注目の記事 PICK UP!

ダウ理論で明確なトレンド分析!正しいチャートの読み方

21803165 - businessman relaxing

「トレンドフォローで入っているはずなのに、全然値が伸びない・・・」

なぜ、自分はいつも波に乗れないのか?あなたは不思議に思ったことがありませんか?

もし、そんな悩みを持っているのなら、この記事はその問題を解決できるかもしれません。なぜ、そんなことが起きてしまうのか?

それは、あなたが「トレンドを誤認している」のが原因かもしれません。

テクニカル分析は、自分が持つべきポジションを決めるために、チャートの波形を分析することです。そして、そのすべては「トレンドを把握すること」から始まります。

長期トレードをするにしても、短期トレードするにしても、順張りで攻めるにしても、逆張りで攻めるにしても、トレードプランを立てるためには、まずは、トレンドを把握し、「どの波動のどの部分を捉えるのか」を決めなければいけません。

ですから、「トレンドの把握」は、まさにトレードの根幹部分です。そして、勝てないでいるトレーダーの多くが、この「トレンドの把握」に悩んでいます。その理由は、トレンドを把握するための明確なルールを自分の中に持てないでいるからです。

直感的に「相場が上げている、下げている」でトレンドを把握しているから、トレードに一貫性が持てません。自分なりのルールを持っていないからブレるし、迷うのです。

この記事では、ダウ理論を使ってトレンドを認識するための方法をご紹介します。この記事を読んでもらうことで、トレンドを把握するための明確なルールを自分の中に持つことができるでしょう。

まずは、ルールを持つことが、トレードで大切な「一貫性」「継続性」を持つ重要な一歩となります。ルールを持つことで、悩まないし、迷わない。明確だからこそ、毎回同じトレード判断を下すことができるのです。

ルールがあるから、結果を検証し、ルールの改善を行うことができます。トレードは、明確なルールを自分の中に作ることから始まるのです。

逆に、自分の中に明確なルールを持つことができないとどうなるのか・・・。

当然、悩むし、迷います。毎回同じようなトレード判断ができません。ルールを持てないと、検証もできませんし、改善もすることができません。

ぜひ、この記事を読んでもらい、明確なルールを手に入れてください。では、さっそくいきましょう。

1.トレンドを認識するための3つの前提知識

50225125 - businesswoman drawing strategy plan over ladder leading to successまず、トレンドを把握するために3つ知っていただきたいことがあります。

一つずつ説明していきます。

1-1 メジャートレンドの存在

トレンドを分類すると、大きく分けて3つあります。

  • 上昇トレンド
  • 下降トレンド
  • レンジ(トレンドレス)

この3つです。

FXは、トレンドが一旦発生すると継続する傾向が強いです。そのため、トレンドの継続性を利用した順張り、つまりトレンドフォローが基本戦略となります。

価格は、波のように上下に揺れながら推移しますが、最終的には大きな流れの方向へ収斂していきます。この大きな流れを把握し、その方向にエントリーしていくのがトレンドフォロー戦略です。

この大きな流れは、”メジャートレンド”と呼ばれます。メジャートレンドは、ファンダメンタルがそのメジャートレンドの発生源となっている場合が多く、そのファンダメンタルの根本的変化が起こるまでは、その傾向が継続しやすいという特徴があります。

つまり、「メジャートレンドは、基本的には継続する」のです。

先ほど、ファンダメンタルがそのメジャートレンドの発生源となっている場合があると言いましたが、これは、例えば、FRBによる米金利の利上げ、日銀の追加緩和など大きな金利政策の変化などがそれにあたります。

ファンダメンタルが変化するまでは、メジャートレンドは変化せず、継続するのです。

1-2 トレンドを定義する目的

トレンドを定義することは、”相場をシンプルにし、目線を固定させる” という重要な目的があります。

トレードプランを立てる際、買いが有利か、売りが有利かを把握し、攻めるべき方向性をまずは決めなければなりません。どんな優秀な手法を使ったとしても、狙うべき方向が間違っていれば、真逆の判断をしてしまうことになり、当然ながら安定して勝つことはできません。

