fx-chart-analysis-20191127eurusd-4h

2019.11.27【EURUSD】FXチャート分析。1.1サポートラインブレイクからの第2波ショートエントリー解説

おはようございます。五十嵐です。

昨日、EURUSD(ユーロドル)が下落。注目のチャートポイントに迫ってきましたので、今日は EURUSD(ユーロドル) のトレード戦略&今後の見通しについて解説していきます。

本日のチャート分析の流れ

■ 2019.11.27【EURUSD】(ユーロドル)のチャート分析
 ・週足チャート分析
 ・日足チャート分析
 ・4時間足チャート分析

■ トレード戦略
 ・ショート戦略

■ 今後の見通し

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

>>初めてご覧になる方へ

では、早速チャートを見ていきましょう。

2019.11.27【EURUSD】FXチャート分析

まずは週足です。

週足

fx-chart-analysis-20191127eurusd-week
EURUSD週足

週足で目立つ価格としては、上から

  • 1.14
  • 1.12
  • 1.09

があります。まずはここに水平ラインを引きましょう。

トレンドは下降トレンドになっています。高値と安値ともに切り下げています。

2018年の2月の高値から右下がりのトレンドラインを引くことができます。この下降トレンドは、現在のところこのラインで上値を抑えられる可能性が高いということです。

10月1日に直近安値の1.09を付けた後に反発。1.12まで戻りを見せてから、週足トレンドラインの上限かつ1.12がレジスタンスラインとして機能し、下に戻されています。現在はさらに下を目指すかというところです。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)はやや下向き。バンドの先端は収縮気味でボラティリティが低下しているのがわかります。直近のローソク足も相対的に小さく見えます。

現在値は、ミドルバンド (20MA) と-1σの間にあります。

  • 週足は下降トレンド
  • トレンドラインで上値を抑えられている

日足

次に日足です。

fx-chart-analysis-20191127eurusd-day
EURUSD日足

日足チャートを見ると、

  • 1.1075
  • 1.1

にも水平ラインを引くことができます。

日足で見ると、トレンドはレンジです。

直近最安値の1.09を付けてから急上昇を見せ、上昇トレンドに転換するかと思わせて、Wトップ示現。下に戻ってきています。

印象的なのは、先週ミドルバンド(MA20)と1.1075のラインで上値を止められたことです。直近の傾向としては、下圧力が効きそうです。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は下向き。バンド先端は寸胴で、直近の下落を反映している形になっています。

現在値は、-1σ付近にあり、日足のチャートポイントである1.1に接近しています。

  • 日足ではレンジ
  • 直近下落基調
  • チャートポイントである1.1に接近している

4時間足

では、4時間足も見てみましょう。

fx-chart-analysis-20191127eurusd-week
EURUSD4時間足

4時間足ではこのような状況です。

トレード戦略としては、1.1を下抜けた後に戻り売りを狙っていきたいと考えています。

ロングは狙いません。というのも、週足と日足という大きな流れでは、どう見ても上方向ではないからです。

もちろん、日足ではレンジですから、レンジ下限から上に向かうという可能性は十分ありますが、日足及び4時間足のMA20も接近してきていて上値は限定的と見ています。

あくまでも下だけを狙っていきます。

トレード戦略

以上のことから、次のようなトレード戦略を立てました。

ショート戦略

【戦略】:1.1を抜けた後の戻り売り

【戦略の優位性】:

①週足下降トレンド
②1.1サポートライン下抜け

【エントリー】:1.1の下へブレイクアウトした後、戻り売りを狙っていきます。

【ストップ】:1.1よりも少し上

【ターゲット】:1.095付近

週足で下降トレンド、日足でも直近下落基調という大きな流れの中で、1.1のサポートラインを下抜けた流れの第2波を狙っていくトレードです。

エントリーは、1.1を下抜けた後、戻りを待ってからショートしていきます。

ストップは、戻りの形状次第にはなりますが、ブレイクラインである1.1よりも少し上に設定します。

ターゲットは、日足のチャートポイントになっている1.095付近となりますね。

今後の見通し

今後、1.1のサポートラインを下抜けるかを注目して見ていきます。

  • 1.1を下抜けるか注目。下抜けたら戻りを待ってからショートエントリー。

以上、EURUSD(ユーロドル)のチャートの分析&今後の見通しです。

何かしらトレードの参考になれば幸いです。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

fx-chart-analysis-20191127eurusd-4h
最新情報をチェックしよう!