20191121EURUSD-4h

2019.11.21【EURUSD】FXチャート分析。どちらに抜けるか注目。ブレイクアウト後のシナリオを解説!

本日のチャート分析の流れ

■ 2019.11.21 EURUSD(ユードドル)のFXチャート分析
 ・週足チャート分析
 ・日足チャート分析

■ トレード戦略
 ・ロング戦略
 ・ショート戦略

■ 今後の見通し

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

>>初めてご覧になる方へ

おはようございます。五十嵐です。

さて、ユーロドルが現在レンジを形成。どちらに抜けるか注目してチャートを見ています。

今日はユーロドルの見所&トレード戦略について解説していきます。

では、早速チャートを見ていきましょう。

2019.11.21【EURUSD】FXチャート分析

まずは週足です。

週足

20191121EURUSD-week
EURUSD週足

週足で目立つ価格としては、上から

  • 1.14
  • 1.116
  • 1.09

があります。まずはここに水平ラインを引きましょう。

トレンドは完全なる下降トレンドです。高値と安値をともに切り下げている状況にあります。

ローソク足の流れをよく見てみると、直近安値の1.09を付けた後、反発。戻りを試すかというところで、横並びのローソク足が並んで方向感がありません。

今年8月中旬からは、1.09-1.116のレンジに収まっています。

長く下降トレンドでしたので、ミドルバンドも下向き。バンドの先端は直近のもみ合いを反映してやや収縮気味です。

現在値は、ミドルバンドの下に潜り、頭を抑えられている状況にあります。

  • トレンドは下降トレンド
  • 直近ではもみ合っている
  • 20MAで頭を抑えられている

日足

次に日足です。

20191121EURUSD-day
EURUSD週足

日足チャートを見ると、1.1075も意識されているようですね。ここにも水平ラインを引いてみましょう。

日足で見ると、トレンドはレンジです。

ローソク足は、昨日、今日と小さくなっていて、売りと買いが拮抗しているのがわかります。この拮抗が崩れると方向感が出てくるでしょうね。

ボリンジャーバンドのミドルバンドはやや下向き。バンド先端もやや下向きながら収縮しています。

現在値は、日足ミドルバンド(20MA)に頭を抑えられているという状況です。

  • 日足ではレンジとなっている。
  • 1.1075付近で売りと買いが拮抗している
  • 20MAで頭を抑えられている

トレード戦略

ちなみに4時間足ではこんな感じです。

20191121EURUSD-4h
EURUSD4時間足

日足で引いた水平ライン1.1075付近を4時間足を見ると、1.055-1.109でレンジとなっています。(黄色のレンジ)

以上のことから、このレンジを上に抜けた場合と下に抜けた場合の2つの戦略を考えてみました。

ロング戦略(上抜けた場合)

【戦略の優位性】:
①4時間足レンジ上限突破
②日足・週足20MA突破


【エントリー】:ブレイクアウトした後、押し目買いを狙う

【ストップ】:ブレイクラインより少し下

【ターゲット】:1.116円

まず、ロング戦略です。

4時間足レンジのレジスタンスラインを上抜ければ、週足ベースでのレンジ上限まではいくのではないかというのが、このトレード戦略です。

エントリーは、ブレイクアウトしてから押し目買いを狙っていきます。

ストップは、ブレイクラインである、1.109よりも少し下。ターゲットは、週足のレジスタンスラインでもある1.116です。

ショート戦略(下抜けた場合)

【戦略の優位性】:
①4時間足レンジ下限突破
②週足・日足20MA反発
③週足下降トレンド

【エントリー】:4時間足のレンジ下限のブレイクアウトを狙っていく。

【ストップ】:ブレイクラインより少し上

【ターゲット】:1.1付近

4時間足レンジ下限のブレイクアウトを狙っていきます。

なぜ、こちらの戦略では、戻り売りではなくブレイクアウトの瞬間を狙うのか?

それは、こっちの戦略が本線だからです。週足が下降トレンドであるなど、ロング戦略よりもこちらの方がより根拠があるため、より強気で攻めるわけです。

ストップは、エントリーの根拠でもあるブレイクラインよりも少し上。ターゲットは、日足ベースでの直近安値1.1付近ですね。

今後の見通し

さて、4時間足のレンジをどちらに抜けるかに注目です。

下に抜けた方が攻めやすいと考えていますが、どうなるでしょうか。もうちょっと、もみ合いを続ける可能性もあります。

いずれにしても、抜けてからのシナリオを作り、抜けたらそれに対応するだけです。

  • 4時間足ベースのレンジをどちらに抜けるか注目。抜けたほうについていく。

以上、ユーロドルのチャートの分析&今後の見通しです。

何かしらトレードの参考になれば幸いです。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

20191121EURUSD-4h
最新情報をチェックしよう!