fx-chart-analysis-20191128usdjpy-4h

2019.11.28【USDJPY】FXチャート分析。ドル円今後どうなる?2つのトレードシナリオ

おはようございます。五十嵐です。

さて、ドル円が昨日109.5円付近まで急伸しました。今日は、ドル円のトレード戦略&今後の見通しについて解説していきます。

本日のチャート分析の流れ

■ 2019.11.28【USDJPY】(ドル円)のチャート分析
 ・週足チャート分析
 ・日足チャート分析
 ・4時間足チャート分析

■ トレード戦略
 ・戦略①(ショート戦略)
 ・戦略②(ロング戦略)

■ 今後の見通し

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

>>初めてご覧になる方へ

では、早速チャートを見ていきましょう。

2019.11.28【USDJPY】FXチャート分析

まずは週足チャートを見ていきましょう。

週足

fx-chart-analysis-20191128usdjpy-week
USDJPY週足

週足で目立つ価格としては、上から

  • 114円
  • 112円
  • 110円
  • 108.5円
  • 104.5円

があります。まずはここに水平ラインを引いて、全体像を把握してみましょう。

トレンドはレンジですね。ただ、高値は徐々に切り下げてきているのがわかると思います。2015年6月を頂点にした上値抵抗線が今後も効いてきそうです。

相場を俯瞰して見ると、この上値抵抗線と104.5円の水平線でのディセンディングトライアングルを形成しているようにも見えます。

ローソク足の流れを見てみると、2019年4月に112円を達成し、その後下落。8月の最終週に104.5円の安値を付けて反発上昇。現在、109.5円付近まで戻してきているという状況です。

ボリンジャーバンドは横向きでバンドの先端はやや広がっています。ボリンジャーバンドでもレンジの状況を示しています。

現在値は、+2σと+1σの間。週足の200EMAにタッチしています。11月初旬にこの200EMAにタッチした際には一度下に落とされています。

  • トレンドはレンジ
  • 俯瞰して見ると、ディセンディングトライアングルとなっている
  • 現在、200EMAにタッチしている

日足

次に日足です。

fx-chart-analysis-20191128usdjpy-day
USDJPY日足

日足チャートを見ると、109.3円にも水平ラインを引くことができるようですので、ここにも引きます。

日足だけを見ると、上昇トレンドですね。急激に上昇するわけではなく、ゆっくりと高値と安値を切り上げています。

昨日の上昇で直近高値の109.3のレジスタンスラインを抜けてきました。ただ、直上には週足トレンドライン&110円のレジスタンスラインがあって気になる所です。

ボリンジャーバンドのミドルバンドはやや上向き。バンド先端もやや上向きでボラティリティがこれから上昇するかという所です。

現在値は、ボリンジャーバンドの+2σにタッチ。今後、この+2σを押し広げながら上昇するのか、それともここでバンドに負けて落ちるかですね。バンドが横向きで+2σの初回のタッチでは落とされる可能性は十分にあるかと思います。

  • 日足では上昇トレンド
  • 直上には、週足トレンドライン&110円レジスタンスラインがある

以上のことから、今後上昇を続けた場合にチャートポイントである110円で落とされるのか、それともそのまま上昇していくのか、2つの戦略が考えられます。

4時間足

ちなみに4時間足では、このようなチャートになっています。

fx-chart-analysis-20191128usdjpy-4h
USDJPY4時間足

トレード戦略

2つの戦略について、詳しくみていきましょう。

戦略①(ショート戦略)

【戦略】:110円レジスタンスライン反発からのショート

【戦略の優位性】:

①110円レジスタンスライン
②週足トレンドライン上限付近
③週足+2σ

【エントリー】:110円到達後反落し、一度戻った所を売っていきます。

【ストップ】:110.2円付近

【ターゲット】:109.3円

まずは、ショートプランです。

110円のレジスタンスライン&週足のトレンドライン付近で下に落とされるだろうというのが、このトレードアイデアです。

エントリーは、110円到達し、一度落ちて、戻したところを売っていきます。一回目のタッチでは売らず、一度戻した後に再度落ちるタイミングを狙っていきたいと思います。

というのも、直近の流れではどうしても上昇していますから、そのまま110円をスッと抜けていく可能性もあるので、度落ちることをしっかりと確認したいからです。

ストップは、エントリーの根拠がなくなる110.2円付近がいいでしょう。ターゲットは、109.3円がいいと思います。

戦略②(ロング戦略)

【戦略】:110円レジスタンスライン&週足トレンドライン突破からのロング

【戦略の優位性】:

①110円レジスタンスライン突破
②週足トレンドライン突破

【エントリー】:110円レジスタンスライン&週足トレンドライン突破してからの押し目買い。

【ストップ】:110円より少し下

【ターゲット】:112円

110円のレジスタンスライン&週足トレンドラインを抜けると、一気に上目線になります。

ブレイクアウトの瞬間は狙わず、その後に押し目を作って再度上昇するタイミングでロングしていきます。

ストップは、エントリー根拠を失う110円よりも少し下になるでしょう。ターゲットは、次のチャートポイントである112円を目指します。

今後の見通し

今後、このまま上昇を続けた場合、110円のラインの攻防に注目ですね。

日足の200EMAにタッチしているので、一度下げる可能性もあると思っていて、109.3円の下に潜ってくるようだったら、一度戦略の練り直しが必要になります。

  • 110円のレジスタンスラインの攻防に注目。到達後、値動きの反応を見つつ、相場に素直についていく。

以上、ドル円のチャートの分析&今後の見通しです。

何かしらトレードの参考になれば幸いです。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

fx-chart-analysis-20191128usdjpy-4h
最新情報をチェックしよう!