注目の記事 PICK UP!

FXのチャート分析でまずはやるべき大切な2つのコト

Bridal Couple in the Dunes

自分が買えば値は下がっていくし、売れば値が上がっていく・・・

本を読んでいくら学んでも、巷で必ず勝てると言われている手法を買っても、一向に勝てるようにならない・・・

テクニカル分析をちゃんと学んでいるし、チャート分析にも時間をかけているのになぜ・・・?

そんな状況のあなたに対して、確実に一つずつ勝ちを重ねている人もいます。

いったいこの差は何なのでしょうか?

これは、恐らく「情報量」の差です。実は、勝てるトレーダーはあなたと同じチャートを見ているようで、まったく違うものが見えています。

同じチャートでも引き出せる情報量が違うのです。情報量が違えば違う判断になります。買うか、売るか、何もしないか、違う結論に至るでしょう。

  • どうチャートを見ていけばいいのか?
  • 勝てるトレーダーは、チャートをどのように見ているのか?

この記事では、チャートから大量の情報を引き出す視点を詳しく解説していきます。

トレード戦略を構築する上でのベースになってくるので、ぜひ最後まで読んでみてください。では、さっそくいきます。

1.縦軸と横軸の概念

「買い」で考えるなら、トレードは、「いつどの価格で買って、それをいつどの価格で売るか」というゲームです。

安く買って、高く売ればそれが収益となります。

だから、買いは”上がりやすいときに上げる余地がある価格”で買い、売りは”下がりやすいときに下げる余地がある価格”で売るのが基本になります。

その、タイミングと価格を絞り込むために、テクニカル分析を行うわけですが、その際「縦軸」と「横軸」の2つの軸を意識します。chart-tate-yoko

1-1 縦軸=価格

縦軸は価格です。この価格をどう意識するのかというと、水平ラインを引くことで”一つの節目”として意識します。

この節目は、”反発する可能性があり、抜けると動きが加速する”という特性を持ったもの。

なぜこの水平ラインを引くのかというと、トレードするための2つの重要な役割があるからです。

1-1-1 トレードプランを立てるため

まず一つ目が、トレードプランを立てるためです。先ほど言ったとおり、水平ラインは”反発する可能性があり、抜けると動きが加速する”特性があります。

この特性をベースに「こうなったらこうする」といったトレードプランを立てるために使います。chart-tradeplan

1-1-2 エントリー&利食いの水準を決めるため

2つ目の役割は、エントリーと利食いの水準を決めるためです。

前述した「トレードプランを立てる」という役割にも関連しますが、水平ラインは一つの節目として意識します。一旦は反発する可能性があるため、利食いを設定する際にも水平ラインを利用できます。

では、この水平ラインを具体的にどこに引くのかというと、主に次の4つが考えられます。

  • むき出しの高値安値
  • ”00”や”50”といったキリのいい価格
  • 価格が何度も反応している価格帯
  • ブレイクポイント

水平ラインの引き方については、次の記事を参考にしてください。

1-2 横軸=時間

次に横軸、つまり時間の経過を意識します。

これには、移動平均線、ボリンジャーバンドを使います。この移動平均線とボリンジャーバンドは、縦軸と横軸の2つの概念が含まれたインディケーターです。

この2つのインディケーターを使って、先ほどの水平ラインと組み合わせて、トレードプランを作っていきます。この横軸の概念は、トレードプランを作るという役割だけではなく、タイミングを取るという重要な役割も担っています。

主に、縦軸は今後の価格のコースを想定するトレードプランの作成で使用し、縦軸と横軸を組み合わせてエントリーと決済のタイミングを計っていくことになります。

2.マルチタイムフレーム分析

Time相場の全体像を把握するときに大切なのが、必ず複数の違う時間足で見るということです。

複数の時間足を見ることで、値動きを俯瞰して見ることができます。

これは、マルチタイムフレーム分析と呼ばれます。このマルチタイムフレーム分析の基本は、上位時間足で相場の環境を把握し、下位時間足で実際のエントリーをしていきます。

ここで、

  • 俯瞰して見るとはどういうことか?
  • 具体的にどの足を見ればいいのか?

