注目の記事 PICK UP!

オウンドメディアとは?今すぐあなたがオウンドメディアを制作すべき理由

51496675_m

あなたは”オウンドメディア”持っていますか?

2014年以降、オウンドメディアに取り組んでいる企業が急激に増えています。そして、今後、確実にオウンドメディアは企業だけではなく、個人も積極的に取り組むべきものになってきます。

後述しますが、オウンドメディアは、顕在化されていない欲求を持った人をも惹きつけ、なおかつ自然とブランディングができるという大きな可能性を持っています。

ですから、もし、今あなたが、

  • 副業としてネットビジネスを始めたい
  • 自分の商品をインターネットで売りたい
  • 専門家として自分を売り込みたい

と少しでも考えているのなら、間違いなくあなたはオウンドメディアを持つべき一人です。

この記事では、なぜ、今オウンドメディアが注目されているのか、その理由と背景について、「オウンドメディアとはそもそも何なのか?」というところから詳しく解説していきます。

ぜひ、最後までお付き合いください。

1.そもそもオウンドメディアとは?

オウンドメディアとは、英語で「Owned Media」、つまり、自社(自分)で所有する情報発信メディアをいいます。

自社(自分)で所有しているメディアですから、Webに留まらず、カタログや広報誌などの紙媒体もオウンドメディアの一部であり、もちろんブログもオウンドメディアの一部です。他のメディアを含んだり、補完したり、ハブ的な役割を担い、自社(自分)の評価を相乗的に高める重要な役割を担います。

2.メディアの3つの形態

44537946_mメディアには、3つの形態があります。

  • オウンドメディア(自分が所有するメディア)
  • ペイドメディア(広告費を払うメディア)
  • アーンドメディア(SNSなど自然拡散するメディア)

オウンドメディアをより理解しやすいように、オウンドメディア以外の「ペイドメディア(Paid Media)」と「アーンドメディア(Earned Media)」について説明したいと思います。

ペイドメディアとは?

ペイドメディアとは、「Pay+Media(払う+メディア)」のこと。リスティング広告やマス広告など、お金を払って掲載するメディアを言います。

アーンドメディアとは?

アーンドメディアとは、「Earn+Media(評判+メディア)」のこと。TwitterやFacebookなどのSNSなどで、ブランディング、口コミを狙うメディアを言います。

オウンドメディア、ペイドメディア、アーンドメディア、これら3つでトリプルメディアと言います。インターネットでの情報発信は、このトリプルメディアのどれかに属することになります。

トリプルメディアの関係性と役割を次の図で確認してみましょう。triplemedia

3.オウンドメディアと一般的なブログの違い

50919781_mさて、オウンドメディアと一般的にあるブログ、この違いがよく議論され、人によって解釈が分かれるところですが、その違いを一言で言うと、「ターゲットと目的が定まっているかどうか」です。

つまり、ターゲットを特定していて、そのターゲットに対して役に立つ情報、面白い情報を提供することで、自社(自分)の商品、サービスの販売に繋げたり、ブランディングしたりするものを”オウンドメディア”と呼び、単なる商品、サービスの情報提供、自らの興味、出来事、考え方について発信しているものを”ブログ”と呼びます。

  • ターゲットが特定されているか
  • それがプロモーション目的であるのか

これを満たしていれば、今ブログと認識しているものでも、立派なオウンドメディアです。ですから、一見ブログと同じように見えますが、ターゲットの設定とそのメディアの目的がオウンドメディアとブログの根本的な違いということになります。

4.なぜ、オウンドメディアは重要なのか?

54410516 - social media,social network concept.トリプルメディアを紹介してきましたが、その中でも特にオウンドメディアの重要性が高まっています。ここでは、その理由について考えていきたいと思います。

背景1 広告効果の低下と単価の上昇

今、webページを開くと広告を見ないページはないのではないかと思うくらいに広告に溢れています。そのため、最近では人が広告に反応しなくなってきています。情報が少ない以前と比べ、明らかに広告効果が薄れてきました。

しかし、スマホの普及によって、インターネット人口が急増した今、広告を出したい企業は増加してますから、広告単価は年々上昇しています。

つまり、広告効果は薄れてきているのにもかかわらず、広告単価は上がっている。つまり、これは広告を出しても簡単に集客できなくなってきたということです。

背景2 コンテンツマーケティングの流行

いかに自社(自分)のWebページに人を呼び込むか?

