20191108USDJPY-day

2019.11.08【USDJPY】FXチャート分析。ドル円上昇!ターゲットと今後の見通しについて解説します。

profile
おはようございます。イガラシです。

今日のチャート分析は、「USDJPY(ドル円)」です。

ドル円については、先日次のようなトレード戦略を立てていました。

2019.11.05【USDJPY】FXチャート分析。大幅下落後の反発上昇!109円を抜けた場合のトレンドフォロー戦略。

そして、このトレード戦略のシナリオどおり、現在ドル円が上昇しています。

これを受け、このドル円のターゲットや今後の見通しについて、チャートを見ながら一緒に考えていきたいと思います。

なお、初めてご覧になる方は、目的や注意事項についてまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

>>初めてご覧になる方へ

では、早速ドル円 チャートを見ていきましょう。

2019.11.08【USDJPY】FXチャート分析

まずは週足です。

20191108USDJPY-week
USDJPY週足

週足

週足で目立つ価格としては、

  • 112.0円
  • 109.0円

この2つ。とりあえずこの2つの価格にラインを引きます。

週足では、三角持ち合い後に下にブレイクしています。その後、下落することなく、週足の下降トレンドを定義する109.0円を上抜け、上昇トレンドへ転換しました。

ローソク足をよく見ると、今週の足は下ヒゲがないローソク足となっています。週初めから勢いよく上に伸びているということがわかります。

ミドルバンドは横向きからやや上向きに変わってきたところ。バンドの先端やや拡大型。ボリンジャーバンドでは、ややボラティリティ上昇の兆しが見られます。

ローソク足は、ボリンジャーバンド+2σ、200EMAにタッチしたところ。

初回のボリンジャーバンドの+2σタッチでは、一旦価格が戻されることが多い傾向にあり、今後若干落とされるのでは?というのが、このチャートを見て感じるところです。

週足チャートからわかることは、

  • 109.0円を抜け、上昇トレンドに転換した
  • ボリバン+2と200EMAにタッチで一旦反落の可能性あり

ということがわかります。

日足

次に日足です。

20191108USDJPY-day
USDJPY日足

日足チャートを見ると、110.0円ラウンドナンバーにも水平ラインを引くことができます。このラインは意識されそうです。

週足同様、109.0円を上へ抜けてきたことにより、上昇トレンドと定義することができます。

日足ではチャートのようにチャネルラインを引くことができます。現在値は、チャネルラインの中央付近です。

ローソク足の状況をよく見ると、109.0円と200EMA付近での攻防が見られます。先週と今週でこのエリアは強く意識されてきたことがわかります。

今週、200EMAにタッチし、長い下ヒゲを付けて上昇しています。

ミドルバンドは上向き。先端は収縮傾向、これは今週と先週のもみ合いを反映しています。

現在の価格は、ボリンジャーバンドの+2σを突切り、+3σに到達しようかというところです。

日足チャートを見ると、

  • 日足でも上昇トレンドに転換。
  • 109.0円と200EMAをもみ合いの末、明確に抜けてきた。

以上のことがわかります。

想定プラン

以上、ここまで週足、日足と見てきましたが、私がこのチャートから感じるのは、

  • 週足ボリンジャーバンド+2σ初回のタッチ
  • 週足200EMA
  • 日足ボリンジャーバンド+2σ突切り

これらのポイントがやはり気になるということです。

また、その上には110.0のラウンドナンバーが控えており、これから積極的に買っていくには勇気が必要です。

私は既にロングポジションを利食っており、現在ポジションを持っていません。

もし入るとすれば、次のようなトレードプランで来週以降に入りたいと思っています。

Aパターンの優位性(ロング)

  1. 週足・日足上昇トレンド
  2. 週足トレンドライン突破
  3. 週足200EMA突破

Bパターンの優位性(ショート)

  1. 109.0円サポート突破
  2. 日足チャネルライン突破
  3. 日足200EMA突破

これらの値動きとなったら、ポジションを持つことを考えることにして、とりあえず今週は静観します。

現在の執行足の状況

ちなみに今の4時間足はこのような状況です。

20191108USDJPY-4h
USDJPY4時間足

今後の見通し

チャート分析からは、上はチャートポイントがひしめいていることから、更に上値を試していくというよりは、もみあいとなるのではないかと考えています。

もちろん、上を目指す可能性もあるのですが、やはり週足ボリンジャーバンド+2σと200EMAが気になります。

いずれ、気になるチャートポイントから価格が離れ、明確な動きとなってからトレードしていきたいと思っています。

  • 上昇の勢いはあるが、上には抵抗ポイントが多し。新規ロングポジションには要注意。

以上がドル円のチャートの分析&今後の見通しです。

何かしらトレードの参考にしていただければ幸いです。今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

20191108USDJPY-day
最新情報をチェックしよう!