注目の記事 PICK UP!

相場を10倍深く理解するファンダメンタル分析入門

Man stand near beach looking at sunset, peaceful water level

あなたは、トレードをする際、ファンダメンタルをどれくらい重要視しているだろうか?

実際、テクニカル分析のみでトレードをしている人も多いだろう。

確かに、ファンダメンタル分析は、テクニカル分析と違い、トレードタイミングを教えてくれるようなものではないので、それだけでトレードすることはできない。

ただ、僕はだからといってファンダメンタルを完全に無視してもいいということにはならないと思っている。

なぜファンダメンタルを無視してはいけないのだろう?

それは、値動きは結局のところ需給で動いているからだ。需給が為替を動かしている。この為替を動かしている発生源を探るファンダメンタル分析は、程度の差はあれ、チャーチストでもトレード前にやっておくべき基本的タスクではないだろうか。

このページは、ファンダメンタル分析についての概要を掴めるようわかりやすく書いている。読み終わる頃には、日々の経済ニュースと為替がどう結びついているか理解できているだろう。

では、さっそく見て行こう。

1.ファンダメンタル分析とは

需給のバランスは、為替レートを決める重要な要因だ。

国の経済的な要因は、この需給のバランスに影響を及ぼし、為替相場に大きな影響を与える。この”国の経済的な要因”によって、未来の値動きを予測することをファンダメンタル分析と言う。経済的な要因は、外国為替の中長期的な変動要因となる。

fxのファンダメンタル分析は、その国の現在の経済状態を示す経済指標の分析を行うことが大きな要素を占め、経済指標以外では、原油価格やテロ、紛争もファンダメンタルの要因となる。

2.為替相場の中心はドル

ドル紙幣

為替市場での取引では、米ドルの影響力が一番強い。

だから、市場参加者は、米国の情報に最も敏感に反応する。例えば、米国と日本との国内総生産(GDP)の数字が同じくらい良かった場合、ドルのレートに与える影響が大きいため、為替レートは、ドル高円安に振れ、その逆であればドル安円高に振れることが多い。

株式市場では、全面高、全面安というように全ての銘柄が同じ方向に動くことがあるが、為替は、通貨の相対的な価値を示すため、ある通貨が安くなれば必ず高くなる通貨がある。

為替でよく見られるのが、ドルに対して他の通貨が全て上がるか、もしくは下がるがという動きだ。これを”ドル全面安”や”ドル全面高”などと言ったりする。

fxの場合、ドル中心で考えられるため、リスク管理のため取引通貨で分散をしていると思っていても、ドル関連のポジションを多く抱えていた場合、実は全然分散になってない場合があるので注意が必要だ。

3.実需の為替と投機の為替

Hamburg Harbor為替レートを動かす要因は、需給だ。

では、何が需給を決めるのかというと、人が為替取引をする”動機”にある。この”動機”によって、為替取引は”実需”と”投機”に分けられる。

3-1 実需の為替

為替取引が他の取引や目的に付随したものである場合、それを実需という。

実需で身近な例は、海外への送金や海外旅行だ。自分の子供が留学していて海外へ仕送りする場合や海外旅行する場合は、円売りドル買いをする。

実需の代表的なものは、貿易、つまり輸出入だ。

日本の輸出業者は、輸出の代金をドルで受け取ってそのドルを売って円に替える。そのため、輸出が増えるとドル売り円買いが増えて、ドル円レートが下がると考える。

反対に輸入企業は輸入代金を支払うために円を売ってドルを買う。これにより、輸入が増えると円売りドル買いが増えて、ドル円レートが上がると考える。

その他の実需としては、海外企業のM&Aに絡んだ為替取引も実需に分類される。例えば、日本企業が海外企業を買収する際は、円売りドル買いが発生する。

このように為替取引が他の何かの目的のために行うものである場合、それを”実需の為替”という。

3-2 投機の為替

為替取引自体を目的として行う為替取引を”投機の為替”という。

個人が行うfx取引や、銀行の為替ディーラーが行う為替取引は売買差益によって利益を上げることを目的として行う。いかに安く買って、高く売るか。いかに高く売って、安く買い戻すかを考え為替取引をするわけだ。

3-3 投機と実需の違い

”実需”と”投機”は、動機によって何に違いが出るのかというと、時間的な制約だ。

実需も為替のレートを考慮するが、輸出業者は日本国内の従業員に給料を支払うため、給料日までには為替取引しなければならないという時間的な制約が生じる。ドル円のレートが上がるのを待ってから円転するというわけにもいかない。

4.投機の為替でレートが動く7つの要因

NYC street signs.