相場は、人間の思考と感情の集合体で、 まるで生き物であるかのような振る舞いをします。

「そんな複雑なものの動きを、たった3つに分類することに意味があるのか」と思うかもしれませんが、これは、無理に分類することで、相場が持つ情報量を少なくし、人が判断しやすいようにする試みの一つです。

1-3 長期足は短期足を支配する

同じ通貨ペアでも、それぞれの時間軸で発生しているトレンドは異なります。例えば、日足では上昇トレンドが発生していても、5分足では下降トレンドになっているということが普通にあります。

そして、長期足と短期足のどちらのトレンドに乗っていけばいいのか、これがトレード判断を複雑にしている理由の一つとなっています。「トレンドに乗れ!」と言われても、どちらが本当のトレンドかわからず迷ってしまいます。これは、トレードを始めたばかりの人が陥る大きな悩みの一つです。

ただ、そのとき思い出してもらいたいのが、”長期足は短期足を支配する”という相場の原理原則です。

よく、週足や日足などの長期足の売りと買いの攻防を”国と国の戦争”、30分足、5分足など短期足の攻防を”街のチンピラのケンカ”に例えられます。これは、短期足の動きは、長期足にとってみては、些細な街のケンカに過ぎないということです。

短期足は、長期足の動きに最終的には収斂されていくという前提で相場を見ていくことが重要なのです。

2.ダウ理論によるトレンド分析

44717785_mさて、これら3つの前提知識を踏まえ、ダウ理論でトレンドを分析していきますが、その前に、まずはダウ理論とは何か?というところから説明していきます。

2-1 ダウ理論とは?

ダウ理論(Dow Theory)とは、チャールズ・ダウが提唱した市場での値動きを評価するための理論である。

wikipedia

チャールズ・ヘンリー・ダウ(Charles Henry Dow, 1851 - 1902)は、アメリカのジャーナリスト・証券アナリストです。

アメリカにおいて、初めて体系的なチャート分析の理論を構築した人物として知られ、ウォール・ストリート・ジャーナルを創刊し、1896年にはダウ・ジョーンズ工業株平均株価を開発しました。

なぜ、ダウ理論が今でも重要視されるのでしょうか?

それは、今日のテクニカル分析とされているものの多くが、何らかの形で、ダウ理論に由来するもので、ダウ理論こそテクニカル分析の元祖と考えられていて、ITの進歩とともに、複雑で、優れたテクニカル指標が大量に生み出されている今日においてもなお、ダウ理論は相場の動きをよく捉えたものだからです。

ダウ理論は、当初、工業株価平均および鉄道株価平均に応用されましたが、その解析手法の大方は、商品先物・為替市場にもよく当てはまります。

ちなみに、ダウ理論を使ったチャートパターンについては、次の記事で解説しています。

2-2 ダウ理論によるトレンド分析

ダウ理論には、次の6つの基本法則があります。

  1. 平均はすべての事象を織り込む
  2. トレンドには3種類ある
  3. 主要トレンドは3段階からなる
  4. 平均は相互に確認されなければならない
  5. トレンドは出来高でも確認されなければならない
  6. トレンドは転換の明白なシグナルが出るまで継続する

この記事では、ダウ理論によってトレンドを分析することを目的としているため、基本原則は紹介に留めますが、ダウ理論から2つ大切な要素を抽出して先に進めます。

・ダウ理論のトレンドの定義
・トレンドは明確なシグナルが出るまで継続する

では、一つずつ見ていきましょう。

2-2-1 ダウ理論のトレンドの定義

ダウの定義によれば、連続する高値、安値のおのおのがその前の高値、安値より上である限り、アップ・トレンドが存在するとされる。言いかえると、アップ・トレンドは、上昇を続ける山と谷のパターンで形成されなければならない。ダウン・トレンドは、反対に下降する山と谷を連続に形成する。