これを考えた時に、最も効果的で継続性が高いのは、検索上位にページが表示されることです。上位表示をするために、最も重要なのがGoogleのアルゴリズムに評価されることです。

検索順位は、Googleのアルゴリズムが決定しています。検索ユーザーが最も求めている情報を提供するため、Googleでは200以上の項目によってページをチェックし、検索順位を決定しています。

以前、Googleはリンクが多く集まるコンテンツを”質のいいコンテンツ”であると評価し、上位表示させていました。しかし、近年のアルゴリズムの変更により、純粋なコンテンツの”質”に着目し始めました。要するに、ユーザーが検索をした際に、その検索ワードに対して最も適切にアプローチし、かつ質の高いコンテンツであれば評価するようになったのです。

そのため、コンテンツマーケティングのように、ブランディングしながら、充実したコンテンツをアップするオウンドメディアが注目されてきました。コンテンツマーケティングとは、商品やサービスに関連するもので、ユーザーにとって価値がある情報(コンテンツ)を提供し、その提供されたコンテンツによって、潜在・顕在ニーズを持つユーザーを引き寄せ、最終的に商品を購入してもらうことを目的とするマーケティングの考え方です。

コンテンツマーケティングの目的は、「潜在・顕在ニーズを持つユーザーの囲い込み」、「商品・サービスの購入」、「ブランディング」です。
これに対して、マスマーケティングは、テレビCMや雑誌の広告を言います。顕在ニーズを持つユーザーに訴求するため、「広告」とすぐに判断されて嫌がられる場合があります。

しかし、コンテンツマーケティングは、それ自体がユーザーが求めているものであり、一見売り込まれていると感じないのが特徴です。ですから、ユーザーが自分自身で見て、自然と商品やサービスへの理解を深め、購入を促進され、商品購入に繋がるのです。自然に売り込み、ブランディングができるというのが特徴です。

ペイドメディアは、アクセスをお金で買うものです。つまり、お金を払ってしまえばそれで終わり。しかし、オウンドメディアはコンテンツにアクセスを集めるため、Googleが評価してくれたページは検索上位に表示されることになり、無料でアクセスを集めることができます。しかも、記事は蓄積され、長期的に安定したアクセスを集め続けることができます。

背景3 コンテンツマーケティングをしやすい環境

質のいいコンテンツは、自然に無料でアクセスを集めることができるというお話しをしました。

繰り返しになりますが、質のいいコンテンツとは、検索ユーザーが求めている情報を”最適なカタチ”で提供することです。インターネットのいいところは、多様な伝達手段をとることができ、しかも容易にそれを更新、改変できることです。

例えば、○○の方法を検索ユーザーに提供するのなら、文字情報がいいのか、音声がいいのか、動画がいいのか、さまざまな届け方があります。しかも、紙媒体と違ってそれを容易に変更、更新ができるのです。

現在は、スマホでどこでも簡単に動画を見ることができる環境にあり、さまざまなコンテンツをさまざまな形態でユーザーに届けることができます。

  • 信念
  • 商品・サービスの仕様、価格
  • お客様の声
  • 発信者(社長)の情報

会社や個人を多角的にとらえ、さまざまな提供の仕方ができるという、コンテンツマーケティングを展開しやすい環境にあります。いつでもアップデートできる立派な自社PRパンフレットを世界中の人が見れるWeb上にアップできるのです。

背景4 ソーシャルメディアの台頭

今ではFacebookやTwitterなどSNSが広く使われています。

質の高いコンテンツは、SNSでシェアされるのが一般的になり、口コミによって大きなアクセスを呼び込むことができるようになりました。また、キュレーションサイトも口コミが多いものをまとめ化する傾向にあるため、口コミが起こる質の高いコンテンツを作ることで、SNSやキュレーションサイトに表示される可能性が高いのです。

冒頭で、「オウンドメディアは、他のメディアを含んだり、補完したり、ハブ的な役割を担い、自社(自分)の評価を相乗的に高める役割を担う。」と言いました。

例えば、ペイドメディアはどうしても広告スペースという制限がありますから、伝えたいことを十分に伝えることができませんし、アーンドメディアは、表面的なコミュニケーションしか行うことができず、深い真意や想いを伝えきることが難しい。

そこで、字数制限もなくレイアウトも自由にでき、テキスト、動画なんでも自由。そんな豊富な情報を提供できるオウンドメディアで補完し、相乗効果で評価を高めるというのがオウンドメディアの役割です。

5.オウンドメディアが持つ3つのメリット

50001871 - media technologies concept as a video wall backgroundオウンドメディアを持つことで3つの大きなメリットがあります。

メリット1 広告費を抑えることができる

ページにアクセスを呼び込む一番簡単な方法は、広告を使うことです。しかし、すでにお伝えしてきたとおり、人々は、広告に反応しなくなり、広告費自体も上昇しています。つまり、広告に頼ってアクセスを集めることが困難となってきたのです。

