンド-3σタッチで上に戻しているというところ。下ヒゲを付けながら、-2σと-3σの間にあります。

  • 日足は強い下降トレンド
  • 大きく下げて明確に週足トレンドライン&0.97ブレイクアウト
  • ボリンジャーバンド-3σタッチで戻しているが、いまだ0.97の下

以上、週足、日足から全体的な相場環境を把握してきました。4時間足でさらに詳しく見ていきましょう。

4時間足

fx-chart-analysis-20200102usdchf-4h2
USDCHF4時間足

4時間足ではこのようなチャートになっています。

4時間足で見ると、戻しという戻しが見られません。急激に下げていますよね。

ここからは、上と下の2つのシナリオが考えられます。

  • 上に戻されるシナリオ(週足トレンドラインの上に復帰)
  • 更に下に行くシナリオ(0.97付近で下に戻される)

では、これら2つのシナリオをもとにトレード戦略を考えていきましょう。

トレード戦略

fx-chart-analysis-20200102usdchf-4h
USDCHF4時間足

戦略①(ロング戦略)

【戦略】:週足トレンドライン復帰からの押し目買い

【戦略の優位性】:
①週足トレンドライン復帰
②0.97レジスタンスライン上抜け

【エントリー】:週足トレンドライン突破から押し目買いを狙う。

【ストップ】:押し目を付けた安値の少し下

【ターゲット】:0.98手前

まずは、ロングの戦略です。

週足トレンドライン&0.97の下抜けがダマシで終わった場合のロング戦略です。週足トレンドラインを上抜けてから押しを作ったところで買いを入れます。

ストップは、0.97の下に置きたいところですが、ちょっとストップまでの幅が広くなってしまうので、押し目である安値の少し下にします。

ターゲットは、0.98付近。根拠としては、日足足20MA&4時間足200EMAが上から被さってくるように落ちてくるからです。0.98くらいで到達するのではないかという予測です。

というわけで、あまり利幅が獲れないトレードになります。

もうちょっと上を狙いたいところですが、チャートポイントが幾重にも重なっていて、あまり上を目指せないトレードになりそうです。

戦略②(ショート戦略)

【戦略】:週足トレンドライン&0.97サポートライン下抜けからの戻り売り

【戦略の優位性】:
①週足レンジ下限(0.97)下抜け
②週足トレンドライン下抜け
③日足下降トレンド


【エントリー】:0.97レジスタンスラインに引き付けてからショート

【ストップ】:0.97の少し上

【ターゲット】:0.955

次にショートの戦略です。

0.97を下抜けたことで、目線は下方向になります。この0.97を背にショートを打っていきます。

ストップは、0.97の上。ターゲットは、週足で引いた水平線0.955手前です。下は割とスカスカですから、結構値幅が獲れそうです。

今後の見通し

相場の流れに沿ったショート戦略が本線です。

ただ、直近4時間足のボリンジャーバンド-3σにタッチ後下ヒゲを付けて上に戻しています。しかも、このところの急激な下げによってショートカバーが入ってくる可能性もあります。

ですから、どういった戻りを見せるのか注目して見ていきたいですね。

  • しっかりと0.97がレジスタンスとして機能するのか
  • それとも0.97を上抜け、週足トレンドラインの上に復帰するのか

この辺を注目していきたいと思います。

  • 0.97&週足トレンドライン上抜けるようなら買いでついていく。0.97がレジスタンスとしてしっかり機能するようなら戻り売り狙う。戻し方に注目。

以上、今日のチャートの分析&今後の見通しでした。 今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

では、今日はこの辺で。

fx-chart-analysis-20200102usdchf-4h
最新情報をチェックしよう!