実需の為替と投機の為替があるのは、すでに説明したとおりだ。ここでは、投機の為替でレートを動かす7つの要因について考えてみたい。

4-1 取引のフロー

為替取引の流れ(フロー)を見て、市場でドル買いが多ければドルを買い、ドル売りが多ければドルを売るという手法がある。

例えば、中央銀行の市場介入や大口のヘッジファンドの取引が市場に出た場合、その取引に追従する注文が大量に出て、これが大きな為替変動の要因となることがある。

多くの金融機関や企業と為替取引を行う大手銀行は、顧客の取引を通してフローを見れる立場にあるため、この手法が使われることがある。

4-2 経済指標

各国が発表する経済指標の数字も変動要因となり得る。

実際には、数字そのものが注目されるというよりは、発表される数字が示す意味と市場の予想値とのギャップを、市場関係者がどう感じるかが重要になってくる。

4-3 金利

お金は金利の低い通貨から高い通貨へ流れる性質がある。

例えば、円の金利が1%でドルの金利が3%だとすると、円で預金するよりもドルで運用したほうが有利だから、円売りドル買いが誘発される。

金利は、磁石のようにお金を引き寄せる性質を持っている。ただ、為替は2国間の通貨の関係だから、正確には2通貨の”金利差”が問題となる。金利差が拡大すれば、より変動要因としては強く作用する。

4-4 通貨の安全性

お金はより安全性が高い通貨へ流れる性質を持っている。

ある国で戦争や紛争が起きた場合、その国の通貨が売られ、お金はより安全な国の通貨へ逃避する。

どんなに金利を高くしても、成長性が見込めたとしても、お金はリスクを嫌う。よく、リスク回避の際には、永世中立国のスイスの通貨スイスフランが買われるのはこのためだ。

4-5 経済政策

例えば、日本が規制緩和を進めて投資環境の整備に乗り出すとすれば、日本への投資が増えるだろうと予想し、円買いにつながる。また、米国が財政赤字を縮小し、貯蓄を増やそうとしているなら、経常収支の赤字は縮小してドル買いにつながると考えられる。

この経済政策については、政権交代、政策責任者の交代、要人発言によって為替レートが動く。

4-6 国際政治

国際政治も為替レートの変動要因となり得る。

お金はリスクを嫌い、より安全な場所へ移動する。そのため、政権与党が選挙で負けるとその国の通貨が売られる傾向にあるが、これは不確定要素が多いと理由からだ。

ただ、与党があまりにも失政が続いていたり、野党の政策のほうが優れていて、それを国民が選挙によって選択している場合は、そうはならない場合もある。要は、政権が安定的に政権運営できるのかがポイントになる。

4-7 チャートポイント

ファンダメンタルズ分析が経済の基礎的要素の分析を通じ、為替レートを予想するのに対し、テクニカル分析は、過去の為替レートの傾向から未来のレートを予測する分析方法だ。

テクニカル分析では、値動きのパターンや、意識される価格帯を分析するが、この方法で出された売買ポイントを”チャートポイント”という。

テクニカル分析によって、多くの人が売買判断しているため、このチャートポイントも為替の変動要因となる。

5.代表的な経済指標

New York経済指標は、大きな為替の変動要因だ。

なぜ変動要因になるのかというと、経済指標は、各国の健康状態を示すバロメーターになるからだ。実際には、数字そのものが注目されるというよりは、発表される数字が示す意味と市場の予想値とのギャップを、市場関係者がどう感じるかという所が重要になってくる。

