fx-chart-analysis-20191227eurjpy-4h2

2019.12.27【EURJPY】FXチャート分析。ブレイクアウトを根拠にロング!長期足の調整を狙った短期足逆張り戦略。

profile
おはようございます。五十嵐です。

さて、クリスマス休暇が明けてのチャート分析。一通りチャート分析を終えましたが、案外相場が動いていました。

特に、ユーロが買われていて、現在、EURJPYをロングしています。今日はこのEURJPYロングの根拠&トレード戦略について解説していきます。

EURJPY(ユーロ円)

本日のチャート分析の流れ

■ 2019.12.27【EURJPY】のFXチャート分析
・週足チャート分析
・日足チャート分析
・4時間足チャート分析

■ トレード戦略
・ロング戦略

■ 今後の見通し

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

>>初めてご覧になる方へ

では、早速チャートを見ていきましょう。

2019.12.27【EURJPY】FXチャート分析

まずは週足から見ていきましょう。

週足

fx-chart-analysis-20191227eurjpy-week
EURJPY週足

週足で目立つ価格としては、上から

  • 123.5円
  • 121.5円
  • 120円

があります。まずはここに水平線を引きましょう。

今年9月まで下降トレンドを続けていましたが、そこから反転上昇。現在は121.5円付近まで戻してます。

下降トレンドの基準価格は123.5円となっていますし、下降トレンドに対する斜めのトレンドラインもあります。これらを明確に上に抜けてくるようなら、上昇トレンドへの転換と見ることができます。

つまり、今はまだ「下降トレンド中の戻し」ということです。

先週と先々週のローソク足を見ると、長い上髭が出ています。

  • 121.5円レジスタンスライン
  • 週足トレンドライン
  • ボリンジャーバンド+2σ

が意識されていることがわかりますね。現在は、反発を経て再度121.5円レジスタンスラインを抜けようとしている状況です。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は、やや上向き。ボリンジャーバンドの先端は開き気味です。現在値は、+1σと+2σの間にありますね。

  • トレンドはまだ下降トレンド
  • ただ、直近大きく戻している
  • 122.5円付近ではトレンドライン等が意識されている

日足

次に日足です。

fx-chart-analysis-20191227eurjpy-day
EURJPY日足

日足チャートを見ると、

  • 123円
  • 122.25円

この2つの価格にも水平線を引くことができます。

日足では、上昇トレンドに転換しています。ただ、大きく上昇するというわけではなく、押しを作りながらもじわじわ上に上げているという印象です。

先週、

  • 121.5円
  • 日足200EMA

これらを上に抜けましたが、週足で引いたトレンドライン(122.5付近)で大きく戻されました。

その後、日足20MAで反発。昨日121.5円を再度長いローソク足でブレイクアウトしたという状況です。

ボリンジャーバンドのミドルバンドは、上向き。バンドの先端は上向きの寸胴。上昇トレンド巡航の状況を表しています。

現在値は、ボリンジャーバンドの+1付近にあります。

  • 日足は上昇トレンド
  • 一気に買い上げられている印象ではない
  • 122.5付近は抵抗帯として機能しそう

以上、週足、日足から全体的な相場環境を把握してきました。4時間足でさらに詳しく見ていきましょう。

4時間足

fx-chart-analysis-20191227eurjpy-4h
EURJPY4時間足

4時間足ではこのようなチャートになっています。

昨日、121.5円を再度ブレイクアウトしました。自分なりのロングの根拠が揃ったのでロングしました。

ロングの戦略は以下のとおりです。

トレード戦略

fx-chart-analysis-20191227eurjpy-4h2

ロング戦略

【戦略】:121.5円レジスタンスラインブレイクからのロング

【戦略の優位性】:
①日足上昇トレンド
②121.5円レジスタンスラインブレイク
③日足20MA反発
④4時間足トレンドラインブレイク


【エントリー】:
①ブレイク直後(打診買い)
②121.5円付近(押し目買い)


【ストップ】:121.5円の少し下

【ターゲット】:122.25円手前

121.5円のレジスタンスラインを上にブレイクアウトしたため、ロングでついていきます。

現在、ブレイクアウト直後に打診買いしており、押しを作って再上昇するタイミングで増し玉しようと考えています。

ストップは、ブレイクラインである121.5円の少し下。ターゲットは、122.25円手前ですね。

122.5円付近では上値が重くなるでしょうから、そこ辺では利食いを入れたいところです。

今後の見通し

現在、ブレイクアウトを根拠にロングしていますが、このブレイクアウトがダマシで終わる可能性はもちろんあります。

そもそも週足という大きな流れではまだ下降トレンドですから、その調整の一部を取りに行く、流れに逆らったトレードなのです。

仮に日足の20MAを下に割るようでしたら、今度は下目線に移ります。そうなったら、素直に下を狙う戦略に切り替えていきたいと考えています。

  • ブレイクアウトを根拠にロング。押しを作って再上昇のタイミングで増し玉を入れる。このまま上に伸びていくか注目。

以上、今日のチャートの分析&今後の見通しでした。最後までお読みいただきありがとうございます。

さて、今日は12月27日。仕事納めという方も多いのではないでしょうか?

一年間お疲れ様でした。

それでは、今日もがんばっていきましょう!

fx-chart-analysis-20191227eurjpy-4h2
最新情報をチェックしよう!