• ABOUT
50485752_m

「青いピルを飲むと、物語はおしまいだ。ベットで目覚め、あとは好きに考えればよい。赤いピルを飲むと、君は不思議の国にとどまる。ウサギの穴がどれだけ深いか見せてあげよう。忘れるな。私が見せるのはすべて事実。それだけだ。」

モーフィアスはそう言うと、赤いピルと青いピルをネオに差し出し、ネオは赤いピルを選び、飲み込みます。その瞬間、ネオはゼリー状のものが入った培養カプセルの中で目が覚めるのです。

脊髄にはケーブルが繋がれていて、手足には感覚がなく、なかなか目を開けられません。これまで一度も目を開けたことがなかったのです。

ネオは、自分は「生きている」と思っていました。

しかし、自分がそう思っていただけで、実際には生命がただ維持され、仮想現実空間である「マトリックス」に閉じ込められていたのです。

このシーンは、1999年に公開された映画「マトリックス」の一場面。

人類はコンピュータの動力源に過ぎず、ロボットにコントロールされ、「生きている」という夢を見せられながら、生み出す熱やエネルギーを吸い取られていたというストーリーです。

その中で、ネオが生まれて初めて自分の運命を自らの手に握ったことを示す重要な場面。

ネオは、それまで一度も自分の人生をコントロールしたことがなく、マトリックスに閉じ込められた一つの駒に過ぎませんでした。

自分は本当に何をしたいのか、何を成したいのかを真剣に考えることも、何かを決断することもありませんでした。

これは、かつての私と同じです。

何か変えたいと思いながらも、ただ周りに流され、日常に流されて生きていました。「変えたい」「変わりたい」と心のどこかかで思っているだけで、何か行動を移すわけではなく、ただ流されるように生きていたのです。

しかし、これは私だけではなく、もしかして多くの人がそうなのかもしれません。

目の前の事柄に振り回され、日々の忙しさについていくのに必死で「自分は何をしたいのか?」「自分は人生で何を成したいのか?」そんな人生における本質的な問い、そして、幸せで豊かな人生を送るためにとても重要な問いに向き合う時間も余裕もないまま日々を過ごしてしまっています。

ネオは、ゼリーで満たされた培養カプセルの中で、自分の決断を下すことなく、コンピュータープログラムによって生かされていました。

それと同じように、かつての私を含む多くの人が、自分と向き合わず夢や目標を達成するために何をすべきか真剣に考えたり、決定したりすることがないまま日常を漂うように生きてしまっているように思います。

私はこの「INVITATION」というメディアを通して、人生を変えるきっかけとその環境づくりのお手伝いができればと思っています。

その方法は決して一つではありませんし、最適な方法も人それぞれ。

だからこそ、ここでは、投資、ビジネス、目標達成、時間管理、習慣化、学習法など幅広いジャンルについての情報を発信しています。

このメディアが、あなたにとっての新しい世界への招待状となることを祈っています。

あなたは、赤いピルと青いピルをどちらを選ぶこともできます。

さて、あなたならどちらを選びますか?

経済的・精神的自由は本当に幸せか?

著者プロフィール&メッセージ