注目の記事 PICK UP!

デイトレード・スイングトレード・スキャルピング、トレードスタイルの違いとは?

34379285 - stock trader looking at monitors

デイトレード、スイングトレード、スキャルピング、、、

さまざまなトレードスタイルがある中であなたは自分のトレードスタイルをどのようにして決めましたか?

FXの魅力は、何の通貨ペアでトレードするのか、いつポジションを取っていつ閉じるのか、すべて自分で決めていいところです。

恐らくこれが人はトレードが楽しいと思う理由ではないでしょうか?

逆に言うと、トレードは、すべて自分で決めなければいけないとも言えます。そして、ここにトレードの難しさがあるのです。

トレードは、親や学校の先生のようにあなたのそばに寄り添って教えてくれる人もいないし、損切りを置かないことを叱ってくれる人もいません。

すべては自己責任です。

トレード戦略やエントリー&エグジットのタイミングはもちろん、自分のトレードスタイルもライフスタイルや性格に合わせて自分で確立していかなければなりません。

このトレードスタイルの確立は、コンスタントに勝てるようになるためにとても重要なことです。しかし、それには膨大な時間がかかります。実際にやってみて合うか合わないか、自分の性分に合わせ、試行錯誤の上で作り上げていくものだからです。

この記事は、それぞれのトレードスタイルの特徴を押さえてもらい、自分に合うトレードスタイルを考えてもらうことを目的としています。

ぜひ、あなたのトレードスタイル確立のお役に立てればと思います。

1.トレードスタイルの特徴

7702088 - workplace of the trader in modern cubicle with keyboard and monitorトレードスタイルを厳密に分けることは難しいのですが、大きく次の4つのトレードスタイルに分けられます。

  • スキャルピング
  • デイトレード
  • スイングトレード
  • 長期トレード

下になるにつれてポジションの保有期間が長くなります。では、それぞれのトレードスタイルの中身について詳しく見ていきましょう。

1-1 スキャルピング

スキャルピングは、数秒~数分の間に数ティックの動きを売買する手法です。売買差益を狙う超短期のトレードスタイルになります。

ポジションの保有期間は、数秒から数分と非常に短いのが特徴で、長くても1時間以内で決済します。数pipsの薄利を積み上げていくスタイルのため、トレード回数がどうしても多くなる傾向があります。

また、瞬間的な売買が目的ですから、トレード中はずっとモニターを監視している必要があります。

1-2 デイトレード

デイトレードは、売買差益を狙う短期のトレードスタイルです。ポジションの保有期間は、数分から数時間で、長くても1日以内で決済します。

数10pipsの薄利を積み上げていくスタイルになります。基本的にトレード中は、モニターを監視する必要があるのですが、注文を出しておいてトレードを行うこともできます。

1-3 スイングトレード

スイングトレードは、売買差益を狙う中期のトレードスタイルです。ポジションの保有期間は、数時間から数週間で、長くても1、2週間で決済します。

ポジションの保有期間が長くなるので、1トレード当たりで多くのpips数を獲得する必要があります。トレード中、モニターを監視している必要がないので、なかなかトレードする時間を確保できないという人でも取り組みやすいトレードスタイルです。

1-4 長期トレード

長期トレードは、売買差益とスワップポイントを狙う長期のトレードスタイルです。ポジションの保有期間は、数週間以上で、ポジションの保有期間が長くなるため、数100pips数を獲得する必要があります。

トレード機会が少ないため、大きく資金を増やすのは難しいでしょう。1日に1回のレートをチェックをし、ポジション調整をするなど、チャートをほとんど見なくてもいいのが特徴です。

2.トレードスタイルによって違う5つの要素

9457138 - discovery of a new idea in research as concept次に5つの観点からトレードスタイルの違いについて見ていきましょう。

2-1 為替差益とスワップポイント

長期トレード以外のスタイルでは、為替差益を狙ったトレードになります。短期間に効率よく為替差益を得るためには、ボラティリティがある”通貨ペア”、”時間帯”を狙う必要があります。

長期トレードの戦略として、スワップポイントの獲得は手段の一つではあるのですが、為替差益で大きな損失が出た場合、スワップポイントで積み上げた利益が帳消しになる可能性があるので、注意する必要があります。

このスワップポイント狙いのトレードのリスクは、次の記事を参考にしてみてください。

2-2 エントリーの執行足

トレードスタイルによって、エントリーに使用する時間足は異なります。

  • スキャルピング・・・1分、5分足
  • デイトレード・・・5分足~1時間足
  • スイングトレード・・・1時間足~日足
  • 長期トレード・・・日足~

これは、一つの例として挙げたものですので、必ずこの時間足を使わなければならないというわけではありません。また、相場の環境分析を行う時間足は、これよりも長期の足を使うことになります。

