fx-chart-analysis-20191211eurusd-4h2

2019.12.11【EURUSD】FXチャート分析。下へのブレイクは失敗?!再度上を狙うロング戦略。

おはようございます。五十嵐です。

さて、今週に入ってからEURUSD(ユーロドル)が上昇。

先週は、ロングで入ったもののあえなく損切りとなり、ちょっと振り回されている感はありますが、今日は再度この上昇に対してのトレード戦略を考えていきたいと思います。

本日のチャート分析の流れ

■ 2019.12.11【EURUSD】のFXチャート分析
・週足チャート分析
・日足チャート分析
・4時間足チャート分析

■ トレード戦略
・戦略(ロング戦略)

■ 今後の見通し

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

>>初めてご覧になる方へ

では、早速チャートを見ていきましょう。

2019.12.11【EURUSD】FXチャート分析

まずは週足から見ていきましょう。

週足

fx-chart-analysis-20191211eurusd-week
EURUSD週足

週足で目立つ価格としては、次のような価格があります。

  • 1.14
  • 1.1165
  • 1.09

まずは、ここに水平ラインを引きましょう。

トレンドは、チャート上に示している「最安値を更新した高値」を上回っていますので、レンジと判断します。

下降トレンド中は、上値を抑えていたトレンドラインを引くことができましたが、最近ではこのラインも上抜けることが多くなり、今週の足では完全に上抜けていますね。

下げの圧力が弱まってきていて、上に戻してきている状況です。

20期間移動平均線は、未だにやや下向き。ボリンジャーバンドは収縮していて、ボラティリティが低下しているのがわかります。

現在値は、ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)を上抜け、ミドルバンドと+1σの間に位置しています。

  • 下降トレンドからのレンジへ移行した
  • 下への圧力が徐々に弱まってきている
  • トレンドラインを上抜けた

日足

次に日足です。

fx-chart-analysis-20191211eurusd-day
EURUSD日足

日足チャートを見ると、次の3つの価格にも水平ラインを引くことができます。

  • 1.1075
  • 1.1
  • 1.095

トレンドは、完全なるレンジですね。

それぞれの水平ラインが、サポートライン、レジスタンスラインの機能を果たしながら、きれいな秩序を保っています。

ボラティリティはあるのですが、大きな方向性は見えないですね。

日足を見ても、週足で引いた下方向のトレンドラインがここ最近ではあまり機能していないように見えます。

上抜けることも多く、直近の足では実体ベースで上に抜けています。

20期間移動平均線はやや上向き。この移動平均線が価格を下支えしているようにも見えますね。

現在値はボリンジャーバンドの+1σと+2σの間に位置しています。

  • 日足はレンジ
  • 週足トレンドラインが機能しなくなっていて上昇の兆しが見える

以上、週足、日足から全体的な相場環境を把握してきました。4時間足でさらに詳しく見ていきましょう。

4時間足

次のチャートが先週に立てたトレード戦略です。

fx-chart-analysis-20191211eurusd-4h
EURUSD4時間足(先週のトレード戦略)

先週、ロング戦略でロングした後、損切りとなりました。

その後、下に抜けたのでショートを狙っていたのですが、4時間足の200EMAが機能していて、思うようにタイミングが取れず、ショートが打てませんでした。

そう言っているうちに今週上昇してきて、やっぱりロングかという状況です。

トレード戦略

fx-chart-analysis-20191211eurusd-4h2
EURUSD4時間足

戦略(ロング戦略)

【戦略】:1.1075レジスタンスライン上抜けからの押し目買い

【戦略の優位性】:
①週足トレンドライン上抜け
②週足MA20上抜け
③1.1075レジスタンスライン上抜け

④下へのブレイクの失敗

【エントリー】:押し目買い

【ストップ】:1.1075の少し下

【ターゲット】:1.1165手前

下へのブレイクが失敗に終わりましたので、ロング戦略です。

現在、ブレイクアウト後の押しを待っている状況です。押しを作ってから再度上昇するタイミングでロングを狙います。

ストップは、ブレイクラインである1.1075の少し下。ターゲットは、週足レジスタンスライン&日足200EMAの1.1165の手前がいいと思います。

今後の見通し

現在、押しを待っていますが、このまま押しを作らず上に伸びていく可能性も十分あります。まあ、そうなればしょうがないですね。

リスクリワードは確保できますから、このまま飛び乗るのもありだと思いますが、個人的には押しを待ちたいと考えています。

  • 下へのブレイクが失敗に終わったので、ロング戦略。押しを待ってからロングしていく。

以上、EURUSDのチャートの分析&今後の見通しでした。

最後までお読みいただきありがとうございます!今日もがんばっていきましょう。

fx-chart-analysis-20191211eurusd-4h2
最新情報をチェックしよう!