• 経済的・精神的自由は本当に幸せなのか?
  • HOME
  • 経済的・精神的自由は本当に幸せなのか?
31723456_m

早くお金を稼いで、つまらない労働から解放されて自分の好きなように生きよう!

こういうメッセージはよく聞きますし、あなたのメールボックスにも毎日大量に届いているかもしれません。

お金を得ることで、つらい労働から解放されます。自分の好きな時間を作ることができます。欲しいモノはなんでも買えます。お金があれば、あなたの悩み全部なくなります。

そう言っているのです。

これは確かに魅力的なメッセージです。私もかつてそんな世界に憧れを抱いていた一人です。

しかし、今の私は「経済的・精神的自由=幸福」という図式には否定的です。というのも、これは一種のファンタジーだからです。

経済的・精神的自由≠幸福

「お金を手に入れて自由を手に入れよう!」

これは、お金と時間を生み出すことで、「選択肢を増やす」という考え方が根底にあります。

お金によって買えるモノの選択肢。時間を生み出すことで、自分のしたいことをする選択肢。これら選択肢を増やすことであなたの悩みはなくなる。そして、あなたは幸せになるということなのです。

しかし、よく考えてみてください。

選択肢を増やすことは幸せでしょうか?それで本当にあなたは満たされるのでしょうか?

例えば、多くの人が憧れるアーリーリタイア。

30代、40代で労働から解放され、自分の好きなように生きる。仕事のプレッシャーや煩わしい人間関係から解放され、1日を自分の好きなように過ごす。

昼下がりの午後、ビーチで海のさざ波を聞きながらのんびりと自分の好きな本を読むなんてことも簡単にできるでしょう。時間に余裕があり、自分やることを自由に選べる。まさに選択肢に溢れています。

確かにこれは一見憧れるのですが、実際にやってみると3日で飽きてしまいます。

「朝起きて、何もやることがなくてつらい・・・」

これは念願のアーリーリタイアをした人から実際に聞いた言葉です。

お金はいくら持っていても欲しいモノなんて際限なく出てきます。人は買う瞬間に最も気持ちいいと思うもの。どんな欲しいと思っていたものだとしても、買ってしまえばすぐに興味がなくなります。

人は欲しいから買うのではなく、買いたいから欲しいと思うのかもしれません。

これは時間も同じです。時間がない時は時間が欲しいと思いますが、急に時間が余っても何をすればいいかわかりません。

結局、自分がその時間をうまく使って、やりたいことをやって、自分が心から楽しいと思えなければ時間を余らせても何の意味もありません。

つまり、選択肢を増やすことは、選択肢がないときは確かに憧れるのですが、選択肢を増やすこと自体に意味はないのです。

大事なのは何を選択するか

多くの人は、選択肢を増やそうとします。しかし、選択肢を増やすことに意味はありません。大事なのは自分が「何を選択するか」です。

そのためには、もっと自分の内面を見る必要があります。自分の中にある、自分が本当にやりたいことや自分が好きなこと。夢中になれること。人生を賭してやりたいこと。いわば、自分の宿命、使命です。

もちろん、これは簡単に見つかるわけではありません。

でも、結局これを見出すことができなければ、いくらお金を得てストレスのない生活を送れたとしても、いくら自分の好きに使える自由な時間があったとしても人生の質は上がりません。

それなしに「本当にいい人生だった」と心の底から思って死ぬことはできないでしょう。

自由を手に入れてからのさらに先

私は経済的・精神的自由を目指すことが悪いと言うつもりはありません。

もし、あなたが不自由な生活を送っているのなら憧れて当然ですし、その憧れをモチベーションに変換して頑張れるのであれば、それはそれでいいと思います。

ただ、それはあくまでも「環境づくり」であることを忘れてはいけません。自分の好きな仕事に没頭するために必要な環境づくりのためにやっていることなのです。

最終的なゴールではありません。自分の好きな仕事に没頭し、いい人生を送るための環境を作るためにやる。

もし、「自由になること」を最終的なゴールにしてしまうと、それが達成してしまうと、アーリーリタイアした人のように、その後、本当につまらない人生を送ってしまうことになります。

「精神的・経済的自由を手に入れてから自分は何をしたいのか?」これが本来あなたが自分自身にすべき重要な問いであり、自由を手に入れること以上に深く考えるべき問いなのです。

自分の使命とも言うべき仕事を見つけ、好きなだけ没頭できる。これが私の考える本当の自由です。

私が目指す世界

私は情報発信をする中で、自分のコアを見つけ、人生を賭してやりたいという仕事を見つけ、好きなだけやれる環境ときっかけ作りのお手伝いができればと思っています。

もし、自分の使命とも言うべき仕事を見つけ、好きなだけ没頭できる人が増えたらどうでしょう?

本人にとって最高の人生になりますし、その人は他人にもいい影響を与え、まわりまわって社会全体が良くなるはずです。小さな波紋のように静かに、でも確かにいい影響を社会に与え続けることができると思うのです。

これが私のやりたいことであり、今目指している世界です。

さて、あなたは、精神的・経済的自由を手に入れてから何をしたいですか?

著者プロフィール&メッセージ