fx-chart-analysis-20191213eurgbp-4h

2019.12.13【EURGBP】FXチャート分析。チャートポイントの重合点に到達!抜けるか反発するか、2つのトレード戦略。

おはようございます。五十嵐です。

昨日、英総選挙が終わり、今日の昼以降に大勢が決すると見られています。そんな中、現在ポンドの調整売りとなっています。

EURGBPチャートを見てみると、ちょうどチャートポイントが重なったポイントに差し掛かっていて、テクニカル的にも面白い状況になっています。

選挙の結果次第では、また相場が大きく動くと思われますので、テクニカルの側面からEURGBPのトレード戦略&今後の見通しについて解説していきたいと思います。

本日のチャート分析の流れ

■ 2019.12.13【EURGBP】のFXチャート分析
・週足チャート分析
・日足チャート分析
・4時間足チャート分析

■ トレード戦略
・戦略①(ロング戦略)
・戦略②(ショート戦略)

■ 今後の見通し

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

>>初めてご覧になる方へ

では、早速チャートを見ていきましょう。

2019.12.13【EURGBP】FXチャート分析

まずは週足から見ていきましょう。

週足

fx-chart-analysis-20191213eurgbp-week
EURGBP週足

週足で目立つ価格としては、上から

  • 0.93
  • 0.905
  • 0.866
  • 0.85
  • 0.837

があります。

まずはここに水平ラインを引きましょう。

トレンドは、完全なる下降トレンドです。戻しという戻しを付けずに下げていますね。

また、このトレンドに対して、上値抵抗線(トレンドライン)を引くことができます。現在もこのトレンドラインが機能しているようです。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は下向き。ボリンジャーバンドの先端も拡大していて、ボラティリティが高まっているのがわかります。

現在値はボリンジャーバンドの+1σと+2σの間。ミドルバンドを下抜けてからは、ずっと-1σに上値を抑えられるように下降しています。

  • トレンドは完全なる下降トレンド
  • 戻しという戻しがないまま下落している
  • トレンドライン(上値抵抗線)が機能している

日足

次に日足です。

fx-chart-analysis-20191213eurgbp-day
EURGBP日足

日足を見ると、0.8587にも水平ラインを引くことができるようです。

日足を見ても、下降トレンドですね。こちらも戻しという戻しもなく、ジリジリ下がり、たまにドーンと落ちるように下落しています。

注目してもらいたいのが、黄色のエリア。

  1. 週足トレンドライン
  2. 0.85水平ライン
  3. 日足20MA

これらチャートポイントが重なったの重合点で、直近の足が上ヒゲを付けています。この重合エリアが相場から意識されていることがわかりますね。

  • 日足でも強い下降トレンド
  • チャートポイントの重合エリアが意識されている

以上、週足、日足から全体的な相場環境を把握してきました。

4時間足でさらに詳しく見ていきましょう。

4時間足

fx-chart-analysis-20191213eurgbp-4h
EURGBP4時間足

4時間足で見ると、このような状況です。

直近の足を見ると、0.85にタッチして大きく下げているのがわかります。前述したチャートポイントの重合エリアですので、かなり意識されているようですね。

この重合エリアを抜けるのか抜けないかで、以下の2つのトレード戦略を考えてみました。

トレード戦略

戦略①(ロング戦略)

【戦略】:チャートポイント重合エリア上抜けからの押し目買い

【戦略の優位性】:
①週足トレンドライン上抜け
②日足20MA上抜け
③0.85レジスタンスライン上抜け


【エントリー】:0.85ブレイクアウト後、押し目買い

【ストップ】:0.85の少し下

【ターゲット】:0.8587

まずは、ロングの戦略です。

チャートポイント重合エリアを上抜けた場合の押し目買い戦略です。

0.85のレジスタンスラインを上抜けたら、その押し目を拾います。できるだけ、0.85に引きつけてロングをしたいですね。

ストップは、ブレイクラインである0.85の少し下となります。ターゲットは、日足の水平ライン0.8587付近です。

戦略②(ショート戦略)

【戦略】: チャートポイント重合エリア反発からの戻り売り

【戦略の優位性】:
①週足・日足下降トレンド
②週足トレンドライン反発
③日足20MA反発

④0.85レジスタンスライン反発


【エントリー】:0.84555下抜けからの戻り売り

【ストップ】:0.84555の少し上

【ターゲット】:0.837手前

次にショートの戦略です。

重合エリアから下に落とされた場合の戻り売り戦略です。

具体的なエントリーとしては、4時間足ベースで引いた水平ライン「0.84555」を下へブレイクアウトしたら、戻りを待ってショートです。

ストップは、エントリーの根拠となる0.84555の少し上。ターゲットは、週足で引いた0.837の手前がいいと思います。

チャート分析している現在、0.84555を下抜けていますので、戻りを待ってエントリーします。

今後の見通し

以上、2つの戦略を立てましたが、ショート戦略の方がわかりやすくていいですね。

いずれ、英総選挙の結果で大きく動く一日となりそうです。

今回のチャート分析とは別に、長期的な視点で相場を見てみると、ファンダメンタル&テクニカルともに「ポンド買いはそうは続かないのでは?」と考えています。

いずれ大きな戻りを試す時が来ると思いますので、その時までチャートポイントを押さえながら、注視していきたいですね。

とりあえずは、目先、チャート分析で立てた戦略をただ実行していきます。

  • チャートポイントの重合エリアに到達。上に抜けるか、それとも下へ戻されるのか注視。想定どおりの動きとなったらエントリーしていく。

以上、今日のチャートの分析&今後の見通しでした。

何かしらトレードの参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!今日もがんばっていきましょう!

fx-chart-analysis-20191213eurgbp-4h
最新情報をチェックしよう!