先物市場のテクニカル分析 ジョン J.マーフィー

つまり、ダウのトレンドの定義は、

  • 連続する高値、安値のおのおのがその前の高値、安値より上である限り上昇トレンド
  • 連続する高値、安値のおのおのがその前の高値、安値より下である限り下降トレンド

であるということです。

2-2-2 トレンドは明確なシグナルが出るまで継続する

トレンドを定義するのであれば、トレンドが崩れ、逆のトレンドが発生する「転換ポイント」を明確にしておかなければならないでしょう。

ダウ理論では、トレンドが発生したら、そのトレンドはそのまま活動を続けようとすることを前提としています。つまり、明確な転換のシグナルが発生するまではトレンドは継続しているとみなすのです。

では、下の図をみていきましょう。ダウ理論でいう上昇トレンドです。

ポイントは、③の安値から②のブレイクポイントを上抜けると、上昇トレンドが確定する点です。先ほどのトレンドの定義を思い出してください。

「連続する高値、安値のおのおのがその前の高値、安値より上である限り上昇トレンド」でした。ですから、多くのトレーダーは、ここで上昇トレンドと認識し上目線となります。dowtheory-uptrend

実際のチャートで上昇トレンドを確認してみましょう。高値が切り上がり、安値が切り上がっているのがわかるでしょうか。uptrend次は、下降トレンドを見ていきましょう。

ポイントは、③の高値から②のブレイクポイントを下抜けると、下降トレンドが確定する点です。ダウの下降トレンドの定義を思い出してみましょう。

「連続する高値、安値のおのおのがその前の高値、安値より下である限り下降トレンド」でした。ここで多くのトレーダーは、下降トレンドと認識し下目線となります。dowtheory-downtrend

実際のチャートで下降トレンドを見ていきましょう。高値が切り下がり、安値が切り下がっているのがわかるでしょうか。downtrend上昇トレンドと下降トレンドの両方を見てきましたが、上昇トレンドでは、陰線の総面積よりも陽線の総面積が大きいということが言えると思います。つまり、これは買いポジションを持っていたほうが勝ちやすいということです。下降トレンドはその逆です。

だから、上昇トレンドは、買いに優位性があり、下降トレンドは、売りに優位性がある。これがトレンドフォロー戦略の核となる考え方です。

3.高値と安値の定義

54513414_mダウ理論によって、トレンドを把握する方法を見てきました。

高値と安値が切り上げているのであれば上昇トレンド、切り下げていれば下降トレンドでした。つまり、ダウ理論によるトレンドの把握というのは、チャートの高値と安値を把握することです。

ですから、高値と安値をしっかりと定義しておく必要があります。

ここで、唐突ですが、問題です。

次の図の⑤のポイントでは、まだ上昇トレンドですか?
それとも下降トレンドに転換していますか?

uptrend-question

では、答え合わせをしてみましょう。

結論から言うと、⑤の時点ではまだ下降トレンドではありません。

下降トレンドと答えた人はおそらく、③を「安値」と定義したからでしょう。確かに③を「安値」と定義すれば、⑤の時点で安値を切り下げ、②→④で高値も切り下げ、下降トレンドの定義に合致します。

しかし、③を「安値」と捉えてはいけません。なぜなら、この上昇トレンドの安値はあくまでも①だからです。

高値安値は、「その後、新値更新をしているかどうか」で決まります。つまり、新値更新していない限り、高値安値と定義できないのです。

③は、④で上値を更新できなかったためまだ安値と定義できません。ですから、上昇トレンドの基準は、あくまでも新値更新をした最後の安値の①となります。だから、①を切るまでは上昇トレンドであり、上目線は変えてはいけないのです。uptrend-answer

4.トレンドの継続性

30050249_mトレンドが強ければ、逆行する確率が下がり、トレンドフォローが成功する確率は高くなります。つまり、トレンドの強さを推し量ることができれば、勝率を高めることができるのです。

トレンドが継続するのか、それとも転換するのかを完全には言い当てることはできませんが、トレンドの形状からある程度推測することはできます。

トレンドの強さは、相場のボラティリティと密接に関係しています。同じ上昇トレンドでも、ボラティリティが高いトレンドと低いトレンドでは、継続性つまり「トレンドの強さ」に違いが出てきます。