ユーザー本位の情報発信を行うことで、検索で上位表示され、自然とアクセスを呼び込むことができます。広告を出さずにアクセスを集めることができるというのは、非常に大きいメリットです。

メリット2 自然とブランディングできる

想像してみてください。

「自分はすごい!」「自分はこんなに知識がある!」「だから私を選んで欲しい!」

こんな人が現実にいたら嫌われてしまうでしょう。

でも、「こんな面白いことあるよ」「こんな情報あるけどどう?」というようにユーザーが興味を示すようなことを教えてくれる人であれば、その人の話を聞きたくなりますし、自然と「この人いろいろ知ってる人だな」と認知されます。

何も売り込まずとも、自然と信頼性が高まり、ブランディングができるのです。

メリット3 信用力を持つことができる

自分のメディアを持っていること自体が信用性を高めてくれます。

例えば、あなたが気になる商品・サービスの情報を検索してみた時に、Webページが何も出てこなければ、絶対買わないと思いませんか?

特に悪い口コミや評判があるわけでもないのに、人はそれだけで「信用性がない」と判断し、結果、「買わない」という選択をするのです。

自分のメディアがあるというだけで、信用性は高まります。メディアがデザインもしっかりとされていて、欲しい情報がちゃんと提供されているのであれば、その時点で「よし!大丈夫だ。買おう」となるでしょう。メディアを持つだけで信用性は、急激に高まるのです。

6.まとめ

さて、おさらいしていきましょう。

オウンドメディアとは何か?

それは、オウンドメディアは、「ユーザーが求めている情報を提供し、他のメディアを補完するハブ的な役割を持つ自社(自分)のメディア」です。

オウンドメディアが持つ役割として、

  • 情報量で、ペイドメディア、アーンドメディアを補完する。
  • ユーザーが求めている情報を提供する。
  • できること、持っている専門知識、蓄積されたノウハウを発信し、ブランディングをする。
  • 質の高いコンテンツによって、継続的なアクセスを呼び込み、継続的にPRする。

このように、オウンドメディアは非常に大きな役割と可能性を秘めています。

もし、自分に売るものがあるのなら、それに関連したコンテンツを発信すればいいし、まだ売るものがないとしても、一貫したコンセプトに沿った形でコンテンツを発信していくことによって、それは将来、確実にビジネスに直結するでしょう。

ぜひ、資産として成長させることができるメディア、自然にPRやブランディングができるメディア、あなたも作っていきましょう。

関連記事

  1. 66598330 - young laid off manager sitting down with a carton

    サラリーマン辞めたい?辞める前に僕があなたに伝えておきたい5つのこと

  2. 46622396_m

    人気ブロガーになるには?リーダーとなるための7つの条件

  3. 28349268 - businessman working with a laptop with a creative idea

    ブログに書くネタがない?面白い記事を大量に作成する方法

  4. 56395030_m

    読まれるブログ記事の書き方とは?Webライティングの7つのコツ

  5. 43847409 - hands writing on old typewriter over wooden table background

    【保存版】ブログ初心者のための読まれる記事の書き方!10のチェックポイント

  6. 67861653 - student computer learning education insight concept

    あなたがインターネットビジネスで成功するために意識すべき2つのコト

  7. 46070709 - smiling young man using digital tablet in the office

    なぜ、サラリーマンが副業でオウンドメディアを制作すべきなのか?その6つの理由とは!?

  8. 51726059 - high angle view of tired businesswoman relaxing on chair

    ブログ記事を外注するリスクと自分で記事を量産するために意識すべき3つのこと

  9. 47817346 - desperate buinessman

    ブログ初心者のほぼ100%が陥る深刻な2つのメンタルブロック

最近の記事

  1. 56395030_m
  2. 46992579 - jobs employment career occupation application concept
  3. 44737805 - girl browsing searching computer concept
  4. 30176713 - man run inside of 3d tunnell
  5. 31776890_m

BUSINESS 人気ランキング(4/16-4/22)

  1. 44737805 - girl browsing searching computer concept
  2. 52462337 - idea ideas imagination innovation strategy vision concept
  3. 56395030_m
  4. 51496675_m
  5. 43847409 - hands writing on old typewriter over wooden table background

GROWTH 人気ランキング(4/16-4/22)

  1. 65499350_m
  2. 38531910 - two agressive businessmen fighting in the office
  3. Businesswoman in a break from work
  4. 51918802_m
  5. 28349268 - businessman working with a laptop with a creative idea

FX 人気ランキング(4/16-4/22)

  1. 12648731 - man telling a secret to an astonished woman
  2. 21803165 - businessman relaxing
  3. A young discoverer
PAGE TOP