代表的な経済指標を7つ簡単に紹介しよう。

5-1 GDP

例えば、米国のGDPの発表があったとしよう。

GDPの数字が上昇したとすると、これは米国の経済が好調であることを示している。経済成長率が上昇するということは、経済活動が活発になって、その先には金融引き締め、利上げがあると予想する。

結果、ドルが買われるためドル高に動くという流れだ。

多くの金融機関がこの発表前までに予測数値を公表していて、いざ発表してからその予測数値よりもいいか悪いかで為替レートが変動する。

もし、上昇が期待されていれば、ドルが買われるが、発表されてから市場予測値と変わらなければ、為替レートが変動しないということが起きる。

これは、市場がGDPの上昇を発表前に”織り込んでいた”ということだ。つまり、GDPがいい数字であると見込んで、事前にドルが買われていたわけだ。

逆に”織り込んでいた”にも関わらず市場の期待を裏切ったとき、大きくドルが売られることになる。このように、重要なのは事実そのものよりも、”事実と市場参加者の期待のギャップの大きさ”のほうが、レートの変動要因としては重要だ。

5-2 失業率

失業者が多くなると、その国の経済が悪化していることを意味する。

つまり、企業収益や景気が悪化している、またはその見通しが強くなっていることを示し、景気を支えるため金融緩和、利下げが必要になると予想する。利下げはその通貨の売りとなる。

逆に失業率の低下は、企業収益や景気が上向いている、またはその見通しが強くなっていることを示し、その後には金融引き締め、利上げがあると予想できるため、その国の通貨の買いとなる。

失業率は労働人口に占める完全失業率の割合だ。

通常、その国の雇用状況を見る際は、失業率を見るわけだが、米国の場合、”非農業部門雇用者数”の方が注目される。これは、米国国内の雇用状況をより正確に反映していると考えられているからだ。

10万人を超えると景気の先行きが楽観視されて、ドルが買われる傾向にある。

5-3 経常収支

例えば、日本の経常収支は貿易収支などをまとめたもので、毎月発表される。

日本の経常収支の黒字が増えると、ドルの受け取りが増え、それを円に替えるためドル売り円買いが増えることになる。

経常収支の黒字額が増加したのを見て、それを想定し、ドル円レートが下がるという流れだ。逆に、経常収支が減れば、ドルの受け取りが減り、ドル売り円買いが減ると考え、ドル円レートが上がる。

5-4 消費者物価指数(CPI)

消費者が購入するもモノの値段の変動を表す数値だ。

インフレを見る時に使われる指標で、金融政策を語る際によく聞かれるものだ。

例えば、CPIが上昇したとしよう。これは、インフレになる可能性を示し、金融政策は引き締めの方向に動くため、金利が上昇すると考える。金利上昇は、その通貨の買いとなる。

逆に、CPIが下落したとすればどうだろう。金融政策は緩和の方向に動くため、金利が下落すると考える。その結果、その通貨の売りにつながる。

5-5 小売売上高

GDPの多くを占める個人消費全体のトレンドを把握する際、注目される経済指標だ。

百貨店などの小売業の売り上げをサンプル調査により推計する。個人消費の動向からその国の景気の先行き予測する指標だ。変動の大きい自動車部門を除いたコア部分が重要視され、特に米国の小売売上高が注目される。

5-6 鉱工業生産

鉱業または製造業に属する鉱工業企業の生産動向を指数化したもので、企業の生産活動の状況を示す経済指標だ。

一般的にに鉱工業のGDPに占める割合が高く、経済全体に及ぼす影響が大きいため、ファンダファメンタルズ分析をする上で重要な指標となっている。 また、GDPなどと比べると速報性があるため、景況感を計る指標としても重視されている。

5-7 IFO景況感指数

ドイツのIFO経済研究所が発表する企業の景況感指数だ。

ドイツ国内約7000社の企業を対象にして、ドイツ経済の現況と今後6カ月の先行きについて、アンケート調査を実施し集計したものだ。日本の日銀短観に相当する指標で、2000年を100として、現況と先行きを加重平均した指数となっている。