使う時間足によって、ストップの幅も必然的に変わってきます。使用する時間足が長ければ、長いほどストップまでの幅も長くなる傾向があります。

そのため、同じリスク量でトレードし続けるためには、ポジション量を調整する必要があるでしょう。

また、スイングトレードや長期トレードなど、日をまたいでポジションを保有する場合、真夜中に為替相場が急変することもあるので、必ず逆指値注文を入れておきましょう。

デイトレードでも席をはずすときは、必ず逆指値注文を入れておいた方が安全です。一つの大きな事件で相場は大きく変わりますから。

2-3 売買回数

47329399_mポジションの保有期間が長くなれば、トレード回数は減ります。トレード回数が減るということは、トレードコスト(スプレッド)が小さくなるというメリットはあるのですが、ポジションを保有していることにより、新たなトレードによる収益機会を逃してしまうというデメリットがあります。

また、スキャルピングやデイトレードの場合、トレード回数が多くなるので、必然的にスプレッドが小さいFX業者を使う必要があるでしょう。。一回一回のトレードコストは大したことはなくても、トレード回数が増えていけば、パフォーマンスに大きな差が出てきます。

2-4 運用目的

長期トレードの場合、トレード回数が少ないため、資金を増やすのに時間がかかります。緩やかな資産運用を考えたいのであれば、それもいいのでしょうが、積極的に利益を得たいという人にとっては、少し資金効率が悪いと感じるでしょう。

資金を最大限増やすには、

・勝率を上げる
・自己資金を増やす
・リスク量を上げる
・トレードコストを抑える
・トレード回数を増やす
・リスクリワード比を大きくする

この6つの要素に真剣に取り組んでいく必要があります。自分の運用目的に合わせてこれらを最大化していく努力をしていきましょう。

2-5 トレードによる拘束時間

57629356 - tired office worker sitting at office at nightトレードスタイルによって、拘束時間が変わってきます。スキャルピングやデイトレードは、基本的にトレード中にモニターに張り付いていることが必要です。

意外に思うかもしれませんが、瞬間的な売買を目的とするスキャルピングが最もモニターに張り付いている時間が長くなります。

その理由は、ポジションの保有期間は短いが、その狙う場面になるまでを"待つ"時間が長いためです。その場面が来るのをずっと狙い、一瞬で勝負をつけるというのがスキャルピングです。

デイトレードも狙う場面を迎えるまで、モニターに張り付いている必要がありますが、スキャルピングに比べ、時間的余裕があることから、価格に近づいたら、アラームが鳴るようにしておくことや、ポジションを保有したら決済注文を入れて後は放置するなど、工夫次第でスキャルピングほど拘束されなくて済みます。

スイングトレードや長期トレードになると、事前にしっかりと分析をしておくことで、1日に数分のレートチェックを行うことで、エントリーから決済まで行うことができます。そのため、忙しい人にとっては最適なトレードスタイルと言えるでしょう。

3.時間帯による特性

50156822 - young woman opening curtains in a bedroomボラティリティは、取引時間によって特徴があります。スキャルピングやデイトレードなど短期売買をメインに考えている場合は、価格が活発に動く時間帯を把握し、その特徴を掴んでおく必要があるでしょう。

ニューヨーク市場の午前中、日本時間で22時30分~24時(サマータイム時は21時30分~23時)の時間帯は、相場が最も活発になる時間帯です。

そのため、日中に仕事がある人が、デイトレードやスキャルピングをする場合、この時間に合わせてトレードすることをおすすめします。

4.まとめ

この記事では、スキャルピング、デイトレード、スイングトレード、長期トレードの4つのトレードスタイルの特徴と比較を行ってきました

手法やテクニックではなく、自分のトレードスタイルの確立し、トレードルールどおりに淡々とトレードを続けていくことがコンスタントに収益を上げるためにはとても重要です。

いくら強力な手法を持っていたとしても、自分のライフスタイルに合わず、トレードできなかったら何も意味がないからです。

相場を自分に合わせるのではなく、自分を相場に合わせることが大切です。

  • 目標金額
  • 自分のライフスタイル
  • トレードスタイルが性格的に合うかどうか

これらを大事にして、あなたに最も合うトレードスタイルを探してみてください。

FXで長期的に
収益を上げ続けるために
最も大切な視点とは?
トレードの収益が安定しない・・・
トレードに迷いを感じている・・・
学ぶべき事が多すぎる・・・
知識だけが増えて、
何をやればいいかわからない・・・
続きはこちら

関連記事

  1. 46806338 - hands holding digital tablet pc and touching with finger in sunlight

    投資効率を最大化する正しい損切り(ロスカット)の知識のすべて

  2. 43281016 - child expressing surprise with hands on his face

    要注意!?実は収益が上がらない理由はスプレッドだった

  3. 68940294 - young trader

    FXで勝てない?圧倒的スピードで成長する3ステップ

  4. 71721453 - fundamentals concept

    ファンダメンタルをFXトレードで活かすための2つの視点

  5. 4120466_m

    FXで破産しないための潜在的リスクの把握と具体的対策

  6. 35811680 - little boy studying the scriptures.

    5分でわかる!ロスカットとマージンコールの仕組み

  7. 【保存版】ローソク足の種類を完全網羅!ローソク足だけでチャートを読む方法

  8. Mann in Bcherei mit lebhafter Fantasie

    FX初心者がトレードを始めるまでの必要な知識の全て

  9. starting-point

    fxの始め方|最速5ステップのfxの始め方記事まとめ

PAGE TOP