この2つの疑問にお答えしましょう。

2-1 俯瞰して見るとは?

chart-USDJPY5M例えば、このチャートはドル円5分足チャートです。きれいな下降トレンドを描いており、完全に売りに優位性がある状態です。

次に4時間足チャートを見てください。chart-USDJPY4H

4時間足を見ると、完全な上昇トレンドです。5分足で示した範囲は、赤い縦のラインの範囲にしか過ぎません。その範囲では、俯瞰してみると、一時的に押し目をつけている場面なのがわかるでしょう。

4時間足で見ることによって、より長期の時間足では上昇トレンドであることがわかります。5分足での下落は長期的に見ると一時的な押し目でら120.20付近で反発する可能性があることを事前に把握することができます。

120.20までは売りでいき、そこに達したら、反発をロングで狙うなど戦略を立てることができるのです。

まとめると、複数の時間足で見ることによって、

  • 長期足のトレンドを確認することができる
  • 長期足のチャートポイントを確認することができる

この2つのメリットがあるのです。

2-2 具体的に何分足を見ればいいのか?

これは”何分足と何分足を見ればよい”と固定化されたものではありません。自分のトレードスタイルによって、決める必要があります。

短期・長期のフレームとして、1時間足と日足というように2つの時間足を見る人もいれば、短期・中期・長期フレームとして5分足、30分足、4時間足という3つの時間足を見るという人もいます。

それぞれのトレードスタイル、もっと言うとライフスタイルに合わせ、自分なりにチューニングしていく必要があります。

例えば、デイトレードであれば、日足・1時間で相場環境の分析を行い、5分足~30分足でエントリーしていくとか、スイングトレードであれば、週足・日足で相場環境の分析を行い、1時間足~4時間足でエントリーしていくなどです。

3.まとめ

さて、この記事は、そのための”横軸と縦軸の概念”と”マルチタイムフレーム分析”というトレードする上で、2つの大切な概念を説明してきました。
あなたは、何か目標を達成しようとしたとき、スタートとゴールを設定し、ゴールを達成するため最適な手段を選択しようとするでしょう。

トレードで言うと、

  • スタート・・・相場の環境分析
  • 手段・・・手法
  • ゴール・・・決済(利益確定)

になるでしょう。

スタートが違えば、当然、選ぶべき手段も変わってきます。これを聞くと当たり前のように聞こえるかもしれません。しかし、いざトレードとなると、この当たり前のことがなかなか考えられなくなります。

まずは、今ある環境をできるだけ正しく把握できるよう意識し、より多くのチャートを見てその精度を上げていくよう努めてください。

無料メールマガジンに登録していただくと
「5つの高勝率トレード手法」をプレゼント!
メールマガジンは、いつでも簡単に解除できますので、お気軽にご登録ください。
無料でプレゼントを手に入れる

関連記事

  1. 41409739 - handsome businessman presenting new project to partners.

    【厳選】FX攻略に重要な継続と反転のチャートパターン9選

  2. 44570155_m

    ポジションサイジングとは?FXで安全に資産を増やす方法

  3. On Top

    FXを攻略するために必要なテクニカル分析の知識と実践方法の全て

  4. 21803165 - businessman relaxing

    ダウ理論で明確なトレンド分析!正しいチャートの読み方

  5. 51619227_m

    トレードプランの作成とは?高勝率なトレード戦略を生むプランの作成法

  6. 65094746_m

    図解!ダウ理論を駆使した重要な11のチャートパターン

  7. 35115148 - young woman working at home, small office

    重要!ボラティリティを意識したFXトレード戦略構築法

  8. 37875017_m

    通貨ペアの選定で絶対に持つべき3つの視点とは

  9. 53952077 - happy man working on laptop in library

    サポートラインとレジスタンスラインを使った正しいチャートの読み方

PAGE TOP