ユーロ圏で最大の経済国であるドイツの景気動向を示し、ユーロ相場を見る上で注目度は非常に高い指標となっている。

以上7つの代表的な経済指標を説明してきた。

これらは、一般的に重要であるとされているが、国、時代、金融政策の方向性によって、注目される経済指標は変わってくる。結局は、指標の数値自体に意味があるわけでなく、市場参加者がその数値から"その国の未来"をどう想像するかが問題だ。

ファンダメンタルを考える際には、"市場が今何に注目しているのか"、"今どの指標がどういう意味で注目されているのか"を見ることが重要になってくる。

6.株式投資のファンダメンタルとの違い

Stock exchange株式投資だと、ファンダメンタル面(企業の業績や財務など)が株価に与える影響が大きく、業績や財務がいい企業ほど株価が上がる傾向がある。いわば絶対評価の世界だ。

だから、株式投資の場合、ファンダメンタル面をしっかりと分析する必要がある。

一方、fxでは、基本的には国と国との間の相対的な関係で、為替レートが決まる。世界はグローバルで、商品、株式、指数、通貨などさまざまな市場へお金が自由に移動していて、単純な2国間だけの関係で終わらない。

そのため、fxでは純粋なファンダメンタル分析のみで値動きを予測するのはほぼ不可能だ。

そういう意味では、株式投資でのファンダメンタル分析とは同じファンダメンタル分析と言いつつもニュアンスが異なる。

7.情報入手ルート

Happy businessman checking his tablet"市場が今何に注目しているか"というのは、常に相場についてのニュースを見て頭に入れておく必要があるだろう。

毎日のニュースを読んでいくと、なんとなく"市場のセンチメント"というのがわかってくるはずだ。また、読んでよくわからない用語があったらその都度調べてみることで、知識が増えていき、相場観も洗練されていく。

ここで、重要なのがどこから情報を仕入れてくるかだ。

基本的にはfx業者に口座を開設すれば無料で見ることができるので、"今どんな理由で何が注目されているのか"という目的意識を持って情報を取り込んでほしい。何を見ようとしているかを意識していないと、ただの知識に終わってしまうからだ。

基本的にfx業者は、ニュース配信会社と契約してニュースを配信している。そのため、業者ごとで配信会社が違うため、複数のfx業者の口座を開設しておいたほうがいい。

これについては、次の記事を参考にしてもらいたい。

8.まとめ

ファンダメンタル分析は、トレードタイミングを教えてくれるものではなく、値動きの”根本的な原因”を教えてくれるものだ。

この原因が、エントリーするのか、しないのか、ポジションを保有するのか、決済してしまうのか、これら売買判断を下す一つの要因となる。

テクニカル分析のみ学ぶのではなく、ファンダメンタル分析を併せて学ぶことで、より深く相場を理解できるようになるだろう。

無料メールマガジンに登録していただくと
「5つの高勝率トレード手法」をプレゼント!
メールマガジンは、いつでも簡単に解除できますので、お気軽にご登録ください。
無料でプレゼントを手に入れる

関連記事

  1. FX口座開設の際に絶対に見るべき重要な10のポイント

    FX口座開設の際に絶対に見るべき重要な10のポイント

  2. Man sitting in the park under a tree

    fx超勉強法!最も効果的に勉強や練習を行う具体的方法

  3. Secret conversation

    いまさら聞けない!fxのレバレッジについてまとめ

  4. very smart dog

    5分でわかる!ロスカットとマージンコールの仕組み

  5. Mann in Bcherei mit lebhafter Fantasie

    FX初心者がトレードを始めるまでの必要な知識の全て

  6. Little boy watching the end of the world

    要注意!!スワップポイント狙いの恐ろしい3つのリスク

  7. New York

    ファンダメンタルをFXのトレードで活かす2つの視点

  8. Analysis with laptop

    FXで勝てない?圧倒的スピードで成長する3ステップ

  9. FXで破産しないための潜在的リスクの把握と具体的対策

PAGE TOP