結論から言うと、一番強いトレンドは、ボラティリティが適度に低いトレンドです

下のチャートを見てください。

段々に階段と上るようにゆっくりと上昇しているのがわかるでしょうか。一つ一つのローソク足はそれほど大きくないが、確実にじわじわと上昇しています。keizoku-trend

これは、”一気に買い決済が出ていない”、”一気に売りの損切りが出ていない”ことを示しています。”じわじわと上げる”、これが強く継続性があるトレンドです。

押しも浅く、再上昇しやすい。そしてタイミングを取りやすいので、トレンドフォローを狙うのに適したトレンドと言えるでしょう。しっかりとした出来高がある場合に多いチャートです。

では、次に下のチャートを見てください。keizokushinai-trend

これが、逆に継続性がない、トレンドフォローに向かないトレンドです。

このチャートは、深い押しが入りながらも、結果的に上昇しています。これは、”一気に買い上げられてから、一気に買い決済が出ている”ことを示しています。このような深い押しは、再上昇するために大きいエネルギーが必要となるため、トレンドフォローには不適です。

トレンドの転換期では、このようにボラティリティが高くなる傾向にあります。また、出来高が伴っていない場合にもよく発生するチャートの傾向です。

これまで見てきたように、トレンドの方向性を認識するだけではなく、チャートの形状からトレンドの強さを想定することで、より精度の高いトレードをすることができます。

5.まとめ

では、まとめます。

  • トレンドを認識するための3つの前提知識
    ・メジャートレンドの存在
    ・トレンドを定義する目的
    ・長期足は短期足を支配する
  • ダウ理論でトレンドを把握するために重要な2つのこと
    ・ダウ理論のトレンドの定義
    ・トレンドは明確なシグナルが出るまで継続する
  • 高値と安値をしっかりと定義しよう
  • ボラティリティはトレンドの継続性に影響する

この記事では、ダウ理論を使ってトレンドを認識するための方法について、お話ししてきました。この記事を読み込んでいただき、自分の中に落とし込んでもらうことで、トレンドを把握するための明確なルールを持つことができるでしょう。

ダウ理論については、次の記事も参考になるはずですので、ぜひ、確認してみてください。

自分のトレードルールを持つことが、「一貫性」と「継続性」を持つための重要な一歩となります。ルールを持つことで、悩まないし、迷わない。明確だからこそ、毎回同じトレード判断を下すことができるのです。

ルールがあるから、結果を検証でき、改善を行うことができます。トレードのすべては、明確なルールを自分の中に作ることから始まるのです。

漫然と本を読んだり、ブログを読んだり、ただトレードの知識を増やすのではなく、「自分のトレードルールを作る」という意識を持って勉強してみてください。

無料メールマガジンに登録していただくと
「5つの高勝率トレード手法」をプレゼント!
メールマガジンは、いつでも簡単に解除できますので、お気軽にご登録ください。
無料でプレゼントを手に入れる

関連記事

  1. 53952077 - happy man working on laptop in library

    サポートラインとレジスタンスラインを使った正しいチャートの読み方

  2. 37875017_m

    通貨ペアの選定で絶対に持つべき3つの視点とは

  3. Bridal Couple in the Dunes

    FXのチャート分析でまずはやるべき大切な2つのコト

  4. 41409739 - handsome businessman presenting new project to partners.

    【厳選】FX攻略に重要な継続と反転のチャートパターン9選

  5. 35115148 - young woman working at home, small office

    重要!ボラティリティを意識したFXトレード戦略構築法

  6. 44570155_m

    ポジションサイジングとは?FXで安全に資産を増やす方法

  7. 65094746_m

    図解!ダウ理論を駆使した重要な11のチャートパターン

  8. 51619227_m

    トレードプランの作成とは?高勝率なトレード戦略を生むプランの作成法

  9. On Top

    FXを攻略するために必要なテクニカル分析の知識と実践方法の全て

PAGE TOP