fx-chart-analysis-20191228eurusd-4h

2019.12.28【EURUSD】FXチャート分析。レンジ上限を突破できるか!?抵抗帯を挟んだ売りと買いの攻防。

profile
おはようございます。五十嵐です。

さて、チャートを見ますと、年末だというのにレートが大きく動いています。目立つのが、欧州通貨買い、米ドル売りです。

EURGBP、USDJPYチャートはあまり動いていませんので、相対的に欧州通貨が強く、米ドルが弱いということのようです。

EURUSDも大きく上昇していて、先日に仕掛けたロングがうまく利確できました。

というわけで、今日はEURUSDの来週のトレード戦略&今後の見通しについて解説していきたいと思います。

EURUSD(ユーロドル)

本日のチャート分析の流れ

■ 2019.12.28【EURUSD】のFXチャート分析
・週足チャート分析
・日足チャート分析
・4時間足チャート分析

■ トレード戦略
・戦略①(ロング戦略)
・戦略②(ショート戦略)

■ 今後の見通し

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

>>初めてご覧になる方へ

では、早速チャートを見ていきましょう。

2019.12.28【EURUSD】FXチャート分析

まずは週足から見ていきましょう。

週足

fx-chart-analysis-20191228eurusd-week
EURUSD週足

週足で目立つ価格としては、上から

  • 1.14
  • 1.1165
  • 1.09

があります。まずはここに水平線を引きます。

トレンドは俯瞰して見ると、下降トレンドですよね。高値と安値をともに切り下げています。ただ、今年9月末の1.09を付けた後は反転し、現在はレンジとなっています。

1.1165を明確に上抜けてくるようだと、上昇トレンドになります。今週の足を見ると、まさに1.1165のあたりにあります。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は、ほぼ横向き。ボリンジャーバンドの先端はやや収縮しています。

ボリンジャーバンドの形状は完全にレンジを示しています。現在値は、ミドルバンドの+2σにタッチというところ。

ちなみにボリンジャーバンドが横向きの寸胴型の場合、±2σの往復運動をする傾向にありますから、ここから反落する可能性がありますね。

  • 週足のトレンドはレンジ
  • 1.1165レジスタンスを抜けるかどうかの瀬戸際にいる
  • ボリンジャーバンドの+2σにタッチしている

日足

次に日足です。

fx-chart-analysis-20191228eurusd-day
EURUSD日足

日足チャートを見ると、

  • 1.1075
  • 1.1
  • 1.095

この3つの価格にも水平線を引くことができますので、ここにも引いてみます。

日足のトレンドはレンジですね。現在のところ1.1~1.1165のレンジを上下しています。

そして、注目すべきは直近の足です。長大陽線で1.1165のレジスタンスラインを上に抜けたかというところ。

このローソク足の長さは、直近にはなかった長さです。強い買い圧力があったことがわかります。

ミドルバンドは上向き。バンドの先端は上向きの寸胴型。直近の陽線によるボラティリティの高まりを反映した形状となっています。

現在値は、

  • ミドルバンドの+2σ
  • 1.1165レジスタンスライン
  • 日足200EMA

これらを実体ベースで上抜けようとしています。

  • 日足はレンジ
  • 直近にはあまりない長大陽線が示現
  • レジスタンスを実体ベースで上抜けようとしている

以上、週足、日足から全体的な相場環境を把握してきました。4時間足でさらに詳しく見ていきましょう。

4時間足

fx-chart-analysis-20191228eurusd-4h2
EURUSD4時間足

4時間足ではこのようなチャートになっています。

昨日、一日で大きく上昇しましたね。直近高値付近の1.119付近で調整して市場が終了しました。

1.1165~1.1185のを一つの抵抗帯と見なすことができそうです。この抵抗帯をを境として相場の目線が切り替わる可能性があります。

ですから、来週のトレード戦略としては、

  • 1.1185を上に抜けたら押し目買い
  • 1.1165を下に受けたら戻り売り

この2つの戦略を持って相場を見ていきたいと考えています。

トレード戦略

fx-chart-analysis-20191228eurusd-4h
EURUSD4時間足

戦略①(ロング戦略)

【戦略】:1.1185レジスタンスライン上抜けからの押し目買い

【戦略の優位性】:
①日足上昇トレンド
②1.1185(直近高値)ブレイクアウト


【エントリー】:1.1185を上抜けた後の押し目買い

【ストップ】:1.1165の少し下

【ターゲット】:1.14

まずは、ロングの戦略です。

1.1185レジスタンスラインを上にブレイクアウトしたら押し目買いを狙っていきます。

ストップは、抵抗帯の下限である1.1165の少し下。ターゲットは、週足のレジスタンスライン1.14を狙います。

現在週足のボリンジャーバンドの+2σにタッチしたところ。これをきっかけに下に戻す可能性がありますので、この戦略はその点注意が必要です。

戦略②(ショート戦略)

【戦略】:1.1165サポートライン下抜けからの戻り売り

【戦略の優位性】:
①週足・日足レンジ上限
②週足ボリンジャーバンド+2σタッチ
③1.1165レジスタンスライン

④日足200EMA下抜け


【エントリー】:1.1165の下に潜ってきてからの戻り売り

【ストップ】:1.1185の少し上

【ターゲット】:1.111付近

次にショートの戦略です。

1.1165の下に潜ってきた場合、相場の目線は下になりますので、戻り売りを狙っていきます。

ストップは、1.1185の少し上。ターゲットは、1.111手前を狙います。

この1.111の根拠は、日足の20MAです。これが意識されて反発する可能性があるのでその手前では利食いを入れたいですね。

ショート戦略の方が本線ですね。週足、日足を見るとショートを打ちたいチャートになっています。

今後の見通し

来週は、1.1165~1.1185この抵抗帯を上に抜けるのか、下に抜けるのか注目です。

ただ、年末ということもあり、ボラティリティがどれくらい出るのかは不明です。

あまりボラティリティが低いようですと、トレードしない方がいいですから、ローソク足の長さも見つつ、チャンスを狙っていきたいと思います。

  • 1.1185を上に抜けたら押し目買い。1.1165を下に抜けたら戻り売りを狙っていく。ただ、年末なのでボラティリティには注意。

以上、EURUSDの来週のトレード戦略&今後の見通しでした。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。今日から年末休みの方も多いかもしれませんね。良い休日をお過ごしください。

それでは今日はこの辺で。

fx-chart-analysis-20191228eurusd-4h
最新情報をチェックしよう!