fx-chart-analysis-20191224eurusd-4h2

2019.12.24【EURUSD】FXチャート分析。チャートポイントの重合点を活用したレンジ戦略。

おはようございます。五十嵐です。

EURUSDがチャートポイントの重なった部分を抜けて面白い状況となっています。今日はEURUSDのトレード戦略&今後の見通しについて解説していきます。

本日のチャート分析の流れ

■ 2019.12.24【EURUSD】のFXチャート分析
・週足チャート分析
・日足チャート分析
・4時間足チャート分析

■ トレード戦略
・ロング戦略

■ 今後の見通し

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

>>初めてご覧になる方へ

では、早速チャートを見ていきましょう。

2019.12.24【EURUSD】FXチャート分析

まずは週足から見ていきましょう。

週足

fx-chart-analysis-20191224eurusd-week
EURUSD週足

週足で目立つ価格としては、上から

  • 1.14
  • 1.1165
  • 1.09

があります。

まずはここに水平ラインを引いてみましょう。

チャートを俯瞰して見ると、下降トレンドですが、現在はレンジですね。1.09の安値を付けた後に戻しましたが、1.1165がレジスタンスラインとして機能し、上値を抑えられています。

直近でも長い上ヒゲが示現していますので、この1.1165のレジスタンスラインは強力に機能していることがわかります。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は、やや下向き。ボリンジャーバンドの先端は収縮気味です。ボラティリティが低下しています。

現在値は、ミドルバンドと+1σの間です。

  • 大きな下落トレンドの中のレンジ局面。
  • 1.09-1.1165の間で推移している。
  • 1.1165は強力なレジスタンスラインとして機能している。

日足

次に日足です。

fx-chart-analysis-20191224eurusd-day
EURUSD日足

■水平ライン

日足チャートを見ると、

  • 1.1075
  • 1.1
  • 1.095

この3つの価格にも水平ラインを引くことができます。

日足を見てもレンジですね。明確な方向性が見えません。注目してもらいたいのが、1.1165のレジスタンスライン。

直近のローソク足で、このラインに日足の200EMAに反応して長い上ヒゲを付けています。結果論ですが、ここは絶好の売りポイントとなっていました。

直近の足は陽線で反発していますが、

  • 週足20MA
  • 日足20MA
  • 1.1075サポートライン

これらチャートポイントの重合点が反発の原因と考えられます。やはりこれだけチャートポイントが重なると、かなり意識されるのでしょう。

ボリンジャーバンドのミドルバンドは、上向き。バンドの先端は収縮気味で、ボラティリティの低下を示唆しています。

現在値はミドルバンドの少し上のあたりです。

  • 日足はレンジ。明確な方向性が見えない。
  • 直近でチャートポイントの重合点で反発上昇した。

以上、週足、日足から全体的な相場環境を把握してきました。4時間足でさらに詳しく見ていきましょう。

4時間足

fx-chart-analysis-20191224eurusd-4h
EURUSD4時間足

4時間足ではこのようなチャートになっています。

チャートポイントの重合点で反発上昇したのがよくわかりますね。以上のことから、次のようなトレード戦略を立て、現在ロングしています。

トレード戦略

fx-chart-analysis-20191224eurusd-4h2
EURUSD4時間足

ロング戦略

【戦略】:レンジ下限からのロング

【戦略の優位性】:
①1.1075サポートライン
②週足20MA反発
③日足20MA上抜け
④4h足200EMA上抜け

【エントリー】:チャートポイントの重合点を抜けた足の次足でロング

【ストップ】:1.106付近

【ターゲット】:1.115付近

週足、日足ともにレンジで方向感のない相場環境の中で、レンジ下限からのロングを仕掛けていくトレードです。

そのロングの根拠として、サポートライン&各種移動平均線抜けを使いました。ストップは、サポートラインの下かつ直近安値の少し下の1.106付近。

ターゲットは、強力なレジスタンスラインとして機能している1.1165の下である1.115付近を狙います。

今後の見通し

今日、明日はクリスマスですから、相場はあまり動かないかもしれません。

仮に、想定とは逆に下に潜ってくるようでしたら、次はレンジ上限からのショートに頭を切り替えます。これだけのチャートポイントが重なっているのであれば、強力なレジスタンスになるでしょうから。

  • チャートポイントの重合点を根拠にレンジ下限からのロング。レンジ上限を目指す。

以上、今日のチャートの分析&今後の見通しでした。

今日も最後までご覧いただきありがとうございます。

それでは、良いクリスマスを!

fx-chart-analysis-20191224eurusd-4h2
最新情報をチェックしよう!