20191031AUDJPY-day

2019.10.31【AUDJPY】FXチャート分析。短期ロング戦略、そして転換ポイントの解説します。

おはようございます。イガラシヒナタです。

ここでは、今日の豪ドル円相場の注目のポイントをご紹介していきます。

実は、先日こんな投稿をしました。

私の豪ドル円のトレード戦略は、レンジ上限(74.5円)からのショートです。

「INVITAION」2019.10.28の投稿から

そして、現在値が75円付近。つまり、先日のショートポジションはあえなく損切りとなりました。そして、これを切り替えて現在ロングポジションを持っていますので、今日はその辺について解説していきたいと思います。

なお、初めてご覧になる方は、まずはこちらをご覧ください。目的や注意事項についてまとめています。

>>初めてご覧になる方へ

では、早速始めていきましょう。

2019.10.31【AUDJPY】トレード戦略

今日の豪ドル円のトレード戦略は、「日足200日移動平均線までの短期のロング戦略」です。

相場環境の分析

週足

20191031AUDJPY-week
AUDJPY週足

まずは、週足を見ていきましょう。

目立った価格としては、やはりこの3つ。「76.0円」「74.5円」「71.0円」です。まずはこれらに水平ラインを引きます。

トレンドは、きれいな下降トレンドで、高値を切り下げ、安値も切り下げています。ただ、直近は戻してきていますね。

高値が3点、安値が2点結ぶような下方のチャネルラインを引くことができます。現在はこのチャネルラインの中で均衡が取れている状態です。そして、今はチャネルラインの上限を目指している状況にあります。

直近のローソク足を見ると、やはり陽線が多いですね。上げ圧力が強いように見えます。

移動平均線は横向きです。ボリンジャーバンドは横向きの寸胴となっています。つまり、ボリンジャーバンドの形状的には、レンジ相場の兆候を示しています。

また、ローソク足はMA20から+1σに向かっているという状況です。

この週足チャートからわかることは次の3つ。

  • きれいな下降トレンドを描いていること。
  • 直近は戻りを見せていること。
  • インディケーターはレンジの兆候を見せていること。

日足

続いて日足チャートを見ていきましょう。

20191031AUDJPY-day
AUDJPY日足

現在の価格は、74.5円を明確に上抜けてきたところです。

日足ベースでは、トレンドは上昇トレンド。ローソク足を見ると、小幅ながら着実に上昇しているのがわかります。

移動平均線は上向きで、ボリンジャーバンドは上向きの寸胴型となるところ。上昇が巡航している状況を表しています。

現在値は、+1σに支えられている状況です。上昇トレンドである場合、+1σに支えられることが多い傾向にあります。

想定プラン

想定プランは、もちろんロングのAプランです。

Aパターンの優位性(ロング)

  1. 日足上昇トレンド
  2. レジスタンスラインブレイク

執行足の状況

執行足である4時間足はこのような状況です。

AUDJPY4時間足
AUDJPY4時間足

エントリー&エグジット

現在、私はロングポジションを保有しています。現在、この記事を書きながらも値が伸びていて、利が乗っている状態です。

ターゲットは「75.5円」、ストップはサポート直下の「74.4円」に置いています。

なぜ、ターゲットが「75.5円」なのか?

それは日足の200日移動平均線(200EMA)があるからです。

次のチャートは、豪ドル円のちょっと前の日足チャートなのですが、青い線である200EMAによって価格が抑えられているのがわかると思います。つまり、かなり意識されているということです。

20191031AUDJPY-day2
AUDJPY日足

これは豪ドル円に限らず、すべての相場で言えることなのですが、200EMAは結構意識されることが多く、トレンドの転換ポイントとなることが多いのです。

ですから、ここを一つのターゲットに置くことは合理的と言えます。

もちろん、上に抜けてきたら、素直に上に乗っていくのがセオリーですが、実はその上は抵抗要素が多いのです。例えば、週足トレンドライン、「76円」のラウンドナンバー、日足200EMAなどですね。もし、勢いについていって上を狙うのであれば、これらには十分注意です。

「INVITAION」2019.10.28の投稿から

これは前回の私の投稿ですが、このような理由から、今回はあまり深追いしない短期トレードを想定しています。

今後の見通し

今後の見通しとしては、日足の200EMA付近が一旦の価格の向かう所になるかと思います。

次はこれを抜けるかどうか。これは今の所は何とも言えませんが、76.0円付近では結構抵抗要素が多く、下へ向かう転換ポイントになるのかなと想定しています。

例えば、

  • 週足下方チャネルラインの上限
  • 76.0円のラウンドナンバー

これらが意識される可能性が高い。この辺で一旦落とされるのではないかと思っています。

ですから、その辺まで引きつけて転換サインを待ってからショートを打つのは、一つ有力な戦略になるかと思います。

まとめ

では、最後にまとめます。

  • 直近では上昇を続ける可能性が高い
  • 75.5円付近が一旦のターゲット
  • 更に上の76円付近は反転ポイントとなる可能性が高い

という感じでしょうか。

これらを現在の豪ドル円チャートから読み取ることができます。この記事が何かしらあなたのトレードの参考になれば幸いです。

では、今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

P.S
この他、ポジションを持っているのが、GBPUSD(ポンドドル)のロングポジション。 現在、若干ですが利が乗っている状況にあります。

20191031AUDJPY-day
最新情報をチェックしよう!